• 締切済み
  • 困ってます

流量と圧力差、圧力損失の関係

先日、あるサイトにて電磁弁の選定参考資料として 以下の関係式が記載されておりました。 Q=0.8 x S x (10.2 x ⊿P)^(1/2) Q:流量、S:断面積、⊿P:圧力差(P1-P2) P1:1次側圧力、P2:2次側圧力 上記関係式では、1次側圧力と2次側圧力の差が大きいほど 流量が増える事になります。 私の認識では差圧が大きくなると圧力損失が増え、流量は下がると思うのですが なぜ、流量は差圧に比例して増えるのでしょうか。 ストローで息を強く吹く場合と弱く吹く場合を想定する事で 実現象としては、上記関係式に納得は出来るのですが、 圧力損失に関して引っかかっております。。。 ご教示頂けないでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.2

ベルヌーイの定理の基本 http://ch.ce.nihon-u.ac.jp/kako/PC_HTML/Lect/pt5/5_5_cmt.html オリフィス流量計 >差圧が大きくなると圧力損失が増え、流量は下がると思うのですが 差圧が増えると流量が増えるのではなくて 流量が増えると差圧が増える 原因と結果が逆 流量が無いのに単独で差圧は発生しない 流量が無いのに単独で損失も発生しない

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • tetsumyi
  • ベストアンサー率27% (1609/5882)

当たり前のことでしょう。 圧力の差が大きいほど流量が増えるのは当たり前。 差圧が大きくなると圧力損失が増えるでしょうが、圧力の差が大きくなった分を超えて圧力損失が大きくならなけらば流量は増えるでしょう。 圧力差が大きくなった分を超えて、圧力損失が大きくなるなんてことは考えられない。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 流量と圧力損失またコンダクタンスの関係について

    流体の場合の回路の書き方が分からないので添付した図は電気回路にしました。 経路1、2、3のそれぞれのコンダクタンスCi(=1/Ri)または抵抗Riを求めたいのですが わからなくて質問しました。 並列の場合の抵抗を一つと見たときの抵抗値の求めかたや各経路の圧力損失は 等しいということは電気回路と同じと認識していています。 話を進めるのに以下とします。 p:圧力損失 h:損失ヘッド Ri:各経路の抵抗 Qi:各経路の体積流量 ui:各経路の流速 d:管の内径 A:断面積 L:管の長さ g:重力加速度 ρ:(水)密度 λ:管摩擦係数 電気の世界と同じで流体の場合のオームの方式のようなもの(?)は p = Ri × Qi (1)式 になりますよね。 それで管摩擦損失のみを考えたとき h= λ L / d u^2 / (2g) (2)式 となりますよね。(図の中の式と同じ) (1)式のようにして各経路の抵抗値を求めたかったのですが、(2)式を整理しても p = λ ρL π ^2 d^3 / 32 Q^2 となりQの二乗になってしまいます。 ベンドやエルボなどの圧力損失も流速の二乗に比例するため同じような関係式に なってしまうのでどう考えればよいのか分かりません。 各経路に流したい最低流量があってそのためには全体流量Qはいくつ以上か知りたかったという 経緯があります。 どうかご教授ください。よろしくお願いします。

  • 圧力と流量の関係

    流体(水)の圧力と流量の関係を教えてください。 一次側圧力が0.1MPa(G)で2次側圧力が大気圧で放流しているとしたとき、 配管径が直径100mmの場合の流量を教えてください。 他に条件が必要でしょうか?宜しくお願いします。

  • 差圧流量計の温度圧力補正に関して

    「差圧流量計の温度圧力補正+異なる流体が流れる場合の補正(Airで設計したオリフィスに窒素を流す等)」という下記の式に関して質問があります。 Q1=Q0 x √((101.3+P1)/(101.3+P0) x (273+T0)/(273.2+T1)) x √(ρ0/ρ1) Q1:実流量 (補正後の真の流量) 体積流量 Nm3/h Q0:流量指示値 体積流量 Nm3/h ntp:標準状態(0度、1atm) ρ1:異なる気体の密度(実際の操業気体密度) kg/m3 ρ0:設計仕様の気体の密度 kg/m3 ρ0':操業時の設計気体の密度 kg/m3 P1:異なる圧力(実際の操業圧力) kPa(G) キロパスカル P0:設計仕様の圧力 kPa(G) キロパスカル T1:異なる温度(実際の操業温度) ℃ T0:設計仕様の温度 上記の差圧流量計の補正式をWeb上で見つけ考えて見ましたが、導出の際に温度圧力補正の√の中身が逆数になってしまいます。ベルヌーイから導出したオリフィスの式から、 Q1=C(流量係数)A(設計オリフィス断面積)x√((2ΔP)/ρ0') 密度ρ0'は ρ0'=ρ0 x (101.3+P1)/(101.3+P0) x (273+T0)/(273.2+T1) なので、 Q1=CAx√((2ΔP)/ρ0) x √((101.3+P0)/(101.3+P1) x (273+T1)/(273.2+T0)) Q1=Q0 x √((101.3+P0)/(101.3+P1) x (273+T1)/(273.2+T0)) ↑√の中が逆数に・・・ 最後に分子量補正を密度補正で代用し、体積流量が密度に反比例することに気をつけて、 Q1=Q0 x √((101.3+P0)/(101.3+P1) x (273+T1)/(273.2+T0)) x √(ρ0/ρ1) となり、結局温度、圧力の項が逆数になってしまいます。元の式の導出方法をご教授ください。 よろしくお願い致します。

  • 差圧(圧力損失)とは?

    圧力計の原理についてどうしてもわからないので教えて下さい。 液体をインラインで流してフィルターを通した場合、圧力損失が生じ、1次側と2次側の圧力が異なると思いますが(差圧)、1次側の供給圧は問題ないのですが、2次側の圧力というのはどの圧力を測ることなのでしょうか。 例えば2次側のバルブを絞った場合、1次側供給圧が変わらない場合、差圧が高くなると言いますが、供給圧との差が高くなるということは、2次側の圧力が小さくなるということですよね。これは2次側のどこにかかる圧力を測ったから小さくなったのですか? また極端な話、バルブを閉じたら流れない=差圧MAX、バルブを全開にする=差圧0ということですよね。よくフィルターメーカーの流量グラフを見ると差圧に対する流量を書いていますが、これは2次側開放であることを意味するから差圧=1次圧であるということを聞きました。 これはどういうことでしょうか。 非常に困っております。 ご教授くださいます様お願いいたします。

  • 規定圧力で規定流量を得る絞り口径計算

    人が口を密着させある一定圧Pの息を吹きかけ、吐出流量Qを得るための絞り口径dを求めたいのですが、概算(圧力損失などは考えない)は下記計算でいいかアドバイスいただけるとありがたいです? (短いストローをくわえて、一定圧力で吹いて、決められた吐息量を得るための、ストロー径と考えていいです。) 絞り口径(ストロー)前の圧力、流速をP1,V1 絞り口径(ストロー)後の圧力、流速をP2,V2 空気の密度ρ とすると、ベルヌーイの式より P1+ρV1^2/2=P2+ρV2^2/2 ここで、V1=0, P1-P2=P(P2:大気圧)とすると P=ρV2^2/2 ・・・? また流速=流量×断面積なので V2=Q/π(d/2)^2 ・・・? ??より d=√(4Q/π*√(ρ/2P)) P=15cmH2O (=15*0.098kPa)、Q=50ml/s (=50*10^-6 m3/s)、ρ=1.2kg/m3 のとき d=1.134mm また、この値は実験での予想値より半分くらいとかなり低くなりそうなのですが、絞り部の長さや圧力損失なども考慮する必要があるのでしょうか? 検討するのに情報が少ないと思いますが、参考意見だけでもいただけるとありがたいです。

  • 圧力損失とは 

    圧力損失について色々検索し調べましたがいまいち分かりませんのでご教授下さい。 供給圧力が一定と仮定した場合 流れる流量と圧力損失(配管長さ)の関係を教えて下さい。 配管径は同じ、配管は水平です。 イメージですが、 圧力損失が増えると流量が多く必要となる。 →配管長さが長いと圧損が大きいので流量が多い。 配管が短いと圧損が小さい→流量が少ない。 以上のイメージから配管を長くすればするほど必要流量が大きくなる。 ポンプの性能で最大流量が決まっているので、ある長さから必要な流量をまかなえなくなる。 そのため、それ以上の長さになると流体は配管の途中で止まってしまう。 こういうことは本当にあるのでしょうか? 長くなりましたが、1.流量と圧力損失の関係、2.上記の理解で正しいかどうかご教授下さい。

  • 排出流量と圧力関係

    内容積3m3 空気供給量10m3/hr 排気口断面積0.001m2(排気配管は90°2回 曲がって配管)で 圧力損失がなければ流速は2.778m/secなるとおもいますが 実際排気口の流速で1.2m/secなれば 流量は4.32m3/hr 10-4.32=5.68m3の流量損失することと考えていますが5.68m3が容器3m3にある(滞留)とおもうから容器内部圧力は P=nRT/Vなので (空気密度1.21で計算すれば10m3は446mol) 5.68m3は253mol 容器なかには253molがあるので 容器の圧力は1.893atm (0.1893MPa)が 正しいですか? お教授お願いいたします。

  • 圧力損失とは

    圧力損失の求め方を知っていますが、 求めた圧力損失の数値ΔPはどこに使えますか? 例えばΔP分だけ供給圧を上がることが必要することを確認するためΔPを求めて供給量を上がってもそのΔP分の量ほどもう一度ΔPが変わると思って続いて繰り返して流量とΔPの数値が上がると思いますが、どうやって理解したらいいのかを知りたいです。 お教授いただきませんか?

  • 電磁弁の最高作動圧力差について

    電磁弁の選定で最高作動圧力差がありますが、これは弁が開き流体が流れているときの差圧だけの意味で、弁が閉じた場合の差圧は関係ないのでしょうか? 弁が閉じている場合は2次側が0で一次側が最高作動圧力以上でも最高使用圧力範囲内ならよいのでしょうか? 最高作動圧力は流体が流れているときに関係し、弁が閉じている場合は最高使用圧力範囲内ならよいかと思っていましたが本当にそなのか疑問をもち質問させていただきました。 よろしくお願いします。

  • 圧力損失の基本

    圧力損失についての私の理解(??)が正しいのか自信がありません。正しい知識をお持ちの方、ご教示いただけないでしょうか? ?圧力損失は全圧(静圧+動圧)の損失である。 ?断面積一定で速度分布一定の円管内の圧力損失を静圧差で図っているのは速度分布一定=動圧一定だからである。 ?断面積が変化する管路の圧力損失は全圧差で測定すべきである。