• ベストアンサー
  • 困ってます

「形容詞 + です + 終助詞」 について

  • 質問No.9628962
  • 閲覧数62
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 99% (976/983)

形容詞には本来「です」を伴いませんが
時代の流れのなかで「です + 終助詞」のかたちで許容されてきたことを、遅まきながら最近学びました。
しかし終助詞を付けないまま「です」だけで使用することには、違和感を感じる人が少なくないことも併せて理解しました。

たとえば個人的な感想であれば「美味しい」を「美味しいですよ」や、「安い」を「安いですね」と終助詞をつけるほうが紋切り型な言い方よりもしっくりくると私も思います。

しかし客観的事実、たとえば「富士山は日本で一番高い」「中国は日本より大きい」には終助詞をつけず「富士山は日本で一番高いです」「中国は日本より大きいです」と言っても良いように思うのですが、これにもやはり違和感は伴うものなのでしょうか。

ご意見をお聞かせくださいませ。
よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 72% (249/345)

客観的事実、というよりは、あることを伝えるのに、客観的なモダリティを使うか、主観的モダリティを使うか、間主観的モダリティを使うか、ということですね。

ま、こけおどしの専門用語はともかく。

わたしも、#3さんと同じく、こう感じます。
○富士山は日本で一番高い山です。
○中国は日本より大きい国です。
?富士山は日本で一番高いです。
?中国は日本より大きいです。

しかし、30代以下にはもはやこのような違和感は存在しないように思います。
したがって、外国人に教えるのであれば、特に考慮に入れる必要は無いでしょう。

上級レベルになった段階で、「実は『イ形容詞+です』には違和感を持つ老人が多くいるので、そういう人の前では、特にフォーマルな場では、避けた方が無難でしょう」とお伝えください。
お礼コメント
Rozsy

お礼率 99% (976/983)

ご回答をありがとうございます。
文法に沿った表現と生きた日本語のはざまというのは難しいですね。
投稿日時:2019/06/25 18:47

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.6

ベストアンサー率 54% (17/31)

 No.5でコメントした者です。
 申し訳ない。
 冒頭からマヌケなことをひとつの解決法です。でも、話し言葉だと不自然なことが多々あります。

×ひとつの解決法です。でも、話し言葉だと不自然なことが多々あります。
  ↓
○ひとつの解決法です。でも、書き言葉だと不自然なことが多々あります。

 です。(お)恥ずかしいです(やはりかなりヘンです)。
 あとは大丈夫(だと思います)。
お礼コメント
Rozsy

お礼率 99% (976/983)

いえいえ、わざわざ恐れ入ります。
ありがとうございました。
投稿日時:2019/07/03 00:49
  • 回答No.5

ベストアンサー率 54% (17/31)

1)形容詞 + です + 終助詞 の形にする
 ひとつの解決法です。でも、話し言葉だと不自然なことが多々あります。

2)形容詞を名詞とセットにして「です」につなげる
 それも解決法です。でも、それではうまくいかないこともあります。
 自分では「形容詞 + です」は使えません。
 人が使うのにメクジラを立てる気持ちはなくなりました。でも、使っている文章を目にすると、「この書き手は無神経」と感じます。そりゃウン十年も、「これはヘン」と書きつづけていればそなりますって。

 ずいぶん前に書いた原稿からひきます。
【伝言板【板外編7】デス・マス体が書きにくいワケ1】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-277.html
 以下は一部の抜粋(重言)。

【Coffee Break】なぜデス・マス体は書きにくいのか■■■■■■■■■■■■■

●文法的には認められていても……

【練習問題5】
 次の文をデス・マス体に書きかえてください。

  この本は高い。

 本文では、デス・マス体とデアル体のどちらが書きやすいのかは「意見が分かれるところです」と書きました。もう少し正確にいうと、意見が分かれるところではあっても、「デス・マス体のほうが書きにくい」と感じている人のほうが多いようです。デス・マス体の文章が書きにくいといわれる理由は文末の問題だけではなく、語彙の問題もかかわってきます。ここでは、文末の問題に限ってもう少し見ていきましょう。
 デス・マス体の文末が単調になりがちな理由として、すでにあげたように次の3点が考えられます(このうち、3)はあまり一般性をもたないかもしれません)。
  1)動詞で終わる文末がすべてマス(過去形の場合はマシタ)になる
  2)「名詞+〇〇」の形がデス(過去形の場合はデシタ)の1種類しかない
  3)体言止めや変則形が使いにくい
 このほかに、文末を「~イ」(形容詞の終止形)にできないという点があり、これが最大の問題ではないか、と思っています。
 先の表の中で、形容詞を〈例外1〉にし、次の例をあげました。

  現 在 形           過 去 形
  デアル体  デス・マス体    デアル体  デス・マス体
  高い    (高いデス)    高かった  (高かったデス)

 この(高いデス)や(高かったデス)は文法的には認められているようですが、おすすめできない形です(現在形でも過去形でも性質に大きな違いはないので、ここから先は現在形に限って話を進めます)。
 理由はよくわかりませんが、(高いデス)は許容できなくても、「高いデショウ(カ)」「高いデスか」「高いデスね」「高いデスよ」といった形なら使ってもよい気がします。これとほぼ同じことがいえるのが、「やや特殊な例」であげた(ないデス)と、〈例外2〉であげた(会わないデス)(会いたいデス)です。
 この(高いデス)と(高かったデス)について、『日本語練習帳』には次のように書かれています。

================================
 現在、外国人に日本語を教える教科書ではほとんどすべてが、
  高いです   高かったです
  美しいです  美しかったです
と教えています。これは現代語の必要に応じる、将来広まっていい形なので、社会的
に認めていいと思います。
================================

 そう書きながら、著者自身は「~イデス」という文末を認めていないようで、「~イ」で止めている例が多く見受けられます。これはデス・マス体の中にデアル体が入り込むので、変則形の一種です。
 文法的には認められていても、言葉に敏感な人なら「~イデス」には抵抗を感じると思います。「~イ」で止める形を使うか、ほかの表現を選ぶかは別にして、「~イデス」は避けるはずです。
(高いデス)や変則形を避け、「この本は高い。」という文をデス・マス体にするには、次のような書きかえが必要になります。

  1)これは高い本です。
  2)この本は高いものです。
  3)この本は高価です。
  4)この本は安くありません。
  5)この本は高いノです。

 おそらく、1)がいちばん自然な書きかえです。2)は多少無理が感じられます。3)も自然な書きかえですが、適切な言葉が見つからない場合には使えません。たとえば、「この本はおもしろい。」の場合はどう書きかえればよいのでしょうか。4)はほとんど反則です。「高い」と「安くない」では意味が違ってきますし、適切な反義語がない場合には使えません。5)は文法的には問題がありませんが、ノをつけると「強調」の意味になってしまいます。そのため、機械的に書きかえることはできません。
 もう少し別の例で見てみましょう。
「太郎は目が悪い。」という文を同様に書きかえようとしてみます。
 1)と2)のような書きかえはできません。あえてやるなら「太郎は目が悪い男です。」かもしれませんが、明らかに文のニュアンスがかわってしまいます。3)の書きかえも、目が悪い原因がわからないと「近眼」「乱視」などの言葉が使えないので、適当な言葉が見つかりません。残っているのは、4)と5)です。

  4)太郎は目がよくありません。
  5)太郎は目が悪いノです。

 この書きかえがあまり望ましくないのは、すでに書いたとおりです。そうなると、「~ようです」や「~と思います」といったよけいな言葉をつけるなど、ほかの表現を考えなければなりません。デス・マス体の文章では、こういう理由からノデスを使ってしまうことが非常に多いノデス。
お礼コメント
Rozsy

お礼率 99% (976/983)

ご丁寧にありがとうございました。
投稿日時:2019/07/03 00:49
  • 回答No.3

ベストアンサー率 35% (78/222)

最近ではほとんど違和感はないです。
ただやはり「富士山は日本で一番高い山です」のように間に名詞が入ったほうがしっくりくる気はします。
>たとえば個人的な感想であれば
終助詞は自分の気持ちを表し、相手に伝え言い聞かせるというような意味があるのでしっくりくるのだと思います。
「私は美味しいと感じているんだよ、わかるかい」というような感じですかね。

現在では「高いだ」「大きいだ」という言い方がないのでやはり若干の違和感があるのでしょうが、鶏が先か卵が先かの話で、今後「高いだ」という言い方も生まれてくるかもしれません。
言葉は生き物なのであくまで現時点ではということですね。
お礼コメント
Rozsy

お礼率 99% (976/983)

ご回答をありがとうございます。
なるほど、丁寧にいう場合、形容詞を名詞とセットにして「です」につなげれば問題解消ですね。
投稿日時:2019/06/25 18:42
  • 回答No.2

ベストアンサー率 20% (167/798)

なるほど。

最近は「スターバックスのコーヒーは美味しかったです」「スカイツリーはやっぱり高かったです」なんて現代小学生の作文文体だと思っていましたが、NHKにも認められているのかなというようになってきました。
けれど「美味しかったですね」だと違和感ありませんですね。

気づかせていただいてありがとうございました。
お礼コメント
Rozsy

お礼率 99% (976/983)

コメントをどうもありがとうございます。
投稿日時:2019/06/25 18:37
  • 回答No.1

ベストアンサー率 36% (181/500)

主観的であるか客観的であるかは関係ない気がします。同じ違和感があります。
「です」は「だ」の丁寧語ですが、「高いだ」「大きいだ」とは言いません。
形容詞に「です」をつける形の敬語はすでに一般的になってきていると思われ、文化庁も「大きいです」「小さいです」は平明・簡素な形として認めて良いとしています。
お礼コメント
Rozsy

お礼率 99% (976/983)

早速のご回答をありがとうございました。
投稿日時:2019/06/25 18:34
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ