• 締切済み
  • すぐに回答を!

イベントの組み合わせ

こんにちは。 団体さん同士のイベントの組み合わせの作成方法について困っています。 全10団体、1日に2団体1組で5日工程を決めたいのですが何通りもありキリがありません。 例えば仮に下記の組み合わせのパターン1だとして ・パターン1 1/1 a & b 1/2 c & d 1/3 e & f 1/4 g & h 1/5 i & j ・パターン2(cとdを入れ替えました) 1/1 a & c 1/2 b & d 1/3 e & f 1/4 g & h 1/5 i & j というように若干ずらしつつ全パターンを作りたいと思っています。 今のところ順列や組み合わせでは思った結果を得ることができず、手作業では途方もないです。 何か良い方法はないでしょうか? どうぞお力お貸しください。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数48
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
  • okvaio
  • ベストアンサー率31% (973/3112)

全10団体の総当たりだとすれば、以下のように45通りあります。 1日に2団体1組で5日工程は、無理ですね。 私の解釈が違うかもしれませんので、以下を参考に組み合わせを 考えて見て下さい。 a-ba-ca-da-ea-fa-ga-ha-ia-j   b-cb-db-eb-fb-gb-hb-ib-j     c-dc-ec-fc-gc-hc-ic-j       d-ed-fd-gd-hd-id-j         e-fe-ge-he-ie-j           f-gf-hf-if-j             g-h g-i g-j              h-i h-j                i-j

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 標準作業組み合わせ票

    いつもお世話になっております。 早速ですが、現在トヨタ生産方式の標準作業組み合わせ票を勉強中です。 そこで質問なのですが、エアシリンダをハンドバルブで出戻させる工程です。  ハンドバルブ入り 1秒     ↓  エアシリンダ出切るまで 10秒  (材料が動かないように押さえている)     ↓  ハンドバルブ戻り 1秒 この様な作業です。 ハンドバルブの作業は手作業に、エアシリンダ自体の動作は自動送りになるのかなと思います。 ただ、実際は、エアシリンダ自体が動いている間は材料が動かないように手で押さえていなければなりません。 このような作業の場合、どのように標準作業組み合わせ票を書けばよいのでしょうか。 自動送りと同時間手待ちにすればよいのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 乱数と順列と組み合わせ

    初心者です。MacPerlを使っています。 Perlを使って、例えば9個の文字の中から4個を選ぶ、という組み合わせを、すべてのパターンについてもれなく行うことはできますか? 完全にランダムなものはできました。(例えば、3個の文字を使って4文字からなる配列をすべて(3^4=81通り)作る、など。ひたすら作って同じ配列を消す、というあまり美しくない方法ですが・・・) ですが、rand関数を使うと、同じものが出てきてしまうことがあるので、数学でいうところのcombinationをつくることができずにいます。 permutationはなんとかできたのですが。。(これもやはり、同じものを消せばいいので。) combinationの場合、「並び方」は問わないので、同じ要素からなるが順列が異なる配列を同じものとして消したいのです。 どなたかその方法がわかる方はいらっしゃいますか?

    • ベストアンサー
    • Perl
  • エクセルで5ずつ累加の乱数を生成したい

    5行ごとに乱数による順列を生成したいのです。 データが800ほどあり手作業ではしんどいので、いろいろと工夫しているのですがうまくいきません。 良い方法があれば教えてください。よろしくお願いします。 A列     B列 1    4 2    3 3    5 4    2 5    1 6    10 7    6 8    9 9    8 10    7 11    15 12    13 13    11 14    12 15    14 16    19 17    20 18    18 19    16 20    17

  • 研修チーム編成を異職種で行う組み合わせの数

    17名の研修を5つのチームに分けて行います。ただし研修は4回あり、そのたびごとにチームの編成を変えます。17名は、職種によって4種類の人がいます。つまりA群, B群, C群, D群とすると、A群のみが5人で、B群、C群、D群はそれぞれ4人ずついます。それぞれA1, A2, A3, A4, A5, B1, B2, B3, B4, . . . というように表記します。 これで、(1)ひとつのチームに群の同じ人がいないようにする。(2)チームのなかに以前、同じチームだった人がいないようにする。という2つのルールで、はたして4回のチーム編成が可能でしょうか。 たとえば、最初は、以下のような5チームができます。 (1) A1, B1, C1, D1, (2) A2, B2, C2, D2, (3) A3, B3, C3, x (4) A4, B4, x D3, (5) A5, x C4, D4, 2回目は、 (1) A1, x, C4, D3, (2) A2, B1, x, D4, (3) A3, B2, C1, x (4) A4, B3, C2, D1, (5) A5, B4, C3, D2, ここまではいいのですが、以下、手作業で3回目の組み合わせを考えようとしても、なかなか難しく(どこかで重複が出てしまう)、途中で行き詰まってしまいます。 たとえば、 (1) A1, B4, C3, D2 (2) A2, x, C4, D3, (3) A3, B1, x, D1, (4) A4, B2, C1, x, (5) A5, B3, C2, D4, としても、B3, C2の組み合わせは2回めに出てきてしまっています。 なんとか4回までの研修を組みたいのですが、何か良い知恵はないでしょうか。手作業でやるとしても、エクセルの関数などをつかって、重複の組み合わせを発見できる方法などはないのでしょうか。あるいは、効率的な手作業の方法とか、ありませんでしょうか。 そもそも、このルールで、このような組み合わせは4回も不可能なのかもしれません。だとしたら、重なりを最小限にした組み合わせの発見の仕方を教えていただきたいのですが。 よろしくお願いします。

  • 「学生自宅から施設への距離、時間」の組み合わせ???

     適当なソフト、あるいは手法をご存知の方が 居れば、教えてください。 ・数百人の学生が居る ・学生が通うべき、数百の対象施設がある。  誰がどこに行けばよいか、この両者の距離的 (理想的には通勤時間)な組み合わせを現在は 手作業でやっています。  なにかうまい方法はないでしょうか? なお 1施設の受け入れ可能人数は1、2名。多くて 5名くらいです。  無償ソフト、有償ソフト、あるいはEXCEL などの 使い方があれば教えて下さい。  よろしくお願いします。 

  • 順列・数え上げ

    よろしくお願いします。 ここに下のような390個の文字があります。 (A,B,C,D,E,F,G,H,I,J,K,L,M がそれぞれ10個ずつ、 N,O,P,Q,R,S,T,U,V,W,X,Y,Z がそれぞれ20個ずつあります。) この390個の文字から235文字を選んで一列に並べる方法は全部で何通りありますか。 A B C D E F G H I J K L M A B C D E F G H I J K L M A B C D E F G H I J K L M A B C D E F G H I J K L M A B C D E F G H I J K L M A B C D E F G H I J K L M A B C D E F G H I J K L M A B C D E F G H I J K L M A B C D E F G H I J K L M A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z 以下、私が考えたことを書きます。 この390個の文字から235個の文字を選ぶ組み合わせの総数は、 (Σ[k=0~10]x^k)^13*(Σ[k=0~20]x^k)^13 を展開したときのx^235の係数ですから、 23463540513956137996043929988 通りだということは分かります。 この23463540513956137996043929988 通りのそれぞれについて235個の文字 の順列(同種のものを含む順列)を数え上げれば答えは出ると思いますが、これは あまりにも大変な作業です。 何かよい知恵はないでしょうか。

  • Outlookの予定表のイベント(予定)を定期的にtxt保存したい

    Outlookの予定表のイベント(予定)を定期的にtxt保存したい WinXP-Proで、 Microsoft Office Outlook 2007の予定表機能を使用しています。 営業日1日ごとに1つ、同じ件名のイベント(全日の予定)を作成しており、 毎日txt保存し、Excelに読み込み、全日分の日報集として保存しています。 Excelへの読み込みは適当なマクロを用意したので楽なのですが、 Outlookのイベント保存のたびに、 (1)イベントをダブルクリックで開く (2)Officeボタンをクリック (3)名前を付けて保存をクリック (4)保存場所を選択  (毎回、マイコンピュータ→D:\→folder(1)→folder(1-1)、の遷移) (5)ファイルの種類をtxtに直す (6)保存 (7)イベントを閉じる という7工程が必要で、煩雑に感じています。 工程をショートカットする方法は無いものでしょうか? 右クリックメニューから一発でtext保存…とまで行かなくとも、 保存形式をあらかじめtxtに指定しておく方法 とか、 保存場所を都度その場所に指定しておく方法 とか、 工程を削減できる方法があれば教えて頂けないでしょうか。 環境や要件等、追記するべき項目があればご指摘ください。 宜しくお願いします。

  • 予定表に日本の休日を一気に入れてしまいたいのですが

    アウトルック2007を使ってるのですが予定表に日本の休日を一気に入れてしまいたいのですが 何かいい方法はありますか? イベントとして入ればOKです。 一つ一つ手作業で入れていくしかないのでしょうか? VBAで可能ですか?

  • ※ 組み合わせ列挙を機械的に表示する方法?

    10個の数字の中から6個の数字を取り出すとき組み合わせは210通りになると思うのですが、自分で手作業で列挙してみたら209通りにしかなりません。 1~10の数字を小さい順に並べ(1→2→3→4→5→6→7→8→9→10)辞書順になるように列挙してみた。組み合わせの計算だと210通りの組み合わせになるはずなのに209通りにしかなりませんでした。どこかに取りこぼしがあるのだとは思いますが自分で何度も確認したけど、どこが間違っているのか探しきれません。 質問1) 今回は手作業で列挙したのですがパソコンの何らかの機能(エクセルとか?関数とか?)を使ってこの作業(組み合わせの列挙を機械的に表示する方法)をすることはできないでしょうか? 質問2) どこが間違っているのか探して欲しいです。(自分なりに何度も見直しましたが探しけれずに困っています。) 1(1→2→3→4→5→6) 2(1→2→3→4→5→7) 3(1→2→3→4→5→8) 4(1→2→3→4→5→9) 5(1→2→3→4→5→10) 6(1→2→3→4→6→7) 7(1→2→3→4→6→8) 8(1→2→3→4→6→9) 9(1→2→3→4→6→10) 10(1→2→3→4→7→8) 11(1→2→3→4→7→9) 12(1→2→3→4→7→10) 13(1→2→3→4→8→9) 14(1→2→3→4→8→10) 15(1→2→3→4→9→10) 16(1→2→3→5→6→7) 17(1→2→3→5→6→8) 18(1→2→3→5→6→9) 19(1→2→3→5→6→10) 20(1→2→3→5→7→8) 21(1→2→3→5→7→9) 22(1→2→3→5→7→10) 23(1→2→3→5→8→9) 24(1→2→3→5→8→10) 25(1→2→3→5→9→10) 26(1→2→3→6→7→8) 27(1→2→3→6→7→9) 28(1→2→3→6→7→10) 29(1→2→3→6→8→9) 30(1→2→3→6→8→10) 31(1→2→3→6→9→10) 32(1→2→3→7→8→9) 33(1→2→3→7→8→10) 34(1→2→3→7→9→10) 35(1→2→3→8→9→10) 36(1→2→4→5→6→7) 37(1→2→4→5→6→8) 38(1→2→4→5→6→9) 39(1→2→4→5→6→10) 40(1→2→4→5→7→8) 41(1→2→4→5→7→9) 42(1→2→4→5→7→10) 43(1→2→4→5→8→9) 44(1→2→4→5→8→10) 45(1→2→4→5→9→10) 46(1→2→4→6→7→8) 47(1→2→4→6→7→9) 48(1→2→4→6→7→10) 49(1→2→4→6→8→9) 50(1→2→4→6→8→10) 51(1→2→4→6→9→10) 52(1→2→4→7→8→9) 53(1→2→4→7→8→10) 54(1→2→4→7→9→10) 55(1→2→4→8→9→10) 56(1→2→5→6→7→8) 57(1→2→5→6→7→9) 58(1→2→5→6→7→10) 59(1→2→5→6→8→9) 60(1→2→5→6→8→10) 61(1→2→5→6→9→10) 62(1→2→5→7→8→9) 63(1→2→5→7→8→10) 64(1→2→5→7→9→10) 65(1→2→5→8→9→10) 66(1→2→6→7→8→9) 67(1→2→6→7→8→10) 68(1→2→6→7→9→10) 69(1→2→6→8→9→10) 70(1→2→7→8→9→10) 71(1→3→4→5→6→7) 72(1→3→4→5→6→8) 73(1→3→4→5→6→9) 74(1→3→4→5→6→10) 75(1→3→4→5→7→8) 76(1→3→4→5→7→9) 77(1→3→4→5→7→10) 78(1→3→4→5→8→9) 79(1→3→4→5→8→10) 80(1→3→4→5→9→10) 81(1→3→4→6→7→8) 82(1→3→4→6→7→9) 83(1→3→4→6→7→10) 84(1→3→4→6→8→9) 85(1→3→4→6→8→10) 86(1→3→4→6→9→10) 87(1→3→4→7→8→9) 88(1→3→4→7→8→10) 89(1→3→4→7→9→10) 90(1→3→4→8→9→10) 91(1→3→5→6→7→8) 92(1→3→5→6→7→9) 93(1→3→5→6→7→10) 94(1→3→5→6→8→9) 95(1→3→5→6→8→10) 96(1→3→5→6→9→10) 97(1→3→5→7→8→9) 98(1→3→5→7→8→10) 99(1→3→5→7→9→10) 100(1→3→5→8→9→10) 101(1→3→6→7→8→9) 102(1→3→6→7→8→10) 103(1→3→6→7→9→10) 104(1→3→6→8→9→10) 105(1→3→7→8→9→10) 106(1→4→5→6→7→8) 107(1→4→5→6→7→9) 108(1→4→5→6→7→10) 109(1→4→5→6→8→9) 110(1→4→5→6→8→10) 111(1→4→5→6→9→10) 112(1→4→5→7→8→9) 113(1→4→5→7→8→10) 114(1→4→5→7→9→10) 115(1→4→5→8→9→10) 116(1→4→6→7→8→9) 117(1→4→6→7→8→10) 118(1→4→6→7→9→10) 119(1→4→6→8→9→10) 120(1→4→7→8→9→10) 121(1→5→6→7→8→9) 122(1→5→6→7→8→10) 123(1→5→6→7→9→10) 124(1→5→6→8→9→10) 125(1→5→7→8→9→10) 126(1→6→7→8→9→10) 127(2→3→4→5→6→7) 128(2→3→4→5→6→8) 129(2→3→4→5→6→9) 130(2→3→4→5→6→10) 131(2→3→4→5→7→8) 132(2→3→4→5→7→9) 133(2→3→4→5→7→10) 134(2→3→4→5→8→9) 135(2→3→4→5→8→10) 136(2→3→4→5→9→10) 137(2→3→4→6→7→8) 138(2→3→4→6→7→9) 139(2→3→4→6→7→10) 140(2→3→4→6→8→9) 141(2→3→4→6→8→10) 142(2→3→4→6→9→10) 143(2→3→4→7→8→9) 144(2→3→4→7→8→10) 145(2→3→4→7→9→10) 146(2→3→4→8→9→10) 147(2→3→5→6→7→8) 148(2→3→5→6→7→9) 149(2→3→5→6→7→10) 150(2→3→5→6→8→9) 151(2→3→5→6→8→10) 152(2→3→5→6→9→10) 153(2→3→5→7→8→9) 154(2→3→5→7→8→10) 155(2→3→5→7→9→10) 156(2→3→5→8→9→10) 157(2→3→6→7→8→9) 158(2→3→6→7→8→10) 159(2→3→6→7→9→10) 160(2→3→6→8→9→10) 161(2→3→7→8→9→10) 162(2→4→5→6→7→8) 163(2→4→5→6→7→9) 164(2→4→5→6→7→10) 165(2→4→5→6→8→9) 166(2→4→5→6→8→10) 167(2→4→5→6→9→10) 168(2→4→5→7→8→9) 169(2→4→5→7→8→10) 170(2→4→5→7→9→10) 171(2→4→5→8→9→10) 172(2→4→6→7→8→9) 173(2→4→6→7→8→10) 174(2→4→6→7→9→10) 175(2→4→6→8→9→10) 176(2→4→7→8→9→10) 177(2→5→6→7→8→9) 178(2→5→6→7→8→10) 179(2→5→6→7→9→10) 180(2→5→6→8→9→10) 181(2→5→7→8→9→10) 182(2→6→7→8→9→10) 183(3→4→5→6→7→8) 184(3→4→5→6→7→9) 185(3→4→5→6→7→10) 186(3→4→5→6→8→9) 187(3→4→5→6→8→10) 188(3→4→5→6→9→10) 189(3→4→5→7→8→9) 190(3→4→5→7→8→10) 191(3→4→5→7→9→10) 192(3→4→5→8→9→10) 193(3→4→6→7→8→9) 194(3→4→6→7→8→10) 195(3→4→6→7→9→10) 196(3→4→6→8→9→10) 197(3→4→7→8→9→10) 198(3→5→6→7→8→9) 199(3→5→6→7→8→10) 200(3→5→6→7→9→10) 201(3→5→7→8→9→10) 202(3→6→7→8→9→10) 203(4→5→6→7→8→9) 204(4→5→6→7→8→10) 205(4→5→6→7→9→10) 206(4→5→6→8→9→10) 207(4→5→7→8→9→10) 208(4→6→7→8→9→10) 209(5→6→7→8→9→10) 210(→→→→→)??? 以上、よろしくお願いします。

  • 薄板の浮き上がり防止加工

    アルミ(A5052)の厚み3mmの加工を行っています サイズが大きく(丸580mm程度)テーブルサイズ (Y方向600mm)吸着させるということが出来ずに 外周の面取りなどは手作業で取っています  加工穴はM3とM4 5キリ穴4個程度しかなく加工穴を出来るだけ使ってクランプしても 浮き上がりが出て 面取が大きくなってしまいます 工程は現在片面のみの加工 加工時間は増やせません 両面テープで固定する方法などもネットで見ましたが 剥離液が必要などで現実的ではありません もっと現実的で浮き上がらない 密着させる方法は無いでしょうか?