• ベストアンサー
  • 困ってます

傷 深さ調べ方

  • 質問No.9627203
  • 閲覧数192
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 18% (18/100)

測定器を使用せずに
感覚で分かる寸法を知りたいです。

平面の金属板等で目視では分かりずらいが

爪でなぞると傷があるのがはっきり分かるレベルは

深さどれぐらいなのか知りたいです。

経験上やそういうのが書いてあるHPを教えてください

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 45% (129/283)

経験則です。
直視では分かりにくいが斜光では判別でき、爪でもはっきり分かる→0.05mm程度
直視でも斜光でも判別が困難、爪でほんのりひっかかりを感じる→0.01mm程度
爪がひっかかるというより、ザラつきのように感じる→傷というよりも面粗さの範疇。Rz3~2程度が「ザラっと」と「滑らか」の境目

まあ傷が周期的か非周期的か、線傷か打痕かなど多数のパラメータが絡むので信用はしすぎないで下さい。
どうしても気になるなら、シックネスゲージの薄い物を用意しておいて、それらと比べてみると感覚のみでも比較的精度良く確認できます。
また表面粗さ見本なども使えます。
測定機に頼らない場合、単独での絶対測定では中々精度良く確認するのは難しいですが、マスターとの比較測定であれば人間の感覚はかなり信用できます。
ご参考までに。

https://jp.misumi-ec.com/vona2/fs_processing/T0300000000/T0308000000/T0308070000/
https://jp.misumi-ec.com/vona2/detail/223000850943/

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 8% (1/12)

傷を測定器を使用せずに
感覚で分かる寸法を知りたいです。

かなりの訓練が必要です。
昔々私が若い頃、旋盤加工のおじさんが加工中のワークを指先で触って大体の粗さを感じ取っていたことを思い出しました。
私には解りませんでしたが、測定すると要求した粗さでした。

因みに、目視より触った感触それも硬い指先(爪)がよく解るといっていました。
傷の深さ=粗さと考えれば、触った時の感触と粗さ標準片を比べながら経験を積むしかないと思います。

私は簡易型の粗さ計で測定しますが。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 59% (227/379)

[技術者向] 製造業・ものづくり カテゴリマスター
爪で表面をなぞることで、段差があることを相当の感度で認識できるのは事実です。
とはいっても、爪で感じることのできる段差や傷の寸法は、段差や傷の形状によって変化します。
同じ性質の段差や傷について、表面粗さ計などによって定量化したサンプルを使って、爪で表面をなぞった場合の感触がどの程度であるかを訓練すれば、人間の感覚でもある程度の定量化は可能なように思います。傷の性状が異なる場合や、訓練なしで言語だけで感覚を伝授しようとすることは、かなり無謀な行為と思います。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 46% (107/230)

[技術者向] 製造業・ものづくり カテゴリマスター
現代の名工レベルで指で判るのは5/1000mmしかも段差
傷を手だけで判定するのはほぼ無理
いるかもしれないので
ほぼ
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ