• 締切
  • 困ってます

pythonによるプログラムのコンパイルと実行

  • 質問No.9625945
  • 閲覧数68
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 49% (349/701)

Linux上ではプログラムの実行ファイルの作成は基本はmakeだったと思います。ワンパターンでmakeでMakefileに書いてあることが淡々と進行して実行ファイルができ、それを./abcなどと入力して実行する、そういうパターンだったと思います。make cleanとかおなじみだったと思います。最近はsetup.pyのようなものが用意されてpython setup.pyとすればコンパイルとか実行もそれだけでやってくれます。これは従来のmake系のこととはかなり違いますが、一方でpythonの中でmakeされているということになるのでしょうか。つまり、見た目が違うけれども裏側でやっていることは同じというコンセプトです。この辺をどう理解したらいいのでしょうか。pythonをc++, Javaのようなものと同格のもの捉えるものではないということになるのでしょうか。上記はunix, Linuxの例でしたが、Windows,Macではどういう位置づけになるのでしょうか。pythonを別格と考えるべきものでしょうか。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 48% (4454/9220)

make というプログラムが、Makefile というファイルを読んでそこに書いてあるとおりに実行する。
python というプログラムが、setup.py というファイルを読んでそこに書いてあるとおりに実行する。

という同じ構造です。もちろん処理の具体的内容はそれぞれ異なります。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ