解決済み

寿司とワインは相性がよろしくないので、フランス始め

  • 困ってます
  • 質問No.9620036
  • 閲覧数74
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 1% (7/686)

寿司とワインは相性がよろしくないので、フランス始め欧州各国では相手にされていないのではありませんか?
あちらの寿司はsushiという名の洋食ですから、、
つまり日本オリジナルの握り寿司は世界では通用しないのではないのですか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4

ベストアンサー率 27% (3756/13810)

他カテゴリのカテゴリマスター
>つまり日本オリジナルの握り寿司は世界では通用しないのではないのですか?
逆もまた同じで日本だけ独自に進化した料理というのは沢山あります。
日本のハムは世界から見ればハムではありません。
ナポリタンなんかナポリに行ってもありません。
天津飯も中国に行ったってありません。
その国の人から見れば偽中華、偽パスタです。

寿司も同じでその国の味覚や食文化と融合してしまうものです。
そうなれば日本人から見れば偽物に見えてしまいます。
もちろん本物を出すところもあるでしょうけどそれはその地域(国)全体から見れば少ないです。
日本も同じで本物のフランス料理やインド料理を出す店よりも
日本人好みや日本の食材などでアレンジされた本物ではない店の方が多いです。

酒に関しても日本の回らない寿司屋にだってビールはあります。
日本酒だけしかないなんてことはありません。

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.3
そうですか?
日本料理を世界に紹介するグルメサイトでも、寿司とワインの組み合わせは絶妙と高評価ですが。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 39% (1906/4807)

他カテゴリのカテゴリマスター
確かに,魚の生臭さを消すには日本酒が最も優れており,ワインやビールなどは口の中の魚臭さを保持してしまうため相性はそれほど良くないかも知れませんが,それでもヨーロッパの友人は日本酒も大好きですし,寿司も日本に来るチャンスがあれば必ず食べたいと言いますね。
もちろんその国に適した食材や調理方法があるので,我々でも本場のインド料理,中華料理などやタイ料理などは合わない人は結構いると思います。実際日本のインド料理はネパールの人の作る出汁のきいた味のほうがおおく本格的なインド料理は好き嫌いが分かれると言います。中国料理も本格的なものよりも王将の中華の方が人気ありますしね。
このような視点で言えば,インド料理だって中華料理だって日本では大人気と言えますが,通用してないですよ。と言えばそうかも知れません。
実際日本の一流店の寿司をそれほど裕福でないひとが味も分からないのに食べる意味は無いですからね。天然物,旬のものと冷凍との違いを分かる人が比べればいいとは思いますが,そう言う人はワインと一緒に食べようと思わないでしょうし。なので通用するということをワインを土俵にしても仕方が無いと私は思います。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 40% (901/2223)

他カテゴリのカテゴリマスター
>寿司とワインは相性がよろしくないので、フランス始め欧州各国では相手にされていないのではありませんか?

残念ながら、ヨーロッパ各国では「寿司+ワイン」は人気がありますよ。
知人がフランスで寿司店を経営していますが、順調です。
もちろん「寿司屋でなくスシバー」ですがね。
日本人は、寿司を片手に酒を飲む。
フランス人は、酒を片手に寿司をつまむ。

>日本オリジナルの握り寿司は世界では通用しないのではないのですか?

これは、日本人でも外国人でも同様です。
好き嫌いが、あります。
食べ物は、強制的に食べる事を強要されるものではありませんよね。
嫌いなら、食べなければ良いだけの事。
まぁ、食べ物は「色んな方向に進化」すれば良いのです。
インドカレーと日本のカレーは、別物ですよね。
中国のラーメンと、日本のラーメンも別物。
朝鮮キムチ・中国キムチと、日本のキムチも別物。
世界中の誰もが「発祥地の食べ物」を求めている訳ではありません。
本物志向の方は、本物を求める。
汎用・派生志向の方は、汎用・派生を求める。
これだけの事です。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ