回答 受付中

ヒノキ 芯持ち材 割れ対処法 その2

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9619592
  • 閲覧数154
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数3

お礼率 11% (19/165)

「ヒノキ 芯持ち材 割れ対処法 その1」の補足のための写真です。
写真のごとく 90mm角に製材したヒノキ角材を2か月放置しておきましたら 割れました。人がのっても大丈夫なロフトの横材に使用しようとおもったのですが、写真のように もともとあった割れ止めのための「溝」と 今回「芯割れ」した部分に
ボンドを爪楊枝で押し込み、使用とおもいますが大丈夫でしょうか?
長さは1メートル×90mm×90mmです。2本のうちの1本です。もう一本は大丈夫のようです。

回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 57% (194/335)

[技術者向] 製造業・ものづくり カテゴリマスター
芯持ち材の場合、材の乾燥に伴い周方向の割れが起こることが避けられないので、予想外の面に割れが発生しないように、意識的に割れを誘発する「背割り」という技法を適用することが古くから行われています。
http://www.homarewood.co.jp/kakutigai.htm

無理に接着剤などを使わずに、割れが生じた部分に雨水などが入らないように、材料の天地を適切に使い分ければ宜しいかと思います。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 17% (155/868)

その部分に集中果汁っ狩ることはないので
瞬間接着剤で圧着(必ず圧着してください)
だけで十分です
  • 回答No.1

ベストアンサー率 26% (1806/6741)

他カテゴリのカテゴリマスター
スパンが1mですよね。
それで、その90mm角をどのくらいの間隔で入れるんですか?

一般的な床だと、
90mm角を910mm間隔で入れて、
その上に45~50mm角を300~360mm間隔で入れて、床板を張ります。

乾燥によるヒビは問題ないですが、
床を組む時の間隔ですよね。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ