解決済み

【電気】PDコンデンサ計器用変圧器と

  • 困ってます
  • 質問No.9610403
  • 閲覧数47
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 45% (3367/7340)

【電気】PDコンデンサ計器用変圧器と
LPDコンデンサ計器用変圧器の違いについて教えて下さい。

Lが付くのと付かないPDの差は何ですか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ベストアンサー率 71% (69/96)

電気・電子工学 カテゴリマスター
高卒元電工の爺さんです、現場で見た範囲で記載します、参考になれば・・!

◎LPDはLinPDと説明を受けました。違いは次の2点のようです。

1.PDは一般に母線(配線の中心のようです)に設けられます。母線にはLA
  (アレスタ:避雷器)があり耐雷サージに対してPDは絶縁を強くする必要
  は無いそうです!!・・・普通絶縁(標準)で良い(壊れない)そうです。
   他方LPDはLin(線路側)に設けられるため、母線に接続されず(Linの
  遮断機とLSが開状態)運用されると、開放端にLPDが設置される形状で、
  雷サージが開放端反射で倍となる場合に耐える絶縁耐量が、必要となる
  そうです。(簡単にはLPDが高絶縁設計でもいいような・・・・!!)

2.PD、LPDのお仕事内容を尋ねましたら、PDは母線関係機器全部に電圧を
  供給する必要があるそうです。(容量は大きいそうです!!)
   他方LPDは「該当線路の電圧値」「隣接回線との確認用」「自動復旧
  装置への電圧供給」だけで、お仕事はかなり少ないようです。(容量小)

3.まとめてみますと、LPDは小さく高絶縁機器でPDは大きく標準絶縁機器
  のようです。容量クラスは、PD数百VA以上、LPD30~50VAレベル
  程度とのことでしたが、近年のデジタル化でさらに小型化かも・・・・!

     ・・・・・・・・・・以上のようですが、参考となれば幸いです!
 
お礼コメント
gasshop2017

お礼率 45% (3367/7340)

みんなありがとう

大変役に立ちました
投稿日時 - 2019-04-27 17:42:42

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
PDコンデンサ計器用変圧器とLPDコンデンサ計器用変圧器の違い、で検索すればいいだけの話
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ