会計のルールで減価償却費があるのはなぜですか??実

会計のルールで減価償却費があるのはなぜですか??実際のキャッシュの動きと変わるため把握しにくくなるだけで不要な概念だと思...

tetsumyi さんからの 回答

  • 2019-04-24 14:01:11
  • 回答No.3
tetsumyi

ベストアンサー率 29% (1217/4180)

高額の機械や設備を入れるとその年の収支はとんでもない赤字となってしまいますから税金はなくなったり非常に少なくなります。
しかし、次の年からはまともに税金支払いとなります。
これでは、会社は機械や設備から利益を増やすことは難しくなります。
それで機械や設備の費用を何年間にも渡って分割して減価償却して税金の支払いが長い期間少なくなることで利益を均等に確保することが出来ます。
会社の設備投資を支援すると言う意味もあります。
それで高額でない設備には減価償却はありません。
お礼コメント
suzukikun512

お礼率 78% (189/242)

税金の支払いが分割になるんですか?初めてしりました
投稿日時 - 2019-04-25 12:21:10
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
ページ先頭へ