解決済み

国によって聞こえ方が違うのは赤ちゃんも同じ?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9609726
  • 閲覧数123
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数9
  • コメント数0

お礼率 100% (645/645)

赤ちゃんは、教えてもいないのに、犬を見るとワンワンと言います。
きっと鳴き声がワンワンと聞こえるのだと思います。
いえ、そういうのをどこかで聞いて刷り込まれているのかもしれませんが、
例えばアメリカの赤ちゃんは犬を見たら、バウワウと言うのですか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.7

ベストアンサー率 32% (2750/8438)

生活・暮らし カテゴリマスター
鳴き声の ワンワンと
幼児語の ワンワンはちがいます。
英語の幼児語は
doggie(dog)
kitty(cat)
mommy(mother)
Daddy(father)
mommy(mother)
bunny(rabbit)
dolly(doll)
日本の幼児語の犬を意味する言葉 ワンワン
鳴き声を表現しているのではなく 犬を表現しています。
同じく 幼児語で 英語の場合は ドギィーです。バウワウではありません。
お礼コメント
orange-house

お礼率 100% (645/645)

確かに仰る通りですね、気付きませんでした。
あれは、ワンワンという鳴き声をさしているのではなく、犬そのものをワンワンだと言っていますね。
つまり、犬イコールワンワン、だから、海外で言うところの父イコールダディになるのですね。
ドギィーって言いづらいなぁ、と思ったら、ドギィーマンっていう犬用の餌か何かありますね。
勉強になりました。

回答、ありがとうございました。
投稿日時 - 2019-04-24 11:03:03

その他の回答 (全8件)

  • 回答No.9

ベストアンサー率 15% (71/447)

鳴き声は誰でも同じに聞こえるはずですが国によって表現の仕方が違うのでしょう。
日本の赤ちゃんは犬のことをワンワンと教えられているのでそう呼ぶのであってバウワウだよと教えられたらバウワウと呼ぶと思います。
お礼コメント
orange-house

お礼率 100% (645/645)

よく聞くと、犬はワンワンではなくて、バウワウの方が近い気がするのですよね。まぁ、ワンワンというのが刷り込まれているので、注意して聞く事もないですが。

回答、ありがとうございました。
投稿日時 - 2019-05-05 11:15:55
  • 回答No.8

ベストアンサー率 22% (450/1983)

聞こえているのはどこの国でも同じように聞こえているのです
表現方法が違うだけです。
なので表現は時代とともに変わったものも多くあります。
ニワトリなどは今では「コケコッコー」が一般的ですが
昭和初期は「カケロ」と鳴くというのが一般的な認識でした。
どちらにしろ、その動物になれないわけで「まねている」だけですから
いろんな表現になってしまいどれが正解ということはないでしょう。
お礼コメント
orange-house

お礼率 100% (645/645)

え?!
カケロ?
まぁ、そうか、確かにコケッの部分だけで鳴くニワトリがいますね、
まるでカケロカケロって言ってるみたい。
表現の違いなんですね。
でもどーも若者が言う、ヌルヌル動くは馴染めないですね、どうしてもゆっくりもっさり動くというイメージしか湧きません。

回答、ありがとうございました。
投稿日時 - 2019-04-24 11:05:38
  • 回答No.6

ベストアンサー率 19% (1923/9635)

>教えてもいないのに、犬を見るとワンワンと言います。

赤ちゃんは人まねで言葉を覚えます。教えていなくても、親や周りの大人がワンワンと言っているのを聞いているのです。そのまねです。同じ理由でアメリカの赤ちゃんはバウワウと言います。
お礼コメント
orange-house

お礼率 100% (645/645)

やはり、アメリカの赤ちゃんはバウワウって言うんですね。
大人がそう言うからなんですね。

回答、ありがとうございました。
投稿日時 - 2019-04-24 11:00:15
  • 回答No.5

ベストアンサー率 21% (1500/7126)

知っている言語に当てはめているでしょうから、言語圏やアルファベット圏なんかで表現方法が変わると思います。
言語野か音楽脳で処理するのかでも、大いに変わるでしょうね。

【参考資料】
在キューバ米大使館への音響攻撃の件「あれただのコオロギだよ」と研究者が語る
https://www.gizmodo.jp/2019/01/sonic-attack-could-just-be-crickets.html

【日本人の脳の秘密】なぜ日本人には虫の「声」が聞こえ、外国人には聞こえないのか?【日本人も知らない真のニッポン】
https://www.youtube.com/watch?v=V6e8hJ7IVO4
お礼コメント
orange-house

お礼率 100% (645/645)

国によって聞こえ方が違う、というのは現に存在しているのですね。
勉強になりました。

回答、ありがとうございました。
投稿日時 - 2019-04-23 18:17:03
  • 回答No.4

ベストアンサー率 38% (128/335)

他カテゴリのカテゴリマスター
アメリカの赤ちゃんより、も少し大きくなると
犬を見たら、バウワウと言う
と思うんです。

アメリカの赤ちゃんは、まだ犬の鳴き声をよく理解できない
ような気がします。
日本の赤ちゃんもアメリカの赤ちゃんも
聞こえ方は、同じなはずで
音としては、同じに聞こえると思うんです。

その赤ちゃんが、3~4歳くらいになると変わってきて
こんなおかしなことが起こります。
もしかしたら、個人差もあるので
2歳でも1歳でも、1歳にならないでも
あることなのかもしれませんけれど・・・

それは
3歳の子供を連れ、アメリカに行きます。
子供が犬を見て
あっ!ワンワンだ・・・とか言います。
違うよ、アメリカの犬は バウワウ と鳴くんだよ
だから、ワンワンじゃなくてバウワウだよ
そうすっと、子供は譲らない。
じゃあの犬は、日本語ができる犬なんだね
だって日本語でワンワンってゆってるもん。

こなんことが起きます。
子供が正しいのか?
僕がおかしいのか?
僕には、わからないけれど

アメリカの親子が日本に来て、日本の犬を見たら
同じようなことが起こる、と思うんです。

そういうのをどこかで聞いて刷り込まれている
  ↓
これが、ポイントではないでしょうか?
お礼コメント
orange-house

お礼率 100% (645/645)

日本でさんざんワンワン言ってたら、アメリカに連れて行ってもワンワンと言うでしょうね。

アメリカで育てる赤ちゃんに、あれはワンワンだよと言って育てると、やはり犬はワンワンって言ってるように聞こえるのでしょうかね。
興味がありますね。

回答、ありがとうございました。
投稿日時 - 2019-04-23 18:10:44
  • 回答No.3

ベストアンサー率 19% (1551/7881)

ワンワンは、大人が教えていますよ。
お礼コメント
orange-house

お礼率 100% (645/645)

やはり、大人が言ってるのを聞いているのですね。

回答、ありがとうございました。
投稿日時 - 2019-04-23 18:07:18
  • 回答No.2

ベストアンサー率 22% (4066/18125)

他カテゴリのカテゴリマスター
 
意識して教えなくても周囲の人が犬を見て「ワンワン」と言うからそれを覚えてるのです。
我が家では飼ってた子犬に「カカ」との名を付けて呼んでたから子供はどの犬を見てもカカと言ってました。
 
お礼コメント
orange-house

お礼率 100% (645/645)

あ、そうなのですね、
とても分かりやすい事例を書いてくださり、助かりました。

回答、ありがとうございました。
投稿日時 - 2019-04-23 18:06:54
  • 回答No.1

ベストアンサー率 28% (869/3044)

>教えてもいないのに、犬を見るとワンワンと言います。

教えてもいないのに、ワンワンとは言いません。
教えたつもりはなくとも、周りの人間がワンワンと呼ぶので
覚えるだけです。
当然ワンワンは、実は犬のことであると知るのはずっと後のことです。
お礼コメント
orange-house

お礼率 100% (645/645)

やはり、どこかで聞いたのがあるのでワンワンと言うのですね。

回答、ありがとうございました。
投稿日時 - 2019-04-23 12:05:22
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ