締切済み

「起」の相反する意味について

  • 困ってます
  • 質問No.9608662
  • 閲覧数107
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 50% (1/2)

2000年ほど前に書かれた医学書の『霊枢』の中に
『霊枢』五変「先立其年.以知其時.時高則起時下則殆」(時高ければ起ち、時下れば則ちあやうし)季節の気が盛んな時は病気は好転し、気が衰退する季節は病気が悪化する~「起」は癒えるの意味。
直後の文章「當年有衝通.其病必起」では「起」は病が発病するとの意味で書かれています。
通天という篇には「中氣不足.病不起也」と、文脈から治癒の意味になっています。
現代中国での用例でも、「起病」では治癒と記載されていますが(https://baike.baidu.com/item/%E8%B5%B7/10714410)、なぜ「起」に反対の解釈が同時にあるのでしょうか?お教えいただければうれしいです。

回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 0% (0/0)

いい忘れたが、https://baike.baidu.com/item/%E8%B5%B7%E7%97%85/1206277 によると
確かに「起病」にはその反対の意味を持つ。だから質問者さんの理解はたぶん間違ってないと。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 0% (0/0)

難しい古文ですね。中国人の私でも理解しがたい。
バイドゥしてみたら、それは「反训」といって、古文や古代の言葉にはよくあることをわかった、というか思い出された。
具体的な説明は以下の文章を参考してください(全部中国語の文章ですが):
https://www.xzbu.com/9/view-9400431.htm
https://www.zhihu.com/question/58124556?sort=created
https://www.xzbu.com/9/view-9393180.htm
つまり、その言葉の意味が形成していくうちに、何らかの原因で自然と、反対の意味を生み出したわけですね。
お礼コメント
sunshine_663

お礼率 50% (1/2)

ご回答ありがとうございます。反訓という用い方があるのですね。初めて知りました。
サイニーでの唯一の反訓に関する論文「いわゆる反訓について」
http://repo.komazawa-u.ac.jp/opac/repository/all/23438/
を読んでおおよその内容がわかりました。ご紹介いただいた情報やその他ネット上の情報をみましたが「起」や「病起」については書かれていませんでした。「古漢語字義反訓探微」という書籍が詳しいようなので取り寄せて読んでみます。
投稿日時 - 2019-05-01 21:11:45
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ