解決済み

歴史の書物における“賊”ということば

  • 困ってます
  • 質問No.9607309
  • 閲覧数63
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 100% (3547/3547)

歴史の書物によく“賊”ということばが出てきます。
蜂須賀小六(蜂須賀 正勝),村上水軍等。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10206347495?notice_type=empathy

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E4%B8%8A%E6%B0%B4%E8%BB%8D

これらで見る限り、このによく“賊”ということばが現代の我々の使う意味とは違うように思えてきます。

これらの時代の“賊”ということばの意味をどう理解していたらいいでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

集団、一族
お礼コメント
krya1998

お礼率 100% (3547/3547)

ありがとうございました。
なるほどそういう意味ですか。
投稿日時 - 2019-04-16 11:35:56
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ