解決済み

戦国時代における戦場での宿泊事情

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9607046
  • 閲覧数105
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 100% (511/511)

戦国時代の戦場において、夜を過ごさなければならないとき、大名や、1群の将、兵士はどのような施設で寝泊まりしていたのでしょうか???

兵士などは、天候に関わらず、完全な野宿だったのでしょうか???それとも簡易のテントみたいなものがあったのでしょうか???風呂なんかはあったのでしょうか???

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ベストアンサー率 29% (5197/17705)

歴史 カテゴリマスター
寺院は大きな本堂なんぞがあって、修行僧を宿泊させるための宿坊もそのための台所もあったりするので泊まるにはちょうどいい場所ですね。
しかしお寺側も兵士にズカズカ入られて荒らされるのは困りますから、事前にそこの主君のところにお金を払って安堵状を発行してもらうこともありました。そこには主君の名前で「軍隊は入っちゃいけない。お寺のものを勝手に持って行ってはいけない。木を切っちゃダメ」とか書かれています。
そこの大名と所縁のある寺院なら、施設を利用したり本陣を置くことを認めるところもありました。

また当然、そこかしこにそれなりに宿場町もありました。武将なんかは最前線でもない限りわざわざ野宿しないでお金を払って宿場を利用したほうが安心だし精神的にも肉体的にもストレスは少ないですね。
また味方の領域内を通過するなら、フツーに城を宿泊施設に使うのが一番安全な手段となるでしょうね。

資料や技術が失われているだけで、板や棒を使って簡易宿舎を作る技術はあったのではないかなと思います。屋根がないと夏は暑いし、日本は雨も多いですからね。みんな野ざらしだったら、何千人も何万人も集団でいたらあっという間に風邪が流行ると思いますよ。
お礼コメント
kamotokogamo

お礼率 100% (511/511)

ありがとうございました。

 事前にそこの主君のところにお金を払って安堵状を発行してもらうこともありました。……寺院のほうがお金を払っていたんですか。いい迷惑というか、踏んだり蹴ったりじゃないですか。(*^_^*)

 資料や技術が失われているだけで、板や棒を使って簡易宿舎を作る技術はあったのではないかなと思います。……少年の頃、家のすぐ裏が山林だったので、従兄弟達と秘密の基地を作って遊んでいましたが、あんなのでも野天よりはマシかなぁ……と空想してしまいました。

 屋根がないと夏は暑いし、日本は雨も多いですからね。みんな野ざらしだったら、何千人も何万人も集団でいたらあっという間に風邪が流行ると思いますよ。……蚊も大変だったでしょうね。
投稿日時 - 2019-04-16 04:17:15

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 14% (1620/11030)

先日、「所さんの目がテン」でやっていましたよ。兵士などは筵を敷いた上でごろ寝。家臣クラスともなれば少しはましでしょうけど。風呂などはよほど安心できるところでない限りは何時刺客が入るか分かりませんから、困難でしょうね。
お礼コメント
kamotokogamo

お礼率 100% (511/511)

ありがとうございました。

残念ながら、「所さんの目がテン」は見ていません。というか、テレビはほとんど見ません。

風呂などはよほど安心できるところでない限りは何時刺客が入るか分かりませんから、困難でしょうね。……長期戦になると辛いですね。
投稿日時 - 2019-04-15 14:59:33
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ