締切済み

ガンの余命について

  • 困ってます
  • 質問No.9599569
  • 閲覧数130
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 27% (16/59)

初期のガンだと診断され手術を受けた場合、その後の5年生存率はどのくらいになるのでしょうか?

知り合いに、ガン患者を看取った人やガンサバイバーがいます。
その方々の話によると、どんなガンであれ5年すると必ずと言っていいほど再発するから、手術を受けたからと言って安心はできないと話していました。ガン患者を看取った人の話によると、高額な抗がん剤を、20年近く死ぬまで打ち続けたと言います。

このような話を聞くと、一度ガンに罹ると、治療は死ぬまで続くものと考えられます。
現在、ガンは二人に一人が罹る時代なので他人事には思えません。

様々な治療法がありますから一概には言えませんが、標準的な治療を選択した場合、また初期のガンである場合、その後の5年生存率はどのくらいになりますか?

ご回答お願いします。

回答 (全6件)

  • 回答No.6

ベストアンサー率 18% (165/889)

「癌の場所」と「ステ-ジ数」に依りますので回答不能です。

私の場合「左肺腺癌」の「ステ-ジ2B」でしたが脳に転移して「転移性脳腫瘍」となり、「ガンマナイフ」の放射線治療を4回受けましたが期待するほどの効果が無く、遂に頭蓋骨に穴を開け脳味噌の中の腫瘍を摘出する「開頭手術」を受けました。

また、「癌」は再発するとは限りません。私の場合「右肺」は「扁平上皮癌」で左肺は再発かと思いましたが、「腺癌」で別種の肺癌でした。

勿論、再発の可能性はあるので、毎月か隔月に「レントゲン」で経過を観察中です。 (脳はMRIで検査)
  • 回答No.5

ベストアンサー率 20% (1911/9506)

他カテゴリのカテゴリマスター
>初期のガンだと診断され手術を受けた場合、その後の5年生存率はどのくらいになるのでしょうか?

5年生存率は過去のデータの統計です。5年生存率が10%であれば、5年以内の再発が10%だと言うことです。転移を含めて5年間再発がなければ、そのガンは治ったものと見なされ、それ以降に発症したガンは別の新たなガンと見なされる場合が多いです。生存率はガンの種類と治療方法や術後の結果によります。あくまでも確率の話であって、確定ではありません。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 18% (165/889)

「貴方の云う話しの殆どは゛嘘゛です」転移する事は有りますが、再発は少ないです。(癌部分を摘出した場合)

「癌の場所とステ-ジ(進行度)」に依りますが、私は右肺が「扁平上皮癌」で下葉を摘出、その後再発かと思った左肺は別種の「腺癌」で上葉を摘出、更にこの癌は脳に転移性脳腫瘍として転移、これを先進医療の「ガンマナイフ」で治療しようとしましたが、効果無く頭蓋骨に穴を開け、脳味噌の中の腫瘍を摘出しました。現在は経過を観察中で、この欄に投稿しています。(直ぐに90歳代)

また、「5年生存率」は「ステ-ジ」に依りますので回答不能です。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 44% (626/1396)

統計がとられています。
https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html
このページの下あたりに、「4.生存率」という項目があります。
患部ごとにまとまっていて、生存率がひとけた台の低いものもあれば、
9割の生存率のものもあります。
また「5)がんで死亡する確率~累積死亡リスク」というものもあります。
それは2人に1人ではなく、5人に1人という感じの値です。

以下は患部だけでなく、進行状態ごとに分けて生存率が出ています。
https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/brochure/hosp_c_reg_surv.html

いずれにしても、患部によってだけで、大きくひらきがあります。


私は、がんに対して楽観的です。10年前後すれば患部によっては
5年生存ではなく、寛解率や治癒率の統計がでると予想します。


理由です。
がんの厄介なところは、もともとは体を構成する細胞であることです。
体に害なすものを排除する免疫が、いまひとつ役に立たない原因です。
オプジーボはそのような制限を低くして免疫が攻撃しやすくします。
治験で有力視されているものの中に、光免疫療法とウイルス治療があります。
光免疫療法では、破壊されたがん細胞構成物から免疫が活性化して
全身のがんに対しても効果が出ています。
がんはウイルスに弱いことが古くから知られいましたが、がん細胞にだけ
作用するよう調整されたウイルスが作成できるようになりました。
両者ともに治験の成績は大変よかったみたいです。
このように、がん治療の最先端は、きっかけとなる攻撃をがん細胞に与え
あとは体の免疫に攻撃させる手法です。
それらは、抗がん剤のようなつらい治療ではありません。


最先端の情報はさまざまあります。
Googleなどでのキーワード検索で
日経サイエンス がん
で検索すると特集記事の概要がヒットします。

がんに対し楽観することも、がん予防になるみたいですよ。
以上、参考にならなかったらごめんなさい。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 50% (350/698)

ガンの余命は人それぞれだと思いますよ。どの程度の手術をしたか、年齢、もちろんお医者さまの見落としなど、色々理由はあると思います。私は9年前に初期の乳ガンになり結局、3度の手術を受けました。最後は全摘を受け毎年検査を受けていますが未だガン再発はしていません。残っている胸が痛かったりすると、移転!と気が気ではないですが。私の友達はシニアの年ですが、乳がんになり手術を受け、抗がん剤も受けていましたが、2年で再発です。ちなみに胸の摘出はしていませんでした。他の場所に移転していてかなりの手術を受けていました。私の叔母は乳がんから、数年後大腸ガンに。すでに5年過ぎていますが、元気に生きていますよ。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 14% (1618/11008)

癌細胞なんて、誰にでもあります。それが分かるくらいの大きさになったのが「癌患者」なわけです。癌細胞を抱えながら別の病気で亡くなる人が老人の場合は多数を占めていると言われていて、どれくらいの大きさで見つけたかにもよるし、進捗の速さも全くちがいます。毎年イッテの時期に検査を受けていても進捗の速さや検査を担当した医師の技量によっては見落とされることもあり(担当している医師全てが癌のエキスパートではない)こればかりは運によるとしか言いようがないです。

1週間前に大腸内視鏡検査を受けましたが、あまり状態の良くないポリープが見つかったそうです。来週結果が出るらしいですが、前回2年前に検査を受けた時にはありませんでした。それでもこの期間にできることもあるのです。
お礼コメント
wanyanko

お礼率 27% (16/59)

私も回答者様と同じ考えで、ガン細胞なんて誰にでもあると思っています。検査をしないと発見されませんが、年齢を重ねれば誰でもガンになる可能性はあると思います。
ご回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2019-04-16 13:37:08
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ