解決済み

次の英文を訳して下さい。

  • 困ってます
  • 質問No.9599104
  • 閲覧数40
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 88% (2576/2898)

The Brigade de fusiliers marins (Rear-Admiral Pierre Alexis Ronarc'h were sent from Pierrefitte, near Paris, on 7 October, to Flanders and by18 October were at Dixmude. The fusiliers marins comprised six battalions of mostly reservists, with 6,670 men of whom 1,450 were fusiliers, a machine-gun company (16 guns) and four machine-guns in each battalion. Part of northern France and the north Belgium from the Pas-de-Calais to the Scheldt estuary had been known as Flanders since the eleventh century. West of a line between Arras and Calais in the north of France, lie chalk downlands covered with soil sufficient for arable farming and east of the line, the land declines in a series of spurs into the Flanders plain. By 1914, the plain was bounded by canals linking Douai, Béthune, Saint-Omer and Calais. To the south-east, canals run between Lens, Lille, Roubaix and Courtrai, the Lys river from Courtrai to Ghent and to the north-west lies the sea. The plain is almost flat, apart from a line of low hills from Cassel, east to Mont des Cats, Mont Noir, Mont Rouge, Scherpenberg and Mount Kemmel. From Kemmel, a low ridge lies to the north-east, declining in elevation past Ypres through Wytschaete, Gheluvelt and Passchendaele, curving north then north-west to Dixmude where it merges with the plain. A coastal strip about 10 miles (16 km) wide, is near sea level and fringed by sand dunes. Inland the ground is mainly meadow, cut by canals, dykes, drainage ditches and roads built up on causeways. The Lys, Yser and the upper Scheldt have been canalised and between them the water level underground is close to the surface, rises further in the autumn and fills any dip, the sides of which then collapse. The ground surface quickly turns to a consistency of cream cheese and on the coast troop movements were confined to roads, except during frosts.
The rest of the Flanders Plain is woods and small fields, divided by hedgerows planted with trees and cultivated from small villages and farms. The terrain was difficult for infantry operations because of the lack of observation, impossible for mounted action because of the many obstructions and difficult for artillery because of the limited view. South of La Bassée Canal around Lens and Béthune was a coal-mining district full of slag heaps, pit heads (fosses) and miners' houses (corons). North of the canal, the cities of Lille, Tourcoing and Roubaix form a manufacturing complex, with outlying industries at Armentières, Comines, Halluin and Menin, along the Lys river, with isolated sugar beet and alcohol refineries and a steel works near Aire. Intervening areas are agricultural, with wide roads on shallow foundations, unpaved mud tracks in France and narrow pavé roads along the frontier and in Belgium. In France, the roads were closed by the local authorities during thaws to preserve the surface and marked by Barrières fermėes, which in 1914 were ignored by British lorry drivers. The difficulty of movement after the end of summer absorbed much of the civilian labour available on road maintenance, leaving field defences to be built by front-line soldiers.

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 81% (6244/7689)

英語 カテゴリマスター
>The Brigade de fusiliers ~ four machine-guns in each battalion.
 Part of northern France ~ into the Flanders plain.
⇒火打石銃兵水夫の旅団(後衛提督ピエール・アレクシス少将)は10月7日にパリ近郊のピエールフィッテからフランドルに派遣され、10月18日までにディクスムードに入った。この火打石銃兵水夫隊は、大半が予備軍の6個大隊からなっていたが、全体の所属兵6,670人のうち1,450人が火打石銃兵であった。そして、各大隊が機関銃1個中隊(16丁の銃)と、そのほかに4丁の機関銃を擁していた。
 パス‐ド‐カレー(カレー道)からシェルド河口までのフランス・ベルギー北部は11世紀以来フランドルとして知られていた。フランス北部アラス・カレー間戦線の西側は、耕作に十分な土壌で覆われた白亜層の低地にあり、その戦線の東側は一連の山脚が急降下でフランドル平原につながっていた。

>By 1914, the plain was ~ merges with the plain.
⇒1914年の頃、この平原はドゥエ、べトゥン、サン‐オメル、カレーを結ぶ運河でつながっていた。南東にはレンズ、リール、ルーベ、クルトレの間を走る運河が通り、リース川がクルトレからゲントへ流れ、そして北西には海が広がる。カッセルから続く低い丘の線を別にすれば、平原はほぼ平坦である。カッセルは東のモン・デ・キャッツ、モン・ノワール、モン・ルージュ、シェルペンベルク、ケメル山につながる。ケメルから北東に伸びる隆起部は、下りながらイープルを過ぎてウィツシェト、ゲルベルト、パシェンデレを貫通して北に曲がり、北西のディスムドで平野と合流する。

>A coastal strip about 10 miles ~ except during frosts.
⇒幅約10マイル(16キロ)の沿岸帯の海抜は、ほぼ海面と同じで、砂丘に囲まれている。内陸の地面は主に牧草地で、運河、堤防、排水路および土手道に築かれた道路によって切り取られている。リース、イゼール、上流のシェルドは運河化されており、それらの間の地下(道水路の)水位は地表に近く、秋にはさらに上がるので、水面がいっぱいになると水面は崩壊して溢れる。(すると)地表はすぐに一様のクリームチーズ様に変わり、海岸では霜の時を除いて軍隊の動きは道路上に限られていた。

>The rest of the Flanders Plain ~ a steel works near Aire.
⇒フランドル平原の残りの部分は森や小さな畑であって、栽培畑に植えられた木々や生け垣によって小さな村や農場が区切られていた。地形については、観測不足のため歩兵隊の作戦行動が困難であり、多くの障害物のために騎馬隊の戦闘行動は不可能であり、視野が限られているため砲撃は厄介であった。レンズやベトゥーン周辺のラ・バセ運河の南は、ぼた山(炭鉱の残岩)、坑道出入口、鉱山労働者の家でいっぱいの炭鉱地区であった。運河の北、リール、トゥルコアン、ルーベの各都市は、製造複合施設を形成していた。リス川沿いのアルマンティエール、コミンズ、ハルイン、メニンには郊外産業があって、それは、孤立したテンサイ(砂糖大根)畑、アルコール精製所、エア近くの製鉄所などであった。

>Intervening areas are agricultural ~ by front-line soldiers.
⇒中間帯にある地域は農地で、広い道路があるが、それは、フランス(域内)では浅い基礎の上に造られているか、さもなければ未舗装の泥道であった。狭い舗装道路がベルギーの国境や国内を走っていた。フランスでは、路面を保護するために融雪(ぬかるみ)の間は地方自治体によって道路が閉鎖され、「バリエール・フェルメー」(閉鎖障壁)という標識が付いていたが、1914年ごろの英国の大型トラック運転手には無視されていた。夏の終わり以後は、移動が困難なので、道路維持のために利用できる市民労働力の多くがそれ(道路補修)に吸収され、前線の兵士による戦場の防衛施設は手つかずのまま残った。
お礼コメント
iwano_aoi

お礼率 88% (2576/2898)

回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2019-04-02 15:47:08
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ