解決済み

亀鑑(きかん)という言葉

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9596905
  • 閲覧数47
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 4% (1/24)

亀鑑(きかん)という言葉に「亀」の漢字が入っている理由を教えてください。

亀鑑は「お手本」といった意味です。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 57% (3315/5812)

 大昔は、亀の甲羅を焼いて、そこに生じるひび割れの形で吉凶を占いました。

 亀と言っても、そこらにいる亀ではなく、ウミガメだったと思います。殷・周は大陸国家だったのでウミガメの甲羅の入手には大変苦労しており、貢ぎ物として提供されると狂喜したとかいう記録を読んだことがあります。

 つまり亀の甲羅は、なにかを判断するについて、非常に大切な物。

 閑話休題

 そのヒビが、判定の結果「吉」とされれば動き(出陣など)、凶とされれば慎み、動かない。つまり亀の甲が、行動の基準にされたわけです。

 それが、いいか・わるいかの判断基準、いいできか悪いできかを振り分ける「お手本」の意味にも使われるようになったものと思います。
お礼コメント
godmezameyo

お礼率 4% (1/24)

ご回答ありがとうございます。

丁寧で分かりやすいです!
投稿日時 - 2019-03-15 09:07:52
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集

ピックアップ

ページ先頭へ