JAL 国内線の受託手荷物の預け入れについて

羽田空港、朝 07:00 発の JAL 国内線に乗る予定ですが、受託手荷物があり「JALエクスプレス・タグサービス」では...

kifimi さんからの 回答

  • 2019-03-05 15:22:31
  • 回答No.4
kifimi

ベストアンサー率 72% (387/537)

No.3です。お礼コメントと補足を拝見しました。

>国内線・国際線問わず保安検査場での規制は米国TSAの基準とほぼ同じだと認識しています。よって飲み物も含めいかなる液体も100cc以上のボトルは没収されます。

下記リンクはJALのサイト「航空機内への液体物持ち込み制限について」です。この「機内への持ち込み制限」は保安検査場の通過を念頭にしたものであり、保安検査場通過後に買った液体物については別途ルールが記載されています。
http://www.jal.co.jp/other/info2006_1219.html
>1 対象便
>以下の国、都市を出発するすべての便が対象となります。
><国際線のみ適用>
>日本、東アジア、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランド、インドネシア、ブラジル、シンガポール、マレーシア、ドバイ
><国際線、国内線(EU域内線)とも適用>
>EU加盟国(*1)、米国、カナダ、インド、フィリピン、香港、タイ、ロシア

上記の通り、日本は液体制限は「国際線のみ適用」の国です。
ですから、日本の国内線の保安検査場では、100ml以上の(危険物でない)液体が没収されることはありません。開封済みのペットボトル飲料については、係官が機械で中身を検査しますが、中身が危険物でなければ没収にはなりません。
※アルコール度数24%以上の液体は、これとは別の持ち込み制限があります。

もちろん、ご自身の判断で、保安検査場通過時に液体類を持ち込みたくない、というのは自由です。
補足コメント
edokkosan

お礼率 96% (241/250)

>日本の国内線の保安検査場では、100ml以上の(危険物でない)液体が没収されることはありません。

保安検査場は常に混みあうので液体が危険物かどうかの検査などしていられません。羽田ではなかったですが、国内線だけの他空港でうっかりして半分ほど残ったペットボトルをリュックのわきに入れたままベルトに載せたら、これは通せませんと没収されました。
投稿日時 - 2019-03-05 23:58:05
お礼コメント
edokkosan

お礼率 96% (241/250)

ご回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2019-03-05 23:58:15
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
ページ先頭へ