解決済み

自分ができない分野で起業

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9590885
  • 閲覧数179
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数7
  • コメント数0

お礼率 78% (56/71)

経営者の方の話とかを聞いていると、自分は経営の専門であって、自分自身ができない分野で起業されている方とかがよくいると思います。

例えば某大手フラワーチェーン店の経営者の方は自分自身は全くの畑違いでお花のことはやったことがなく、花にはビジネスとしてチャンスがあると感じて起業したようです。
素敵なパンやレストランを経営している会社の経営者の方は、初めは蕎麦屋を始めたと聞きました。
自分では蕎麦を作ったりはできないそうです。

私は自分ができることから発想していくので、そういう方達の思考にとても興味があります。
色々とアイデアを持っている人はたくさんいてもそれを実際に形にできる人は少ないですよね。
私もやりたい形は色々とあるのですが、自分自身が専門家でないことだと二の足を踏んでしまいます。

そういう方たちの手法や思考などが垣間見ることができるものって何かありますか?本でもなんでも良いです。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

ベストアンサー率 18% (28/155)

私も若い頃に同じようなこと考えていました。

ご参考までに、垣間見れるものをいくつかご紹介差し上げます。

PRESIDENT という雑誌に、経営者の体験談などが多く載ってます。毎月400円のdマガジンでも読めるので気軽に参考に出きますよ。バックナンバーも見れます。宣伝ではありません。。良記事も見かけます。

直接編集抜きで生の声を確かめたい、というのなら、ベンチャー企業主催のセミナーやスタートアップを支援する東京都のイベントなどに参加して直接話しを聞いてみてください。

特定分野の起業が既にあるのでしたら、旬な経営者などが出版していたりしますので、直接連絡してビジネスの相談をしたい、と会いに行くのも良いでしょうね。
私はこの人の話をもう少し聞きたい、という方にはメールか電話で直接アポを取りお話を伺わせていただきます。もちろん、先方にとってもメリットがないと会うことも出来ません。
お礼コメント
ajdilhjcfhis

お礼率 78% (56/71)

ありがとうございます!!!
直接お話しを聞きにいくなどもあるのですね。私にはまだ先方にメリットを与えられるようなものはないので、セミナーやイベントなどに参加してみたいと思いました。
本文に書いた経営者の方の記事などはよく読んでいるのですが、実際どうやって始めたんだろう?などといつも感じています。
自分でもやりたいことがあって、自分の専門の分野がベースになっていますが、そこに自分が未経験の分野のことを合わせてやりたいという思いがあります。
でも実際に自分がそれを始めようと思うと結構細かなことで、どうやってそれをできる信頼できる人を探したらいいんだろう?とか、例えば飲食店のオーナーで自分が料理ができない人だと、メインの料理の開発が自分自身でできないとかってどうやって始めるのだろう?とか細かな疑問がたくさん湧いてきます。
プレジデントもチェックしていきたいと思います!
投稿日時 - 2019-02-24 11:49:47

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.6

ベストアンサー率 29% (5199/17710)

他カテゴリのカテゴリマスター
>そういう方たちの手法や思考などが垣間見ることができるものって何かありますか?

正直、そんなにないんじゃないかなと思います。経営者の気持ちというのはなってみないと分からないものですからね。
独立起業した人のほとんどが、友達は同じ自営業者になるんですよ。雇われで働く人たちと話が合わなくなるからです。「ウチの社長は売上、売上とうるせえんだよ」というグチを聞いても「それはお前が会社に利益をもたらしていないからだ」となってしまうのです。

時々セミナーでそういうのを公開している人もいますが、ほとんどは時代遅れになったものです。だって、それでバンバン起業されたらライバルが増えることになります。パイ(市場)そのものが縮小する時代において後から起業されるやつは単なる邪魔者です。
これは売れてる芸人が、後輩芸人に伸びてきてもらっちゃ困るのと同じです。後輩芸人が誰かブレイクすれば、自分のポジションが奪われるかもしれないからです。そしたら「こう振舞えばテレビの仕事が増えるぞ」なんてことは教えるはずがないですよね。
時代遅れになったノウハウを売って、それでメシを食っているのです。ブラックジョークで成功するノウハウを教えますという商材があったからそれを買ったら、ファイルに入った紙に「成功するノウハウを教えますという触れ込みでバカから金を集めろ」と書いてあった、なんてのがあります。

異業種に手を出すのは、本業が何らかの形で不振に陥ったときに会社が倒産しないためです。例えばライザップがやたらと異業種を買いまくったのは、ダイエットやトレーニングは流行りものだからいずれ廃って客足が落ちるから、服屋(ジーンズメイト)や飲食業をやっていればそっちの利益が期待できるからです。
しかし経営ではノウハウがあるとはいえ、異業種となるとその道では素人になるわけですから、むしろ失敗することのほうが多いのが現実です。ライザップもやたらと異業種を買いまくりましたが、売りに出ている会社というのははっきりいやあそんなに儲かってない会社です。ポンコツみたいな会社ばっかりを集めても文字通りの寄せ集めに過ぎず、おまけにその業界のノウハウがないですから会社を立て直すこともできず、かえって首を絞めてしまっているのが現状です。先日は経営立て直しのプロの人を雇いましたが、ほんの数ヵ月で逃げられてしまいました。「立て直せない」と判断されたからでしょう。

>色々とアイデアを持っている人はたくさんいてもそれを実際に形にできる人は少ないですよね。

ありがちなんですけれど、実はそのアイデアは誰かが既に思いついていて、失敗していたってことが多いのです。自分が思いつきそうなアイデアって、大抵誰かが思いついているのです。
芸人さんもね、よく「新しい笑いを作ろう」として失敗するんですって。なぜ失敗するかというと、新しい笑いというのはみんな(新しいから)理解できないからです。理解できないので、ウケない。コウメ太夫さんなんかがそうなんですよ。あれは本人がどこまで計算しているか分からないけれど、お笑いのセオリーというかお約束を根底からぶち壊しているんです。だから、同業の芸人は笑うんです。セオリーを知っているからそれをどこまでも無視するのでね。でも一般の人はセオリーに則っていないので、面白くなくて笑えないのです。で、結果、コウメ太夫さんて最近はほとんど見かけないでしょ。
それで彼が忘れ去られた頃にまた誰かが「お笑いのセオリーをぶち壊そう。誰もやっていないから」といってやり始めるのですが、それはもう誰かがかつてやって失敗していることなのです。起業もこういうことってすごく多いんですよ。大抵やってから気づくんです。「あっ、こういう商売がなかったのは、ビジネスとして成立しないからだ」って。
お礼コメント
ajdilhjcfhis

お礼率 78% (56/71)

なんでこうやってもいない人が書き込んでくるのでしょう。。
時代遅れの人の話なんか聞きに行くつもりもないし、新しいことは誰かがやっていて失敗していることとか、新しいことなんてひと言も書いてないし、質問に答えるのではなく、ただ言いたいだけの意見を書き込む人が本当に多い。。。みんな知ってるようなことを語って気持ちよくなっちゃうのでしょうね。
知らないなら書き込まなければいいのに。
投稿日時 - 2019-02-24 22:48:22
  • 回答No.5

ベストアンサー率 25% (1295/5083)

ビルゲィツ氏はご存知の様にMSの創業者の一人です。
OS、ソフトの技術者では無いです。
ソフトウエア会社を乗っ取って自社のソフトとして販売
販売手法をIBMから学び大手ソフト会社として成功しています。
経営者としては賞賛されてますが、実際の商品は大した物では無いです。

こういう話が経営者向けの情報として登場してます。
お礼コメント
ajdilhjcfhis

お礼率 78% (56/71)

本当にここのQ&Aは質問には答えるのではなく、自分の言いたいことを言うだけの方が多いのですよね。。
この質問に対してビルゲイツのこの本を読んでみたらのかならわかるのですが。。。
投稿日時 - 2019-02-24 15:03:22
  • 回答No.4

ベストアンサー率 18% (28/155)

僭越ながら申し上げますと、経営者だけでなく、現場の担当者であっても、今できることをサプライする、というのはあくまで手段なので、お客様に価値を見出してもらえるようなサービスを提供し、それに依存してもらうことかが肝要と思います。もちろん何をするにも専門家がいないと成り立ちませんが、成功するにはやはり独自性がないといけません。お客さんの声をきちんと聞いて、これならいける、という感覚感度があれば、専門性は後から身につくと思います。誰かが手伝ってくれます。社会貢献にしても、貴方が始めるとその想いに共感してくれる方がいれば集まりますしビジネスとしても成り立つかと。社会が必要としている、ということになりますからね。俺はこうしたい、私ならこうできる、というのも大事ですが、社会のトレンドを掴み皆の共感を得ないことには継続できませんし、儲けにはつながらないかと思います。ビジネスは独りよがりではいけないかと思います。三方皆よし、のマインドですね。
問題意識を持って生活していると、なんでこうなっているんだろう、こうすればもっと便利になるのに、が自然とたくさん見つかるかと思います。考え方、というか、世の中を良くしたい、という渇望感があるとやり抜けるのかと思います。
お礼コメント
ajdilhjcfhis

お礼率 78% (56/71)

うーん、ちょっと私が知りたいこととは違います。すみません。
こちらで私の知りたいこと自体の質問すると、やはりこのように具体的ではなく、後から身につくと思うとかふわっととした意見になってしまうことが多いので、それよりも実際にやった方の話が知りたいと思い、そういう見聞きできる機会があればと思い質問しました。
投稿日時 - 2019-02-24 13:19:39
  • 回答No.2

ベストアンサー率 27% (1406/5201)

 マーケッティングの問題でしょうね。市場が大きなマーケットで起業しないと失敗が大きいからだと思います。

 たとえば、市場が狭まるばかりの出版界で起業しても、破綻は眼に見えています。本屋も出版社も採算外の市場になっているからです。プラモデルも同じで、アニメオタクしか買わないフィギュアぐらいしか市場マーケットがありません。アニメ市場も同じで、10年後には衰退して無くなっている市場が多いのが現実です。

 花屋や食品関係は無くならない市場ですから、無難なマーケットなのでしょうね。市場が永続する産業を選択しないと倒産の憂き目に遭うのは自明の理でしょう。

 情報革命が原因で市場を失いつつある産業は起業すべきではないでしょう。少子化で玩具やプラモデルは衰退するばかりですし、テレビ離れでアニメも斜陽です。インターネットと競合する産業は起業しても生き残っていけないでしょうね。
お礼コメント
ajdilhjcfhis

お礼率 78% (56/71)

ごめんなさい。私の質問に対するご回答でしたでしょうか?
そういう経営者の方の思考や手法が垣間見れるものがあれば教えてほしいというのが私の質問だったのですが、どんな分野で起業するかというご回答のようです。
投稿日時 - 2019-02-23 23:13:41
  • 回答No.1

ベストアンサー率 14% (227/1579)

> 私は自分ができることから発想していくので、そういう方達の思考にとても興味があります。

そう言った経営者というのは、自分ができることが「経営」なので、考え方としては質問者様と同じだと思いますよ。彼らにとっては、どんな業種でも、そこに専門のスタッフを置くことで解決できる問題なのです。
お礼コメント
ajdilhjcfhis

お礼率 78% (56/71)

そうですね。
それであればそういう方たちの手法を垣間見れるものがあれば見てみたいです。
投稿日時 - 2019-02-23 22:44:25
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ