締切済み

ダクトサイズ選定について質問です(添付有り)

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9590066
  • 閲覧数197
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 100% (1/1)

beforeは現在の配置で
afterは1Pa/mでダクトサイズを修正してみました。

afterのダクトサイズは問題有りませんか?
またbeforeの場合はどんな問題がありますでしょうか?

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 60% (174/287)

[技術者向] 製造業・ものづくり カテゴリマスター
afterは、単位長あたりの圧力損失が低い水準で平準化されているので、設計的に望ましい方向であることは間違いないと思います。添付図には、ダクトの亘長が記載されていないので、末端の圧力(流量)を確保するために必要な送端側の圧力が不明なように思います。定性的ですが、ダクトの亘長が短い場合は、befor/afterの差異は小さく、亘長が長くなるほどafterの方が優位でしょう。改修した方がいいかの判断は、afterの方が送風機の消費電力を節約できるので、ダクトの改修費を電力費の節約によって何年でペイバックできるかを計算すればいいと思います。
お礼コメント
00zoffy00

お礼率 100% (1/1)

ohkawa3様
お世話になっております。
ご回答とてもありがとうございます。
勉強になりました。

ちなみにまたご質問ですが、
現在ダクトは排気ダクトとしてファンから単点部170CMHまで長さが20mです。
「送端側の圧力が不明」って回答させていただきましたが、
この場合末端までの圧力を確保するためどんな計算式が適用されますか?

また「ダクトの亘長が短い場合は、befor/afterの差異は小さく、」この文章で
ファンの必要圧力が満足することであれば
beforeの方もスムーズに排気可能でことでしょうか?

afterの場合は枝管が行くたびに速度や静圧が段階的に減るような形でございますが、
beforeの場合は速度も静圧もバラバラです、、

beforeの方はどんな方法でサイズが決められたのか全然わかりません。
お忙しいところ恐縮ですがもう一度回答御願い致します。
投稿日時 - 2019-02-25 13:39:17
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集

ピックアップ

ページ先頭へ