• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

金属加工

板厚12mm 長さ290mm 幅50mmに平行度0.02を加工するのと 板厚12mm長さ290mm 幅50mmにφ40穴を深さ2mmで4ヵ所掘り込み 各々平行度0.02を出すのはどちらが大変でコストが掛かりますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 金属
  • 回答数1
  • 閲覧数397
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

どちらもマシニングで単価は変わらない 難しさも変わらない 穴の方が工具数が多いので高いかな?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • チタン加工

    チタンにφ1.5mm L=200250mmの貫通穴加工は可能でしょうか。 材料は外形丸で、板厚34mm位のものです。 不可の場合、MIN.穴系、板厚、L寸などご教示願いたいのですが。

  • リーマ加工

    精密板金工場の者です。 SUS430・板厚2.0mmにH8規格の長穴を加工する場合、NCTでプレス加工をしていますが、お客様からの要望で長穴の長さが試作の度変わり苦戦しております。 現在、φ12×L16の型を所有しており、その型を使いL18~20を加工しています。仕上げはヤスリにてH8規格を出しています。 何か良い方法はありませんか。 板厚が1.5mmのケースもあります。 よろしくお願いします。

  • 肩削りの深い加工

     ワーク材質が S50c で 620mm×840mm 板厚190mm です。 840方向に幅35mm  深さ145mm の肩削りを両端に加工します。マシニングは門型です。最初はワークを立てて、バイス (つかむ深さが45mm 幅50mm )を3~4個使って フルバックで加工しようと思っていましたが反対 側を加工する時ちょっと危険(たおれそう)と思い、立てずに4か所クランプしてФ40のラフィングでピッチ8mm で加工してみました。条件 S120 F60 です。案の定 ワークが動いてしまいました。  このような加工をされている方、アドバイスおねがいします。 理想の方法と、今回 新しい工具を購入する時間がなさそうなので上記2つの加工方法どちらがいいか、どちらも どちらもダメなのかも回答 おねがいします。

  • プレス加工で、材質が変更になって困っています。

    SUS301 3/4H板厚1mmから、1.2mmのフルハードに変更になり、パンチ等が、破損しやすくなりました。板厚を0.3mm面押しパンチもかけやすいです。どのような対策が、一番良いのでしょうか? パンチの刃先をシャ加工したり、いろいろ対策したのですが、厚板パンチのつばが 飛んだり、小判穴の径が0.1ほど小さくなったりトラブル続きです。 HAPを使おうかと思いますが、コストがかかるし、はたしてそれで、うまくいく 保証はありません。何か良いアイディアがあれば教えてください。

  • ロールフォーミング加工のコストについて

    どなたかご存じの方がいらっしゃったら教えてください。 現在、ロールフォーミング加工の加工費について調査しています。 素材はt1.6mmの普通鋼です。 製品サイズは、幅180mm×全長1,000~3,000mm 形状は、60×60×60の「コ」の字に曲げるだけです。(直角×2) 十数カ所に穴があります。 全長、穴数、穴位置違いが10種類ほどあります。 月に総量で5000本ぐらい流動します。 通常の板金加工の場合のコストは算出できるのですが、ロールフォーミングの場合、どのようにコストを算出するのでしょうか。 ロールの初期費用等、全く見当がつきません・・・ よろしくお願いします。

  • ワイヤー放電加工機タイコ

    加工板厚200mmで途中20mm前後の溝が何カ所かあり実質の加工板厚は70mmですが、SVを調整してもタイコがなおりません。何か良いお知恵はありませんでしょうか。

  • 製缶加工品の平行度について

    お世話になります。 今、外径φ4100mm・長さ4000mm板厚9mmの円筒両端に 高さ75・厚み16mmのフランジが付いた部品を設計しています。 現在長さ寸法4000±2mmの公差が付いているのですが、 ここに幾何公差として両端フランジ間の平行度2mmを 追加するようにとの指示を受けました。 そこで平行度について調べてみたのですが、参考書等を見ても 機械加工品で平行度0.3とかそのような場合の記述しか見当たりませんでした。 今回のような製缶加工品での平行度の指示というのは 一般的に行われているものでしょうか? 現在の長さ寸法の公差のみの場合と比べて、製作や寸法測定の容易さ等 大きく変わるものでしょうか? 以上の点アドバイスいただければ幸いです。よろしくお願いします。

  • A5052の深座ぐり加工

    A5052の深座ぐり加工で時間短縮を考えております。 板厚132mmにおいて、φ11キリ貫通φ17座 深90です。 現在、1穴に約10分程かかっております。(センタースルー機能なしです。) 加工方法としては、2mmのステップでφ11ドリルを深60mmまでF200 で加工し、その後ロングドリルで1mmのステップでF150で132mm 貫通させております。φ17座ぐりはロングエンドミルで1mmのステップで F60で加工しております。 ワークの全長・幅が200mm以下なので、逆から加工する2工程での加工も考えております。 工具の種類・加工方法は問いませんのでアドバイスよろしくお願い致します。 (できればセンタースルー機能付き・付いていないの2パターンでの加工方法をお願いいたします。)

  • どの程度位置度公差が加工出来ますか?

    Φ252の円盤形状(板厚3.5)にPCD200で数箇所穴あけします。 相手は、.190のメネジで位置度Φ.005インチのマルM付きです。 円盤側の穴は皿穴で、規定により孔径はΦ4.22~4.39です。相手側との関係より位置度はΦ0.05mmとなると思います。 この時に、この位置度は一般的に加工上できますか、また位置度は特殊な加工技術は除外とし一般的にどの程度まで加工可能なのでしょうか教えて頂きたいと思います。

  • インサーキットテスターのピンボード加工について

    ポリカーボネート 板厚10mm に φ1.68±0.005 円筒度0.002 貫通穴 の加工ですが、下穴ドリル+リーマ で今一うまく精度出ません。 ドリル加工条件、ツーリングアドバイス 願います。