• 締切済み
  • 暇なときにでも

選挙で多く得票すると、どうしてお金が戻ってくるの?

日本の公職選挙には、供託なる制度があります。国会議員だと、300万円をどっかに支払って、それなりに得票すれば戻ってくるのだとか。これに加え、ポスター代や街宣車代、はがき代、ビラ印刷代も、それなりに得票すれば、立候補者の自己負担から税負担になるようです。 つまり、得票が法定値に比べてどうかで、本人の負担が1千万円くらい変わってくるようです。 さて、質問ですが、どうして得票が法定値に達すれば、お金が戻ってくるのでしょう?ポスター代も、プリントにコストがかかっているのだから、立候補者が自腹を切るのが道理なのかと。ポスタープリントに自腹を切るのが嫌なら、自力で版画を掘って押印しろや。 大学入試で、成績が良かったら受験料が戻ってきますか?受験にはコストがかかるのだから、それは受験者の自己負担なんだよ。まー、成績が良かったらコストダウンになるのならば、受験料を戻すようにもなるのかもしれんが。 供託制度の目的は、「当選を争う意思のない人が売名などの理由で無責任に立候補することを防ぐためのもの」なのは知ってるよ。じゃー、得票が多くても、全員没収でしょ。政見放送とか、選挙公報とか、公示登録とか、警備とか、色々金かかっているでしょ。それは立候補者が負担しろや。 さすがに300万円もかかれば、売名などの理由で無責任に立候補するヤツは出て来ないかと。売名したければ、ユーチューバーとかになった方が安上がりで良いかと。 国会議員選挙は得票で返還対象になる、大学入試は全員没収。なぜ?違いは何? いっそのこと、選挙で落選したら死刑にするのはドーかな?「命がけの選挙戦」とよく聞きますが、命がけってそういうことじゃん。それくらいのことすれば、覚悟決めて気合入った本物の政治家が立候補してくるよ。生半可な覚悟で立候補するようなヤツは、殺してしまえば良いんだよ。(これは冗談だけど、1千万円が飛んだら痛いよ。殺してくれると楽になるとか思っちゃうよ。)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 政治
  • 回答数2
  • 閲覧数123
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.2

供託金は、遊びで立候補する人を出さないためにある制度です。 多額の金を一時預けるにしても、何もなしで選挙すればアホが乱立して選挙区で100人以上候補者が出ますよ。 それを防ぐために多額の金を預け、一定数の得票を得れば返還させるのです。 それとポスターなどの費用は、党公認なら党が支払いますから。 供託金というリスクを設け、ちゃんとした政策を訴えられるようにしています。 ま、中には当選しようともせず、思いをぶつける候補者もいますけど。 大学などの入試費用は、単なる事務手数料ですから選挙と比べることはできませんよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>アホが乱立して選挙区で100人以上候補者が出ますよ。  ↑ 誰もが平等に被選挙権があるし、別に良いと思うけど。何か問題でしょうか?

  • 回答No.1
noname#235274
noname#235274

供託金が返金されますが、ポスター代や街宣車代、はがき代、ビラ印刷代が返ってくるなんて聞いた事がありません。 で、なぜ供託金が返されるかって言われても、供託金の目的が本来の目標からかけ離れた立候補を防止する為であって、国の収入にするためではないからです。 なので、各得票数が一定値に達すれば、目的を果たしたと捉えるからとしか言えないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>ポスター代や街宣車代、はがき代、ビラ印刷代が返ってくるなんて聞いた事がありません。 https://www.city.saitama.jp/006/009/004/p060471.html  ↑ ここに書いてあるよ。「公費負担について」っていうトピックを見てね。 >国の収入にするためではない   ↑ そりゃそーだろうけど、政見放送とかコストがかかるんだから、立候補者全員に負担させろや。まー、タダで政見放送が出来るのなら良いけど。だけど、タダで済むなら、本来の目標からかけ離れた立候補が出て来ても良いんだよ。

関連するQ&A

  • 公職選挙の供託制度を廃止するにはドーすりゃ良い?

    供託制度ってあるじゃん。特定の受付期間に、法務局なるところに300万円くらい支払うやつです。これは、供託物没収点なる票数があって、その前後で300万円が没収か返還かが変わるんだよね。 あと、ポスター作成費とか、街宣車レンタルもとかも、供託物没収点の前後で自腹か公費負担かが変わるんだよね。トータルで考えると、結果で1千万円くらいの損得になるでしょうか。 公職選挙法にそう書いてあるのですが、悪法だと私は思うので、改正したいです。ドーすれば良いですか? 国会議員になって、議会で発言し、承認を得るような流れですかね?だとすると、悪法に従って国会議員選挙に立候補しなければいけません。 「悪法を見直したい」という政治的主張をする者が、その悪法に従って選挙に立候補するのは、ドーよ?どこか矛盾していると、私は思う。 まー、「無責任な立候補者の乱立防止」「売名目的立候補の規制」「選挙の公費支出の節約」のような建前は知ってます。でも、やってることは賭博と一緒でしょ。勝てば1千万円が戻って来る、負ければ1千万円がパー。これで、国民を幸せにするために、若い人が国会議員選挙に立候補して、一生懸命演説して、結果負けちゃうと、その若人の人生は転落だよ。この若人は、何か悪いことしたか?なぜコイツが1千万円を失って人生転落せにゃあかんねん?これが嫌なら立候補しなきゃいいだけのことですが、国民を幸せを目指して選択肢を提供しようとしてるんだから、供託制度でその意欲を遮ってるじゃん。だから、初老のオッサンばっかが立候補して、日本中に加齢臭が蔓延するんだよ。 意欲的でも、賢明な若人は立候補しない。ってことは、有権者からすれば、有望な選択肢の機会損失です。だから、選挙のときに投票所で「どいつもこいつも臭いオッサン」となって、白票を投じたくなるんだよ。 供託制度廃止、立候補料10万円で良くね?結果によらず、立候補料は没収。大学受験だって、満点合格しても受験料は没収でしょ。それと一緒だよ。それなら、もっとマシな立候補者が来て、有権者も嬉しいじゃん。 よく「選挙に行きましょう」とか聞くけど、「意欲的な人は選挙に出ましょう」なんて聞きません。立候補者が加齢臭のするオッサンばっかなら、選挙なんか行く気になれません。供託制度が若人の意欲を抑え込んでることを認めろや。公職選挙法は、日本に加齢臭をまき散らす悪法なんだよ。この悪法を作ったのは、加齢臭のする国会議員だと思う。 政治家に比べると、芸能人は若者が多いです。これは、オーディションを受けるのに高額な供託制度が無いからだと思うのだが、ドーかしら?芸能オーディションに供託制度があったら、芸能は歌舞伎とか落語とか時代劇だらけになる気がする。そんなのは嫌です。芸能オーディションに高額供託制度があったら、米津玄師は出て来ない。

  • 公職選挙に死刑点

    公職選挙には供託物没収点があるじゃん。国会議員の小選挙区だと、票が少なかったら、300万円が没収なんだよね。あと、ポスター代とか街宣車代も没収なんだよね。 だけど、この程度では甘いのでは?千票未満なら、その立候補者を死刑にすべきでは?政治をやるならば、命懸けの覚悟を決めて、選挙を戦えや。 公職選挙法を改め、千票を死刑点に定め、これに満たない場合は死刑にします。 政治家の必須条件は、自我を捨てて有権者に尽くすことだと思う。金と命に執着するようなヤツは、引っ込んでろや。だけど、今の選挙制度だと、300万円払えば国会議員選挙に出馬できるから、ときどき立候補者が乱立してきて、変な感じになります。 変な輩が遊び半分で立候補してきたら、有権者は困るでしょ。役所の選挙運営してる職員も、立候補者の数だけ事務手続きしますし。だから、千票とれなければ罪なんです。その責任の取り方、やはり、死刑なのかと。 「命懸けで選挙に出ております!」とかキレイ事を演説してるのをよく聞くけど、ムカつきません?有言実行、マジで死ねや!

  • 法定得票数に達しないと供託金が没収される理由

     立候補時に供託金を預ける必要がありますが、法定得票数に達しない場合には没収されるみたいですね  なんで没収されるのかがイマイチ理解できないんですが、どうしてでしょうか?

  • 参議院補欠選挙における法定得票・供託金没収点の基準は

    参議院神奈川選挙区補欠選挙で疑問に思ったことがあります。 参議院選挙区選挙の法定得票は、公職選挙法第95条第1項第2号本文の規定により、通常選挙における当該選挙区内の議員の定数をもつて有効投票の総数を除して得た数の6分の1以上の得票ということになっています。  参議院神奈川選挙区の定数は通常選挙では3議席ですが、今回の補欠選挙では1人しか選出されません。  もし補欠選挙で選ばれる当選者数(1人)を基準とすれば、有効投票の6分の1以上、つまり16.6666%以上の得票率を得なければ法定得票数に達したとは言えません。  しかし共産党公認の岡田政彦候補は11.18%の得票率で法定得票数に達したことになっています。  参議院の補欠選挙における法定得票数及び供託金没収点は、補欠選挙の定数が1人でも、通常選挙における定数を基準に決められるのでしょうか?  お願いいたします。

  • 衆参議院 選挙 有効投票総数 法定得票数

    衆議院選挙では、小選挙区では6分の1以上、比例代表では小選挙区での有効投票総数 の10分の1以上なければ当選できないとあります。 参議院は、選挙区で6分の1以上ですが、比例代表は特に記載がありません。 参議院の場合は、衆議院のような重複候補者がいないためと考えます。 比例代表単独候補者の場合は、衆参議院とも法定得票数に定めはないのでしょうか? つまり、供託金は没収されるが議員にはなれる事はありえるのですか? 以上、ご回答よろしくお願い致します。

  • 今回の参議院選の関係で_その1(供託金)

    立候補に当たっての供託金はいくらだったんでしょうか? で、それが没収されるかどうかという法定得票数については、どういう算出方法なんでしょうか? それと、参議院選に限らず、いろんな種類やレベルの公職選挙がありますが、 供託金などはそれぞれについて異なったりということはあるんでしょうか?

  • 選挙で無責任な立候補と立候補者の乱立を防ぐ方法

    衆議院の解散総選挙がいつなのか?って感じですが、 供託物没収点ってあるじゃん。立候補するときに、300万円を国に預けて、投開票して、票が少なかったら没収なんだよね。逆にこれが、当選したり、落選でも票が一定数に達してたら、300万円は戻って来るのだとか。 これ、ドーよ?私は廃止にした方が良いと思う。 対案ですが、 もし票が低かったら、非選挙権停止4年、その間は立候補不可。これで良くね? 「供託とは、当選を争う意志のない人が売名などのため無責任に立候補したり、候補者の乱立を防いだりするための制度です。」  ↑ 日本全国の都道府県のホームページに、こう書いてあります。まー、気持ちは分かるが、その方法が荒削りでは?この方法だと、 ・舛添要一は無責任な立候補者だが、規制できないじゃん。 ・ソイツが金持ちだったら、売名目的で無責任に立候補できちゃうじゃん。惨敗したことを理由に、ソイツから300万円を没収して満足ですか? ・当選を争う意志と責任感を持って立候補したのに、票が少なくなってしまうことがあるじゃん。当選を争う意志と責任感は、得票数に比例するんですか? 選挙で無責任な立候補と立候補者の乱立を防ぎたいのならば、単純に立候補を受け付けなければ良いんだよ。当たり前ですが、立候補させなければ、絶対に乱立しないんだよ。供託みたいな意味不明の制度で選挙を運営するから、目立ちたがり屋のギャンブラーが無責任に立候補して、乱立しちゃうんだよ。 ・無責任君:衆議院議員に立候補します。 ・選挙管理委員:キミは前回の選挙で惨敗したから、受け付けられません。お帰りください。 ・無責任君:300万円を支払うから、立候補させてよ。 ・選挙管理委員:300万円を支払ったからといって、前に惨敗したくせに、この立候補を認めちゃうと、同じ乱立になりかねない。お帰り下さい。 ・無責任君:この対応は、オレの被選挙権の侵害じゃないのか? ・選挙管理委員:この選挙に立候補したければ、前回の選挙で相応の票を勝ち取れば良かった。あるいは、前回の選挙の立候補を見送る選択肢もあった。惨敗者は有権者に見捨てられ、当時の選挙を混乱させた訳で、被選挙権を主張する資格は無い。次の選挙まで、脳みそ冷やして出直して来い負け犬が!  ↑ コレがあるべき道理じゃね?選挙に惨敗したことに伴う責任って、こういうことだと思いました。ドーかしら? 今の供託制度の本当の目的は、公的予算を増やすことじゃね?だったらツジツマが合う。売名目的の候補者が居れば、300万円を吸い取れるよね。「当選を争う意志のない人が売名などのため無責任に立候補したり、候補者の乱立を防いだりするため」って、嘘の目的なのだろうけど、とうしてこんな嘘を付くのだろう?私には、嘘を付く理由が見つからない。「公的予算を増やすことを目的とした制度」って言えば良いのに。

  • 選挙費用について

    選挙では、一定の範囲内で、費用の弁償が行われることになっていると思いますが、一定の得票数を得られなかった場合には、供託金が没収になると共に、それらの弁償は一切行われないのでしょうか? ポスター印刷代は、そのようなのですが、手伝ってくれた運動員の人件費も同様なのでしょうか?

  • 選挙の自由は、売名目的でも自由とすべきか?

    小野たいすけって居るじゃん。元熊本県副知事の衆議院議員です。 コイツは売名目的で東京都知事選挙に立候補したのですけど、これで良いのでしょうか?当選を争う気も無く、無責任な立候補でした。 案の定、コイツは落選でかつ、法務局に支払った300万円と各種選挙費用が没収となりました。まー、フザケてたってことであり、その姿勢が結果に表れたのでしょう。 やはり、責任感を持って真剣に当選を争う覚悟で立候補したら、票に結び付いているんですよね。なぜ300万円と各種選挙費用が没収になったのか?それは売名目的で立候補した自分自身の責任なんだよね。 それに比べ、舛添要一、野々村竜太郎、河井案里、木下富美子、今井絵理子は立派だよね。彼らは責任感を持って真剣に当選を争う覚悟で立候補したのですよ。だから、票に結び付いて当選で、300万円が戻って来て各種選挙費用が税負担で落とせ自己負担は無かったんだよね。政務活動費の不正、買収、無免許運転、不倫、そんなの関係ない。選挙は票が全て、票で立候補時の責任感が決まるんです。 小野は金持ちだから、余裕で売名できちゃうね。カネの力で、こんなヨコシマな奴の被選挙権を認めても良いのでしょうか?売名目的で立候補したやつには、もっと強い懲らしめが必要だと思いませんか?300万円くらいだと、小野くらいの金持ちには痛くも痒くも無い。売名目的の無責任野郎は当然のこと供託物が没収になるわけで、そんなヤツは東京都知事は愚か、東京都知事候補者にすらなる資格は無いと思うのですが、ドーかしら? 選挙の自由?それは、責任感を持って真剣に当選を争う覚悟のある人に限られると思うんですよね。選挙を売名手段として使う自由なんか認めるべきでないでしょ。そう思いませんか? 逆に言うと、舛添要一や河井案里ならば、法務局に300万円を支払う必要は無いんですよね。そんなお金が無くとも、こういう人は責任感を持って真剣に当選を争う覚悟を伴ってるのだから。得票数がその証拠です。そういう立候補ならば、有権者は歓迎します。 しかし、小野は何なんですかね?やる気無かったし。売名目的で東京都知事選挙に立候補しておいて、平然と衆議院議員をやっていいのでしょうか?

  • 町会議員選挙と村会議員選挙には供託金が無い。何故?

    もうすぐ統一地方選挙ですね。 選挙で一番大事なルールは、供託金です。選挙に立候補するからには、法務局みたいなところに供託金を支払う必要があるんです。このルールには目的があり、当選を争う意思の無い者が売名目的で無責任な立候補者をしてくるのを規制することです。 しかし、神奈川県にある寒川町議会議員選挙に立候補する場合、供託金がありません。何故ですか?まー、公職選挙法にそう書いてあるからなのは知ってますけど。 寒川町議選挙で供託金が無かったら、ポッと出の変な輩とか、中途半端なAKBみたいな小娘とかが立候補してくるのでは? こんな候補者は目障りだし、ムカつくでしょ。寒川町に住む有権者に失礼というか、バカにしているというか。立候補したら、役所職員に負担をかけているし、税負担で選挙しているという自覚に欠けているのかと。迷惑でしょ。少ない票しかとれない輩は公民権を乱用して公正な選挙を妨害していると思う。 だから、公職選挙法を見直して、町村の議員選挙に立候補するには、30万円の供託金を課すべきでは? ちょっと脱線するしますが、 ・新宿区議選の供託金は30万円 ・熊本市議選の供託金は50万円 これは何故?この差は何?直感的には、逆の方が妥当なのでは?まー、特別区と行政区の違いなのは知ってるけど。 公職選挙法で定めている供託金制度は良い制度ですか?良い法は継続し、悪い法は見直しの後に改善されますが、供託金制度はどっちかな?良いと思う?それとも、悪いと思う?