回答 受付中

タップ加工でのバリ?について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9585652
  • 閲覧数251
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1

お礼率 0% (0/1)

NC旋盤で下穴(袋穴)を開けてタップ加工をした際に、加工後の品質確認で通りネジゲージが入りきらないことがあります。
不具合品を切断して内部を確認したこところ、ねじは切れていますが、めねじ頂点近くのフランク部に軸方向のバリ?がついていました。大きいバリ?が付いていたところでネジゲージが止まっていたのでこれが原因だと思います。
この軸方向のバリ?は何故発生するのでしょうか。
タップで切削しているので径方向ならまだ分かりますが、軸方向なのが分かりません。
また、バリではなく切粉の溶着、圧着なのでしょうか?教えて下さい。

ワーク材質:suj2
タップ:スパイラル センターホール付き
M10細目 P7 ホモ処理
その他:水溶性クーラント

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 43% (71/163)

ワーク材質:suj2
タップ:スパイラル センターホール付き
M10細目 P7 ホモ処理
その他:水溶性クーラント

から、想像すると
1suj2なのでタップ寿命が短い?
2ホモ処理のみ寿命が短い?
3水溶性は何?エマルジョン?濃度は?
4タッパーは何?トルクリミッター付き?シンクロ?
以上の理由から擦れてバリ発生と推測

対策
コーティングタップにする
エマルジョンの濃度を上げる
シンクロタッピングする
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ