• 締切済み
  • 暇なときにでも

追起訴

HIROって番組で被告の殺人事件の裁判の最中に、他の殺人事件で追起訴するシーンが出てきます。こういう場合満足に捜査が済む前にあわてて他の余罪も追起訴する必要があるのでしょうか? のんびり一つの殺人事件の裁判終わってから別の事件を改めて起訴するのに何か不都合あるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数109
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.4

 3番回答者です。補足のご意見を拝見しました。 > どうも後から調整できるっぽいですよ。  ご指摘の判例の具体的意味が分からないという面もあるのですが、それはおくとして、ウィキの記載の点について異見があります。  調整すると言っても、初犯か再犯か、再犯可能性はどうかなどの人格を「情状面」で考慮する程度だと思いますよ。つまり、大して重く調整はできない、と。  別の犯罪Bのの裁判の時、すでに確定判決を得ている犯罪Aについて再度考慮して、Bの刑罰内容(懲役か禁固かなど)・量(10年か15年かなど)を決めるということは、事実上「前の犯罪A」の責任をもう一度追及するということであり、「一事不再理」という現代刑法の大原則に反することになるので、許されないと思うのですが?  だから私は、2つの犯罪を別々に裁く場合、一緒に裁いた場合ほど重い刑罰にはできない(重く処罰したいなら追起訴して一緒に裁判をするしかない)と思っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 検察が冤罪で起訴後に真犯人が現れたら

    たとえば、殺人事件が起き、警察が容疑者を逮捕し、取調べ後、検察に送検し、検察がその事件を起訴します。これはごく普通の一連の流れです。  しかし、検察が容疑者を起訴後に、真犯人が別の小さな事件で警察に捕まり、余罪を追求しているうち、その殺人事件の動かぬ証拠が出てきた場合、どうなるんでしょうか?  警察は検察に送検せざるを得なくなるでしょう。しかし、検察は起訴前なら まだ捜査のやり直しができるでしょうけど、起訴後ならどうするものなのか疑問です。検察は一度起訴したら、後戻りはできなくなり、公判で裁判官の判決が下る前に 自ら自分たちの主張を撤回して裁判を投げるとは考えにくいです。 

  • 極端な例ですが、例えば日本の最高権力者(総理大臣?)がホームレスを殺害

    極端な例ですが、例えば日本の最高権力者(総理大臣?)がホームレスを殺害した場合、その後の捜査、裁判はどうなるのでしょうか?通常通り、殺人事件として捜査し裁判になるのでしょうか?それとも、日本の総理大臣(元も含む)が殺人事件の犯人として逮捕、起訴、裁判となるのは世界に対して恥になり国益を損なう等々の理由などから何か特別な措置がなされうるのでしょうか?法律にそのような規定があるのでしょうか。 実際には起こる可能性は少ないとは思いますが、法律の世界ではどのような経過をたどるのか原則を教えて下さい。 捜査をする警察に圧力がかかるという場合もあるのでしょうか。だから誰もやりたがらないとかで、わざと迷宮入りとかの可能性があるのでしょうか?

  • 裁判では裁判官は起訴されていない事件(余罪や前科)

    裁判では裁判官は起訴されていない事件(余罪や前科)も考慮して判決を下すのでしょうか? 法律に詳しい方、回答をお願いします。

  • 回答No.3

 私はその番組を見ていませんし、私の専門は民事で刑法は授業を聴いていただけですので、さらに加えて今は自宅で六法などの資料もありませんので、うろ覚えでもあり、未確認ですが、  その犯人が犯した事件で、まだ確定判決を受けていない複数の罪を「併合罪」と言います。  併合罪に対する処罰の方法はいくつかあるのですが、日本の刑法は基本的に「加重主義」を採っています。つまり、確定判決を経ていない犯罪が複数アル場合、個々の犯罪の単独処罰よりも、加重して処罰することにしています。  あくまでも、制限(最大1.5倍まで?)内で重くするのであって、複数の犯罪の処罰を単純に「+する」のではありません。単純に+すると、「懲役253年に処す」とかの判決になりますが、日本ではそういうことはありません。  ここからちょっと自信がないのですが、理屈から言って、例えば犯罪Aを犯したとして裁判になり懲役11年の刑が言い渡されて、その直後に犯罪Bが見つかり、A罪11年の判決の1年後(懲役1年を経過)、懲役10年の判決が出たとします。  日本ではAの懲役11年が終わってからBの10年の懲役を科す(合わせて21年)という処罰はしませんので、結局犯人は11年の懲役でいい(10年は AB両方の懲役という意味になる)ことになります。  しかし、ABを併合罪として一括して裁判をやっておけば、「2つも犯罪を犯していたのか」ということで11年から加重され、15年の懲役になったりします。  これを不都合とみるか、有り難い恩恵とみるかは、立場によって異なることになりますが、検察側としては、犯罪相応に重く処罰するべく、慌てて追起訴したという影のストーリーだったんではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

wikipedia 「併合罪につき数個の裁判があったときは、その執行に当たっては、併合罪の趣旨に照らし、刑法51条ただし書のほか、同法14条の制限に従うべきものと解するのが相当」とする(平成6年9月16日東京高裁判決)。よって原則として、B罪の刑とA罪の刑が同時的併合罪とみなした場合に科されるべき刑と、B罪による確定刑とA罪の刑を併科した場合の刑が同程度になるように、A罪の刑を調整することとなる。 どうも後から調整できるっぽいですよ。 ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.2
noname#235638

HIRO側のやる気のあらわれ。 再逮捕など、面倒なことやってらんない。 今1つの殺人事件を検討をしている(裁判)。 それが終わって、次に取り掛かる。 ちょっと待ってください。 次の事件は 起訴 されないかもしれません。 再逮捕されても、全部が全部起訴される とは限りません。 なので 今は裁判中なのだから 追起訴すれば、確実に裁判で争える。 今回の事件で、しっかと処罰を求めるのだ! という HIRO側の 強い意思 のアピール。 他方 弁護士のピンチ! そんな感じ、なんですけど 違う事件での追起訴もあるし とにかくHIRO側は やる気満々、ですしそれは、やっぱ影響ありますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

次の事件は 起訴 されないかもしれません。 うーんちょっと意味がわかりません。 ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • NOMED
  • ベストアンサー率29% (337/1127)

あの事例ですと、相手がナイフを持ち出し、もみ合っているうちにナイフが刺さってしまい相手が死んでしまった・・・自己防衛のためであって、無罪を主張していたと思います つまり、連続暴行事件の犯人と立証しなければ、無罪になっていまうという事例(設定)でしたから余罪の追起訴で、連続して行われた傷害致死罪や過失致死罪で起訴しなければ、被害者がこれからもでてしまう・・・という内容だったと思います まぁ・・架空のドラマの空想世界の話ですから、これ以上の説明は難しいかと思います

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

うーんまあ確かにできの悪いドラマなのでちょっと説明つきにくいですね。 過去の犯罪のほうが照明が簡単な様子も出てきませんし。 ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 起訴と捜査についてお尋ねします。

    起訴と捜査についてお尋ねします。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8D%9C%E6%9F%BB%E6%A9%9F%E9%96%A2 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%B7%E8%A8%B4 「起訴」は裁判手続きであり、「捜査」は起訴以前の事実究明活動だと思います。 しかし、法律や、ウィキペディアの情報でも、明快な説明がありません。 国民は行政に税金を払って治安の維持をお願いまたは命令しているわけですが、 公務員たる警察組織にとって、起訴と捜査は権利なのか義務なのか、このような行政組織の入口の概念がありません。 例えば、殺人事件があって、死体も出ず、被害者家族も訴えない場合、この事件の捜査をするかどうか、警察には権利があるのでしょうか。それとも義務があるのでしょうか。義務には、当然、捜査しないことについて公開説明する義務を含みます。 また、起訴ですが、国民から訴えがあれば、それが書面であろうと口頭であろうと意思表示があり、事件の概要が認識できる状態であれば起訴または不起訴処分(後日審査を受ける)を公開すべきだと思いますが、警察の説明では、受理するかどうかは、警察の、あるいは警察官個人の裁量でどうにでもなる。と言います。 一体、この国の犯罪取り締まりはどうなっているのでしょうか。 質問1. 「起訴」や「捜査」は警察組織の権利ですか、義務ですか。それとも、法律上何の解釈もないのですか。 質問2. 事件の告知があった場合、警察には捜査の義務(不捜査の説明の開示)があると思いますが、法律上どのように解釈すればいいのですか。 質問3. 事件の告知の処理は現場の警察官に全権が委任してあり、その警察官がした処理に県警本部などの上部組織は責任を持たないと回答します。このような組織は文化的人間の組織とは言えないと思いますが、どうでしょうか。 質問4. 「納税者は警察に義務を負うことはない。法律を守ることは国民相互の義務であり、警察に対する義務ではない。なぜなら、私は生れてから警察に義務を契約(意志表示)したことがない。法律や憲法の権利者が警察や公務員と明記した憲法・法律がない。警察が権利を有するのは、犯罪が発生した時であり、それも納税者に対する義務の範囲の中での権利にすぎない。」と、考えます。この考え方は正しいですか。

  • 時効前の再捜査について

    たまにニュース等で殺人事件の公訴時効が迫ると警察が再度捜査員を導入して捜査にあたっているのを見ますが、殺人事件以外のケースでそういった再捜査が行われるニュースは耳にしたことがありません。 こういった時効前の再捜査というのは殺人などの凶悪犯罪のみ行われるのでしょうか?

  • 起訴されてから…

    11月11日に起訴された友人は、まだ警察署の留置場にいます。 起訴されると、拘置所に移されると他の方の質問などから知りました。 裁判は恐らく、12月下旬か年明けとの事なんですが、弁護士さんが言うには、「たぶんこのまま、警察署にいると思う」との事でした。 まだ1ヶ月以上あるのに、移送されないというケースはあるのでしょうか? 今のところ、余罪もないようで、逮捕された件(覚せい剤使用)だけのようなのですが… (1)移送されない事もあるのか? それは、どのような場合が考えられるのか? (2)留置場と拘置所、どちらの方が、少しでもマシなのか? (3)留置(拘置?)されている間に、気を病んでしまった場合、どのような対応をしてもらえるのか? わかる方がいましたら教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • 角田美代子被告の今後は・・・。

    尼崎大量殺人事件で昨年、逮捕、起訴された角田美代子被告 今回の新たな事件で様々な関与が取り上げられてますが、この 一連の関与について起訴された場合、裁判は起訴された一件 毎に裁判されるのでしょうか?それとも一括審理にするのでしょうか? オウム真理教の麻原と同じような感じですがどうなるでしょうか?

  • 被害者1人の殺人事件で死刑になった被告はいますか?

    04年に小1女児を殺害した容疑で現在、起訴されている 小林薫被告に、裁判で検察側は死刑を求刑しました。 日本の法律は失われた人命を嘆くよりも、凶悪犯でも最大限に更正を望むという、私に言わせれば、たかだか、一人殺したぐらいじゃ、死刑には絶対にならない、というイメージがあります。 おそらく、判決では、どうせ無期懲役が言い渡されることと思うのですが、過去に、被害者が1人の殺人事件で、死刑になった被告はいるのでしょうか?

  • 最高裁で証拠不十分で無罪になったあと決定的証拠が見つかった場合

    たとえば殺人事件で、最高裁判所で証拠不十分で無罪が確定し、裁判が終わった後に、被告が犯人だったことを示すゆるぎない証拠が見つかった場合どうなるのでしょう。 それでも無罪なのですか?

  • 起訴前の精神鑑定と裁判を受ける権利について

    法律には無学な者が質問させていただきます。法律用語などで誤りがありましたらお許しいただくとともに、ご指摘ください。 たまに新聞報道やテレビニュースで、猟奇的な殺人事件が起こり犯人が逮捕・送検された時に、検察庁が起訴する前に責任能力の有無を確認するために「簡易精神鑑定」をする場合があります。結果、責任能力ありと判断されると起訴します。責任能力なしと判断されると起訴しません。 法律で心神喪失の場合は、刑罰が与えられないと規定されているからだ、と聞きました。裁判をして、その結果、心神喪失が認められたなら納得もいきますし、納得できなければ控訴や上告ができます。 憲法32条では「何人も、裁判所において裁判を受ける権利を奪われない」と規定されています。「心神喪失=精神病=病人」と乱暴な解釈ですが、このような考え方が成立するように思います。 微罪で起訴されず裁判を受けないのと、殺人という重罪で裁判を受けないのでは、法律的に問題があるように思います。「病人だから裁判を受けなくてもいい」となると憲法違反にはならないのでしょうか。 読みずらい文章で申し訳ありません。 法律にお詳しい方からの回答をお待ちしております。

  • 殺人事件などの鑑識捜査について。

    殺人事件などの鑑識捜査について。 ドラマで自宅での殺害現場のシーンを観ててふと思ったのですが… 真夏の炎天下や蒸し暑い時の捜査で家のエアコンとかって付けたらダメなんですか? そうとう暑い蒸し風呂状態ですよね!

  • 殺人事件を起こした被告人への求刑

    検事のシナリオを書いています。 殺人事件を起こした被告人への求刑はどういった求刑になるでしょうか。 以下のような殺人事件とします。 自分の彼女を絞殺で殺した。 理由は不明。 すみません、助けていただけるとうれしいです。 よろしくお願いします。

  • 京都府舞鶴15歳殺人事件容疑者

    京都府舞鶴15歳殺人事件容疑者の家宅捜査が「弁護士立会い」で行なっていますね。 そこで、司法に詳しい方にお尋ねしたいのですが。 容疑者は無職でありながら、何故弁護士を二人も雇う事が出来るのでしようか? 国選弁護人は、憲法で保障された権利で、起訴された時点で国選弁護人を依頼する事ができますよね。まだ、起訴していない段階ですから、容疑者からの依頼だと思うのですが・・・。 弁護費用は、どこから出ているのでしようか? 生活保護を受けていても、毎日スナックで飲んでいたようですから、何かの組織から資金援助があるのでしようか? 容疑者は、過去に殺人傷害事件で実刑(懲役14年)を受けています。 二人死亡で一人重症だったと思いますが、当時の裁判(状況)を見ても、非常に(この容疑者の場合)刑罰が軽いようです。 何故、彼の場合刑罰が軽かったのでしようか? 山口県光市母子殺人事件の弁護団が主張したように「ドラえもんに命令されて殺した」という理論が裁判で通じた? 非常に疑問に思っています。