• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

罪と罰

政治家の違法行為はほとんどが罪と罰を受けないのは、間違いが多すぎる

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数62
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • maiko04
  • ベストアンサー率17% (328/1839)

自分たちに都合の悪い法律は作らない。 法律の抜け穴をよく知っていてそれで免れている。 「悪いやつなんだが裁く法律がない」という言葉もあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 罪と罰について

    「罪と罰」という小説を読みました。しかし、文章が難しくなかなか理解するにいたりませんでした。そこで、手塚治虫氏のかいた、漫画の「罪と罰」も読みました。そこで思いました。これなら私にもすじが理解できると。 しかし、この、手塚治虫氏の「罪と罰」はドストエフスキーの「罪と罰」をわかりやすく、内容を要約して書かれているものと解釈してよいものなのでしょうか?教えてください。

  • 罪と罰

    ドストエフスキーの「罪と罰」を読みました。感想なんですが・・・難しい(^^;) 大体のストーリーは把握できましたが、なにか物語を通して作者が訴えたかったこと、精神、思想のようなものが「あるような気がする」のですがわかりませんでした。 「罪と罰」を読んだみなさんで感想、解説なんでもいいので教えてください!また、「罪と罰」のどのようなところが評価されているのかといったところも知りたいです。よろしくお願いします!

  • 「記憶にございません!」と言う政治家って?

    よく政治家の不正・違法行為等が問題になった時、本人の反論として「記憶にない」とか「覚えていない」とか常識では考えられない主張をしますが、これって「自分は記憶力が乏しいです」と自らの政治家としての資質の無さを自ら暴露しているようなものではないのでしょうか? それなのにこう言わなければならない理由でもあるんでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

日本は法治国家です。法治国家の原則は罪刑法定主義です。意味するところは「法律に違法と規定されていないことは犯罪ではない」と言うことです。罰せられないのは違法行為ではないからです。その好例が森友加計です。マスコミや野党が、大阪地検まで抱き込んで2年がかりで追求しましたが、とうとう違法行為(刑事罰が課される犯罪行為)は何一つ見つかりませんでした。忖度を攻撃しましたが、忖度は違法行為ではありません。間違っているのは法律ではなく、国民の根拠のない思い込みのほうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 『罪と罰』

     ドストエフスキーの『罪と罰』ってどんな内容ですか?? あと、面白い本教えてください。←どんなのでもいいです。。

  • 罪と罰について

    ドストエフスキーの小説、「罪と罰」についてなんですが、原題の「Преступление и наказание」って日本語でどう読むんでしょうか? どなたか教えてください。 お願いします。

  • 橋下さんは事実に反することを言ってますか?

    私は、橋下さんは政治家としては役立たずだと思っています。 しかしながら、今回一部の人々がバッシングしているようには、 問題発言をしたと思えません。 何か事実に反することを言ったのでしょうか? 違法行為を行ったのでしょうか? 単に、正直なだけであり、今まで事実から目をそむけてきた ことを、指摘して何が悪いのでしょうか?

  • 罪と罰

    ドストエフスキーの「罪と罰」を読もうと思っています。読む前に何か必要な予備知識はありますか?ロシア文学でもあり、例えば当時のロシアの文化とか経済状況など、何か理解する上で必要になりそうなことがありましたら教えてください。

  • 『罪と罰』の訳はどちらが読みやすいでしょうか?

    「罪と罰』は岩波文庫の江川卓訳と、新潮文庫の工藤精一郎訳があるみたいですが、どちらのほうが読みやすいでしょうか? 分量的には工藤訳のほうが少なくて読みやすいようですが、工藤訳は硬くて読みづらいと言っている人もいるようです。 自分で数ページ読んでみたところ、そんなに違いはなさそうでしたが、 実際のところ読みやすいと言ったらどちらでしょうか? 回答お願いします。

  • ドストエフスキーの「罪と罰」

    ドストエフスキーの「罪と罰」の中で語られている「罪」とは何なのですか?また「罰」とは何なのでしょうか?どなたか詳しく教えてください。おねがいします。

  • 罪と罰

    ドストエフスキーの罪と罰という文庫を買う予定です。 しかし、訳が 新潮文庫の 工藤 精一郎 岩波文庫の 江川 卓 の2つあってどちらがいいか、わかりません。 アマゾンでレビューを読んでみたのですが どちらにも、工藤さんがいい、江川さんがいいと 書かれていて、どちらを信じたらいいか分かりませんでした。 ネタバレも多かったので、あんまり見れませんでした 呼んだことがある人は どちらがおすすめか、教えてください。 よろしくおねがいします(・∀・)

  • ドストエフスキー「罪と罰」

    罪と罰に出てくるルーブリ・コペイカって 日本円にするとどれくらいの価値なんでしょうか? 当時の価値でも、現在に換算した価値でもいいので 教えてください。

  • ドストエフスキーの「罪と罰」

    ドストエフスキーの「罪と罰」 ラスコーリニコフはどんな家に住んでいたんですか? 読んでみたんですけど、いまいちイメージが湧かないので、広さや見た目など、詳しく教えてください。 また、ラスコーリニコフの考え方がよく現れていると思う名言は何ですか? 好きな発言でもいいです。 教えてください。

  • 太宰治がいった、罪と罰は対義語ではないか?

    以下は『人間失格』での一節なのですが、 もしもドスト氏が、罪と罰をシノニムと考えず、アントニムとして置き並べたものとしたら?罪と罰、絶対に相通ぜざるもの、氷炭相容れざるもの。罪と罰をアントとして考えてたドストの青みどろ、腐った池、乱麻の奥底の、……ああ、わかりかけた、いや、まだ → その後、主人公の絶望シーンへ。シノニム(同義)←→アント。 僕は「罪と罰」は、普通に同義語だと思ってたのですが。だって罪のないところに罰は、在ってはならない。在るとすれば、それは間違った罰、つまり冤罪になる。濡れ衣。 確かに罪は、犯罪者に利益をもたらす。 一方、罰は、犯罪者に損害をもたらす。    けどその損益は対応してる。お互いが当然の報いでつながる。 無罪の人が受ける「罰」は、存在しない。 無罪の人が受ける、損害は、ただの事故だと思う。    そして損害という事実を、「罰」と呼ぶか「事故」と呼ぶかは、 人間の主観に過ぎない。    で要するに、罪と罰は、普通の主観上、互いに対応する、兄弟みたいな同義語じゃないですか。 太宰治が、「わかりかけた」仮説?罪と罰の対義語説?ってどんな可能性がありうるのでしょう?ただの悲劇の主人公の言い逃れ? 自分は罪を犯してきたのに、まだ罰を受けていない? 自分は罪を犯してないのに、なぜ罰を受けるんだ! 絶対に相通ぜざるもの、ドストの青みどろ…って? 僕は「罪と罰」も「人間失格」も両方読みましたが、どんな解釈ができるのでしょう?長く考えてみたいので、締め切りも遅めにします。ご協力ねがう。