• 締切
  • 困ってます

空間ベクトルと線形独立の条件?

  • 質問No.9583332
  • 閲覧数197
  • ありがとう数2
  • 回答数6

お礼率 94% (486/515)

ベクトルの成分の条件がわからないので質問します。
uべクトルを→uと書きます。また内積の記号は・を使います。お願いします。
xyz空間の点Pを通り、2つの空間ベクトル→u,→vに直交する直線を求めよ。
解答、P(a_1,a_2,a_3)、→u(u_1,u_2,u_3)、→v(v_1,v_2,v_3)としましょう。求める直線の方向ベクトル、つまり直線と同じ向きを向いたベクトルの1つを、
→w(w_1,w_2,w_3)とおきます。すると→wと→u、→vと直交するので、
→w・→u=→w・→v=0が成り立ちます。これを成分で表すと、
w_1u_1+w_2u_2+w_3u_3=0・・・(1) w_1v_1+w_2v_2+w_3v_3=0・・・(2)ここからがわからないところです。
いまu_1v_2-u_2v_1≠0が成り立つとしましょう。これは平面ベクトルで
→u(u_1,u_2)、→v(v_1,v_2)が線形独立であるための必要十分条件なので、空間ベクトルでつかっていいとは思えません。本では、すると(1)*v_2-(2)*u_2を計算して、w_1=-(u_3v_2-u2v_3)*w_3/(u_1v_2-u_2v_1)。同様に(1)*v_1-(2)*u_1より
w_2=-(u_3v_1-u1v_3)*w_3/(u_2v_1-u_1v_2)がえられ、そこで、w_3=u_1v_2-u_2v_1とすると、
→w=(u_2v_3-u_3v_2,u_3v_1-u_1v_3,u_1v_2-u_2v_1)と方向ベクトルを求めています。
いまu_1v_2-u_2v_1≠0が成り立つとしましょう。なぜこのような条件がつけれるのか説明してください。お願いします。

回答 (全6件)

  • 回答No.6

ベストアンサー率 43% (739/1690)

ANo.4 = 訂正 への蛇足でも…。

>直交条件として「内積ゼロ」を利用した (1), (2) 式は、
> u1w1 + u2w2 = -u3w3  …(1)’
> v1w1 + v2w2 = -v3w3  …(2)’
>となる。
>「u1v2 - u2v1 = 0」だと、左辺の「係数行列式」の値がゼロだということ。
>つまり、(1)’, (2)’の解は「平面」。
     ↑
「u1v2 - u2v1 = 0」の場合、u1/v1 = u2/v2 が成立つ。
この場合には、u3/v3 が u1/v1 (= u2/v2) に等しければ、(1)’と (2)’は互いに正比例する式であり、その一方が成立てば、他方も成立つ。
(1)’が成り立つとき、つまり
 u1w1 + u2w2 = -u3w3
の場合、求めるベクトル w(w1, w2, w3) を (X, Y ,Z) と記せば、
 u1X + u2Y + u3Z = 0
が成立、これはベクトル w(w1, w2, w3) を含む平面である。

残るケース、つまり u3/v3≠u1/v1 (= u2/v2) のケースでは、(1)’, (2)’の解は存在しない。
  
  • 回答No.5

ベストアンサー率 43% (739/1690)

>u_1v_2-u_2v_1≠0が成り立つとしましょう。なぜこのような条件がつけれるのか説明してください。

引用された下記の「解」では、分母の (u1v2-u2v1) がゼロになり、結果を得られないから…でしょう。
 w1=-(u3v2-u2v3)*w3/(u1v2-u2v1)
 w2=-(u3v1-u1v3)*w3/(u2v1-u1v2)
  
  • 回答No.4

ベストアンサー率 43% (739/1690)

ANo.3 の錯誤を訂正・

直交条件として「内積ゼロ」を利用した (1), (2) 式は、
 u1w1 + u2w2 = -u3w3  …(1)’
 v1w1 + v2w2 = -v3w3  …(2)’
となる。
「u1v2 - u2v1 = 0」だと、左辺の「係数行列式」の値がゼロだということ。
つまり、(1)’, (2)’の解は「平面」。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 43% (739/1690)

>直交する平面など想像できるように、…

「ご質問だけ」からの推察で、まずは「幾何学的イメージ」のレスにとどめました。

直交条件として「内積ゼロ」を利用した (1), (2) 式は、
 u1w1 + u2w2 = -u3w3  …(1)’
 v1w1 + v2w2 = -v3w3  …(2)’
となる。
「u1v2 - u2v1≠0」という条件は、左辺の「係数行列式」の値がゼロだということ。
つまり、(1)’, (2)’の解は「平面」。

… というのが「代数的なイメージ」。
  
  • 回答No.2

ベストアンサー率 43% (739/1690)

>いま u_1v_2-u_2v_1≠0 が成り立つとしましょう。
>…
>なぜこのような条件がつけれるのか説明してください。

「ご質問だけ」から推察するに、「xyz-空間」の 2 つのベクトル u, v の x-y 平面成分 (u1, u2, 0) と (v1, v2, 0) の双方に直交する直線を求めようとしている気配、だと憶測。

… だとすれば、(u1, u2, 0) と (v1, v2, 0) が同じ方向 (u1/v1 = u2/v2) じゃ、「両ベクトルに直交する平面」しか得られない。
…ので、そのケースを排除している
…のでしょう。
  
お礼コメント
situmonn9876

お礼率 94% (486/515)

直交する平面など想像できるように、勉強したいです。
アドバイスありがとうございます。
投稿日時:2019/02/03 02:01
  • 回答No.1

ベストアンサー率 78% (444/569)

数学・算数 カテゴリマスター
(→u)(u_1,u_2,u_3)と(→v)(v_1,v_2,v_3)の
外積
(→u)×(→v)=(u_2v_3-u_3v_2,u_3v_1-u_1v_3,u_1v_2-u_2v_1)
の絶対値
|(→u)×(→v)|=√{(u_2v_3-u_3v_2)^2+(u_3v_1-u_1v_3)^2+(u_1v_2-u_2v_1)^2}

(→u)と(→v)を2辺とする平行四辺形の面積となるので

|(→u)×(→v)|=0の時
(→u)と(→v)は線形従属となり
(→u)と(→v)が線形従属の時
|(→u)×(→v)|=0となる

(→u)と(→v)が線形独立の時
|(→u)×(→v)|≠0となり
|(→u)×(→v)|≠0の時
(→u)と(→v)が線形独立となる

|(→u)×(→v)|≠0は(→u)と(→v)が線形独立であるための必要十分条件となる

(→u)と(→v)が線形独立ならば
|(→u)×(→v)|
=√{(u_2v_3-u_3v_2)^2+(u_3v_1-u_1v_3)^2+(u_1v_2-u_2v_1)^2}≠0
だから
u_2v_3-u_3v_2≠0
または
u_3v_1-u_1v_3≠0
または
u_1v_2-u_2v_1≠0
のどれかが成り立つから

u_1v_2-u_2v_1≠0が成り立つとしましょう

という条件がつけられる
お礼コメント
situmonn9876

お礼率 94% (486/515)

外積などを使って高度な説明がいるんですね。アドバイスありがとうございます。
投稿日時:2019/02/03 02:03
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ