解決済み

NP後払いに詳しい方

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9582713
  • 閲覧数81
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 86% (32/37)

後払手数料とは用紙代の事なのでしょうか。
それとも、商品代金の支払い時に発生する手数料なのでしょうか。

後払いをキャンセルしても、用紙が発行済みの場合、商品代金を支払わないにしても、発行された用紙代として手数料分全額支払わなくてはいけないのでしょうか。

詳しい方おりましたら、ご回答よろしくお願いいたします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

ベストアンサー率 67% (282/420)

 オンラインショップがネットプロテクションに支払うNP後払いの手数料には、請求書作成費用(用紙代を含む)、郵便料金、収納手数料(コンビニとかで払う場合、コンビニ運営会社が手数料を徴収)、保証料(消費者が取り込み詐欺を働いた場合のお店の損害を補填する)などが含まれています。

 オンラインショップが消費者に対して、どこまでの負担を求めるかは、そのショップの方針次第です。後払い手数料を丸々消費者に負担してもらいますというお店もあれば、一部負担してもらいますというお店もあるでしょうし、予め商品代金に織り込み済みで別途負担は求めないというお店もあるでしょう。

 ネットプロテクションズ(NP)は、請求書を発行して、送付するところまでやったら、ショップから手数料は全額とる筈です。商品が届いていることを宅配業者の追跡記録でNPは確認していますので、それ以降の返品キャンセルやクレームはショップと消費者のあいだで解決すべき問題とされ、NPは関知しません。ショップから取引キャンセルの通知があれば、それ以後の督促行為を中止するだけです。

 気をつけなければならないのは、ショップ側がNPに本件取引がキャンセルになったことを通知していないと、NPからの質問者様への支払督促はシステム的に継続され、エスカレーションが進んで、それでも無視して放置していると、少額訴訟に発展、信用業界のブラックリスト入りとなってしまうことです。その辺まで進むと、消費者(お客様)ではなく、取り込み詐欺の犯罪者とみなされます。

 NP後払いの説明(必ず読めとあるところ)を読むと、オンラインショップが消費者に商品を販売して発生する債権は、ショップからNPに譲渡されます。したがって、消費者はNPに対して債務がある(借金している)状態になっていますので、その債務を弁済する義務がショップに対してではなく、NPに対して生じています。

 だから、ショップから当該債権はキャンセルで消滅していることをNPに告知して、その債権を取り消してもらわないと、質問者様はずっとNPに対して、債務を負った状態(借金を返す義務がある状態)が継続してしまいます。

 本件は、あくまでもお買い求めになったオンラインショップと質問者様のあいだで解決すべき問題であり、手数料負担をどうするかについてはショップとご自身の交渉の結果次第となります。速やかに交渉妥結して、NPにキャンセル通知をショップから出してもらうことが肝要と思われます。
お礼コメント
ntrmcgu

お礼率 86% (32/37)

詳しい回答ありがとうございます。
本当に全額支払う必要があるのか細かな回答をショップに求めたところ、やっぱり払う必要はなくなったので無事解決しました。
便利なサービスですが、十分に気をつけて利用をしたいと思います。
投稿日時 - 2019-02-06 20:24:25

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 32% (5759/17467)

他カテゴリのカテゴリマスター
NP後払いとは、お店と、客の間に入る、代金の回収を行う会社を使った支払い方法です。

客が、お店に商品を注文した際、お店は、NP(株式会社ネットプロテクションズ)に、代金の請求代行を依頼して、代金の回収をしてもらいます。
そのおかねをお店は受け取る、という仕組みです。

なので、後払い手数料というのは、ネットプロテクションズから、客に送られる請求書の発行に関わる費用から、お金を受け取って、お店に渡すまでにかかる経費の一部もしくは全部となります。

商品をキャンセルする場合、客と店の間でキャンセルの話をして、キャンセルが決まれば、すでにネットプロテクションへ依頼してしまった請求を取り消すことになりますが、ネットプロテクションが請求書などを作成して送っているのであれば、その費用はおみせは、ネットプロテクションに払わなければなりません。
(すでに経費がかかっている訳ですので、)
なので、この費用は、キャンセルをした客の方で負担してくれと、店が客にいう可能性はあります。
(店は売れないばかりでなく、NPから請求されるお金まで損をすることになるるからです。)

なので、その手数料に対しては、キャンセルになった原因側が払うというのが妥当という話になると思いますけどね。
お礼コメント
ntrmcgu

お礼率 86% (32/37)

詳しい回答ありがとうございます!
投稿日時 - 2019-01-30 12:00:24
  • 回答No.1

ベストアンサー率 30% (662/2174)

NP後払いとは、NPという会社が代金の回収をショップの代行しており、手数料は利用したショップが決めたものです。
キャンセルは利用したショップからNPに連絡されます。
またNPは代金の回収の代行のためショップが利用を連絡した時点で払込用紙を発行しますので、実際の商品到着と異なる場合がある。
NPはNPポイントクラブに会員登録するとポイントが貯まり商品との交換ができます。
お礼コメント
ntrmcgu

お礼率 86% (32/37)

回答ありがとうございます。
結局のところ、商品を返品した場合(後払用紙は発行済み)、後払手数料は払う必要はあるのでしょうか。
それとも、返品によってNP後払に商品代金を払う必要がなくなったので、手数料は払わなくても良いのでしょうか。
どちらなのかが分かりません。
分かりづらい質問ですみません。
投稿日時 - 2019-01-30 01:05:44
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ