解決済み

マクロとミクロの境界はあるのでしょうか

  • 困ってます
  • 質問No.9579519
  • 閲覧数82
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 94% (6246/6589)

どういう領域のことでも結構ですので教えてください。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ベストアンサー率 32% (541/1684)

他カテゴリのカテゴリマスター
視点(見方)により様々な比較対象となると思います。
それぞれの概念を持つもので、境界という概念は存在しないかもしれません。

例えば、「コトバンク」(一部抜粋)では、
”通常目に映る現象をマクロと考えれば,現象を原子・分子のふるまいで記述
しようとする原子論的な立場はミクロということになる”
となっています。
簡単に言ってしまえば、裸眼で見えるものと見えないものかもしれません。
そこが境界・・・?
お礼コメント
kaitara1

お礼率 94% (6246/6589)

私も同じように、然し漠然とですが思っておりました。肉眼で見えるか見えるか見えないかにも境があるのかないのか、連続と不連続?、どうもすっきりしません。
投稿日時 - 2019-01-20 11:57:48

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 29% (1182/4012)

マクロとミクロの間にノーマルがあるから、マクロとミクロの境界は当然ない。
お礼コメント
kaitara1

お礼率 94% (6246/6589)

なるほどですね。
投稿日時 - 2019-01-20 11:53:37
  • 回答No.3

ベストアンサー率 34% (28/82)

マクロとは、「macro」と書き、読み方も「マクロ」意味は「大きな」とか「大規模な」という大きさを表す意味が本来の意味である。
マクロな視点でものを考えて~という文の時は、もう少し客観的に引いた目線で物事を考えて、大局的に考えて、という意味。

一方ミクロは「micro」と書き、英語では読み方は「マイクロ」と読む。ローマ字読みに近い読み方をすると「ミクロ」となる。実はマイクロが日本流になまったもので日本ではミクロという呼び方のほうが馴染が近いかもしれない。
意味はマクロと全く逆の意味で「極小の」という意味になる。
しかし、microの本当の意味は極小ではなく、メートル法の単位100万分の1=マイクロ、という意味が本来の意味。

マクロとは、「巨大なもの」など大きさを表す意味で使われ、ミクロ(マイクロ)はメートル法の単位として使われる。
そのことから、マクロとミクロの境界はあるのか、領域は?の回答としては
意味の違いから無いといいたいが、
あえて言うなら、大きなものと小さなものの差としか言えない。
お礼コメント
kaitara1

お礼率 94% (6246/6589)

そうなのですね、よくわかりました!
投稿日時 - 2019-01-20 11:55:05
  • 回答No.1

ベストアンサー率 32% (559/1712)

マクロより小さいのがミクロ、ミクロより大きいのがマクロという境界があります。上より下なのが下です。
お礼コメント
kaitara1

お礼率 94% (6246/6589)

確かにそうですね。
投稿日時 - 2019-01-20 11:58:34
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ