締切済み

彼女の好きなところ…

  • 困ってます
  • 質問No.9579067
  • 閲覧数44
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 24% (103/427)

付き合って半年の彼氏に私の好きなところを聞いたところ、俺がいないとダメそうな所。
と言われました。
たまにしっかりしてる所も見せてくれるから丁度いい、みたいな事も…

ですがこないだも全く手がかかるなぁ~と言われ…私としてはそんな事してるつもりはありません。

彼は30歳で4歳年上です。
今はまだ良くても、いつか呆れられたりするでしょうか?

回答 (全4件)

  • 回答No.4

アドバイザー 詳しい分野:お金関連

ベストアンサー率 13% (169/1286)

恋愛相談 カテゴリマスター
先の事は誰にも分かりません...
日々彼と過ごせる時間を大事にしましょう。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 17% (174/1010)

相手にもよりますが、相手が苦手なところをあなたが補えるのなら、今のままでも大丈夫な気がします。
でも精進すれば、相手は惚れ直すのは間違いないですね。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 16% (8/48)

付き合っている彼氏にいちいち私の何処が好きなのって聞くこと自体、貴女の自信の無さが表れてるよね。
半年間何を目標にしてお付き合いしてきたのかな?
彼氏が居ることを満足するために付き合ってたなら別れる公算が大きいと思うよ。
というか、彼氏は貴女との将来をしっかり考えてくれてる人なのかな?
何も考えてくれて居なければ付き合う必要ないよね。
だったらら私の好きなところを聞くよりも、私と結婚したいか聞く方が手っ取り早いよ。
相手の本音を聞かずして先には進めないもんね。
惰性で付き合うのだけは止めておいた方がいいよ。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 38% (1001/2600)

そうねそのまま成長がないなら呆れられることもあるでしょう。
彼のあなたへの気持ちが減ったとき
他の素敵な女性と親しくしたとき、別の魅力を感じた時はそう思う事もあるかもしれません。

あなただって今は彼の頼りになる所や面倒見のいい所、リーダーシップのあるところを魅力に感じているでしょうけど2年3年とたったら反対に、自分がいないとどうなっちゃうのかしら?と思うような年下の男性が現れたらほんの少しも心を奪われないとは限らないでしょ?

彼を今満たしているのは保護欲でしょうね。
父性愛と言ってもいいけど。自分が守ってあげられる対象って心地よいのですよ。自分が役に立っているって感じられますから。
あなたのお蔭よ、あなたがいてくれてよかった、あなたがいればいいのに。
そういう場面が心地よいのよ。自尊心をくすぐられるわ。あなたが言っていなかったとしても彼は勝手にそう思っているでしょう。

別にあなたがそれでいいならいいんじゃない?
もし、何それ?私だってそれなりに出来るのに未熟者みたいに言われるのは嫌だなって思うならあなたから離れても良いのよ。
そういうタイプの男性は彼女が立派になったり、男を必要としなくなったり、彼よりも優秀な部分を見せると引きます。自分の存在価値がなくなっちゃうからね。
ずっと仲よくしたいなら自分が如何に優秀でも、出来ることは置いといて
程よく頼って甘えて褒めることでしょう。ある意味とっても楽なことですから彼の得意な分野を早めに見極めてその分野は任せましょう。

車に詳しい人ならたまにその話題を振って。実家の車の話題をだしたり、ニュースで見たことを話題にしてみて。有益な意見もあるでしょうから褒めること。
法律に詳しいとか、パソコンに詳しいとか、料理が上手とかきっと彼にも得意なことはあるわよね、そこを犯さないこと。
同じ分野で彼より腕があっても無くても張り合わないこと。
ずっとその分野だけでいいから立てて譲ることが上手くいくコツだと思います。

彼は頼られ、甘えられることが好きなのですから期待に応えてあげてくださいね。
彼が得意じゃない分野はあなたの出番。
彼が関心するくらいの技を見せていけば上から目線もいずれ同じ高さに降りてくるでしょう。お互いを褒め合える関係になれば心地よすぎて呆れることなんてないと思いますよ。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
辛かった!うまくいった!自分ならこうする。体験や感想を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ