• 締切済み
  • 暇なときにでも

後から振り返る買っときゃよかった株やETF

リーマンショック直後は私も含めて多くの人は買えなかったと思いますが、今だから言えるフルインベストメントで買っときゃよかった日本や米国の株やETFを教えてください。次の暴落はいつか知りませんが今度こそ買おうと思います。 S&P500ETFやその3倍ブル、高配当株ETF、あれよあれよという間に1/4になったPFF、暴落しまくったJ-reit、その後10倍以上上がった日本の小型株などたくさんありますね。私自身優待目的で数十銘柄買ったものはすごく上がりました。残念ながらみんな最小単位ですが。JCUなんか190円で買ったのを今でも持ってます。MBOした先代社長の男気溢れるところも好きでした。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数224
  • ありがとう数7

みんなの回答

  • 回答No.3

リーマンショック当時だったら、アークランドサービス(3085)を買っていたら2015年ごろに10倍になっていた。 2年前にブイテクノロジー(7717)を飼っていれば、昨年の3月に32000円超えまで上がっていたんで惜しかった。 最近では1年前にOKWAVE(3808)を買っておけば10倍以上になっていたのが悔やまれる(2018年1月に600円だったのが5月に8000円超えを達成している。) 直近の2日間なら、キクカワエンタープライズ(6346)とUUUM(3990)だろうか。どちらも17日にストップ高になってたので、15日に買えていたら、大儲けできていたな。 この2つは代表例であって、他の一般的な銘柄なら、今年の大発会のときに買っていればかなりの銘柄が今日の時点で大幅に値上がりしてるね。 ※例外はファーストリテイリング(9983)かな。これはいつ底値になるのかが読めない。 ファーストリテイリングは日経平均225の影響度が9%もあるんで、これ1つの値動きで日経平均225の大半が決まってしまうのはいかがなものかとは思うがな。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。OKwaveって最近爆上げしてたんですね。知りませんでした。 もっと今度の暴落を買いたい銘柄ありませんかね。リーマンショックの時だけじゃなくて、次にも応用のきく銘柄を教えて頂きたいのですが。 かつて不良債権処理後のみずほ銀行は100円から1000円まで10倍になりました。で、リーマンショックで暴落したので10倍狙えるかと思ったらせいぜい3倍どまり。なかなか難しいものです。

関連するQ&A

  • 中国株・米国ETFどれを買えばいいですか?

    教えてください。 最近各証券会社で海外ETFを扱い始めて購入を予定しているのですが いまいち内容が掴めません。希望はより多くの銘柄が 分散されて投資されているもので且つ出来高が多いもので 日本だったら1306のようなのを探しております。 中国株ETFについては特に銘柄がたくさんありどれが最も中国全土の平均値に近づくのかわかりません。 また米国ETFについてもS&P500だけでもIVVとSPY2種類ありまた ダウジョーンズに連動するものもあります。 最初に買うなら最も無難なものはどれなのでしょうか? 買っている方教えてください。

  • 海外ETFの配分や買う段取り

    ※過去レスに類似のものがありましたが新しく質問させていただいたことお詫びします。 海外ETFを皆さんはどのようにされてますでしょうか? 「iSHARES S&P500 INDEX FUND(IVV)」の場合ですが、価格は現在大体151ドルで最低10口。ということは1ドル120円で換算すると181,200円になります。 上手に運用するために毎月買付けたいと思っているのですが、海外ETFに関してはドルコスト平均法も「るいとう」も出来ないと聞きました。(ちなみに口座を持っている証券会社は楽天、イートレード、マネックス、カブドットコムです。) そこで初心者ながら私なりに考えたルールなのですが、この方法が良いか悪いかの判断がどうしてもつきません。。。 1) 米ドルの種銭(余力資金)を増やすために為替レートが117円あたりまで円高になれば円を米ドルに(とりあえず10口分まかなえる20万円ほどを)換金する。(長期間レートがさほど変らない場合はあまり気にせず換金する。) 2) 毎月決まった日に何も考えず最低口数の10口を買っていく。 ※根拠は米国株式とはいえ、インデックスファンドなので自分でドルコスト平均法を実行したいからです。 3) 米国の株価が暴落したら30口程買う。(その時、米ドル余力資金が足らなかった場合、為替レートを考えず足りない分を米ドルに換金する。) ※どなたかに教えて頂いたのですが年に1~2回は株価が暴落するそうです。 ただ、毎月の投資額にももちろん限界がある中で、投資できる種銭を分配してリスクを軽減したいのに海外ETFに「ボンッ」と18万円を毎月注ぎ込むのも「ちょっとシンドイな…」と感じているのも事実です。 だったら、米国株が暴落する年に1~2回の時点で買うだけにすればいいかもしれませんが、そうなるとドルコスト平均法が崩れるのも惜しい気がします。当然人それぞれ目的が違うと思うのですが私は『10年くらいの期間で効率よく運用したい』とおもっておりますが皆さんでしたらどのようにされますでしょうか…? A) (投資額が18万と大きいので)株が暴落したタイミングで買う B) 米ETFはオイシイので分配の配分が大きくなってもいいから毎月10口買って、暴落時に30口程買う。 C) そもそもETFをドルコスト法で買付ける意味があまりないし、暴落するタイミングで買うのも少し違うから年に1回ほど様子を見て買う D) その他 …余談ですが、日本は少子高齢化で経済成長率が乏しいと強く感じ、日本の商品には「あまり期待できないのかなぁ。。。」とボンヤリ感じているので海外の商品をまず勉強したいと思っている次第です。 以上、長くなりましたが何卒ご教授のほど宜しくお願いいたします。

  • 半年間待っていましたが、8/21ごろ 1000万円を使って投資を開始します

    口座を開いて、半年、暴落するのを待っていました。 8/21に開始します まず 250万円ずつにわけて リスクを分散します。 円高で、株安なので、皆さんなら、4つは何にわけますか? 僕は 日経平均に連動しているETFは外せません あとは、米国のS&P500のETFも検討してます 現物の株は 怖くて手を出しません

  • 回答No.2
  • l4330
  • ベストアンサー率22% (4371/19580)

  フルインベストはできない・・・なぜ??? 3円の株を1万株買っても3万円ですよ、3万円なら無くなっても生活に支障は出ないでしょ、買ってれば400万円です。 過去の動きを見て、下がる確率が低い所で買う方法は良いと思います、私も実践してます。 昨年のクリスマス頃に日経平均が19,000円にタッチした時に400万円分の株を買いました、現在はまだ数%の利益しかありませんが底値で買ってるのでもう少し上昇を期待して待ってます。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度のご回答ありがとうございます。フルインベストメントというのは1億円持っていたら1億円投資するという事ですが、さすがに3円のRIZAPに持ちげな全部の1億円はれられないと思います。S&P500とかなら数回に分けて1億円投資して10年待つとかはできますが。 マクロを見て安いところで仕込んで当面の上下には目をつぶるというのが素人には最もいいように思いますが、3円のRIZAPを1000万円買えた人は慧眼というほかありません。もう一度リーマンショックが来ても3万円なら買えますが1000万円は買えないと思います。

  • 回答No.1
  • l4330
  • ベストアンサー率22% (4371/19580)

  先ずはRIZAP、2009年3月は3円程度でした2018年10月に400円を超えた、なんと130倍です。 次にMonotaRO、2008年1月は30円程度でしたが2017年10月には2200円、70倍以上

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。こうしてみるとやはりRIZAPすごいですね。ただ、それが見抜ければ苦労しないし、フルインベストはできないと思います。株にフルインベストメントって難しいと思いますが、それなりに高額を投資できる範囲でお願いします。

関連するQ&A

  • 株の事でご相談いたします。

    私は経済の事は全然、判らないので宜しくお願いいたします。 10年前、主人が退職しましたが、私に内緒で 退職金や預金の多くを 株や 新興国~ ブラジルの債券を買ってしまいました。 半年後にリーマンショックが起こり、その後、2000万円程、損害がでました。 10年間、そのままにしておきましたが、今年の1月頃は株高で、やっと元金を取り戻せそうな感じでした。でも最近、急に株が暴落し始め 又、数百万円の損害が出ています。 私はこれ以上、損をしたくないので すぐにでも売却して欲しいのですが、主人が『いつか戻るに決まっている』と言い張ります。 投資したのは日本の株が5分の2弱で、5分の3強は新興国とブラジルの債券で・・・こちらの方は、まだ1000万円近くの損害が出ています。 その損害を、やっと日本の株の高騰でカバーできそうだったのに、今、ドンドン 下がっているので この先、どうなるのか不安で仕様が有りません。 投資に詳しい方、見解をお聞かせ頂けますか?宜しくお願いいたします!

  • 海外ETF保有している方手数料気になりませんか

    現在、セゾンバンガードを保有しており最近楽天やイートレで 海外ETFが販売され始めたいへん興味をもっております。  特にセゾンバンガードでは、信託報酬も気になりますがそれよりも リバランスする際非常に面倒で例えば海外株の中で米国 先進国 途上国と分けようとすると他の投信を付け加えないとできません。  現在海外株が目減りしたので買い足そうと思いましたがそうすると 日本株や債券の比率も変わってしまい、私としては気になって 納得行く形に持っていくのは困難です。  そこで海外ETFに目が行ったのですが一番安いイートレでも一回の購入で3,000円かかり今の投資額だと一銘柄20口程度になる為 IVVとEEM、EFA、AGGまで買うと手数料だけで1万円超えてしまいます。  現在はボーナスののたびにリバランスし買い増し、と暴落時押し目で 買って平時に少しづつ売ってポジションを調整しています。 さすがに、都度手数料はきついので端数の部分や調整する部分は ノーロードの投信で補い投信の額が増えてきたらETFに乗り換えようと 思っているのですが、それでも毎年ボーナス時にこの4銘柄を買うとすると手数料が15,000円近くなり、継続すると結構な額になります。 信託報酬で約1%安くなるため、例えば今年買った分を10年後の コストで算出すると全然お得なのですが、実際は追加で買っていくので 微妙な所です。 今は、投信で保有しある程度の額になったらリレーでETFと言う案が あるのですが、どのへんまでまとまったら買えばいいのか?も 悩みどころです。  やはり各社扱いだして手数料が安くなるのを待ったほうが得策 なのでしょうか?  ETF保有している方このへんどうしてますでしょうか?是非教えてほしいです。

  • 米超長期債の投資戦略

    とりあえず1.5億手元にあります。10年株式投資しても素人の域を抜けきらないので、ならば素人でも勝てる投資法に徹しようと思います。 素人が勝てるのはリーマンショックのような明らかに安いときに買うという一点につきます。偶然そういう時に始めたから儲かるのをビギナーズラックと言います。中間の上げ下げを上手に売り買いしたり、最高値で売り抜けるなどという考えは素人はやめたほうがいいと10年やっててよくわかりました。 米国超長期債のETFがあります。バンガード超長期米国債 ETF(EDV) を見てみると、ブリグジットやリーマンショック、ギリシャショックで高値を付けるという実にわかりやすい値動きをします。次の高値はアメリカの次の景気後退で逆イールド後に来ることもわかっています。しかし、それが来年か再来年か、それとも3年後かなんて素人にはわかりません。 ただし最近出てきましたが、当分米国には景気後退は来ないとかいう一部評論家の変な話が聞かれますまずあり得ないと思います。景気に変動なんてあるに決まってるでしょ。今がバブルじゃないからこのまま景気後退に入っても谷が浅いというのはわかるけれど、格差が開いて債務問題が深まればいつかは危機が起こります。昔から徳政令は繰り返してきました。中央銀行がいくら金融緩和すると言っても、しょせん貸すだけであってただで上げるわけではないのだから、徳政令がないと債務問題は解決しません。 リーマンショック前だって世界経済のデカップリング論とリカップリング論があってデカップリングしているから日本は平気だとかいう変な説がありましたが、グローバル化なんて進む一方なのにデカップリングなんてありえません。案の定リーマンショックは世界を駆け巡りました。 ・・・と前置きが長くなりましたが、手持ちの1.5億のうちの1億を使って、 ・EDVを買い始めて配当も再投資して複利投資をしてアメリカの次の景気後退で売る。 ・その時はどうせ円高だろうからドルは安いだろう。S&P500のETFに全額移す。 ・5年でも10年でも気長に待って円安の時に円に戻して老後を迎える。S&P500が高いという事はどうせ円安ドル高だろう。 こんな戦略はいかがでしょうか? 売り買いの時期なんてどうせ素人にはわからないし、うまく売り抜けたり底値で買うことはできないけれど、さすがに実質実効レートでみて過去30年平均より20%円高とか、ニュースでもうアメリカだめだと言ってるとか、日本もアメリカも暴落するとか、さらにEDVが2,3割上がってすごく利が乗るとか、そこまでわかりやすい指標があればど素人でもスイッチング時期だとわかると思います。

  • 1年半前くらいに、投資信託を購入したものです。

    1年半前くらいに、投資信託を購入したものです。 リーマンショック以降株価暴落とともに日本株中心の投資信託もかなり値を下げました。 昨今、日本の株価が戻ってきたのに、日本株中心で運用されている投資信託が戻ってきません。 何故でしょうか?詳しい方教えていただければ幸いです。

  • 引きこもり生活のマネープラン

    独身だし精神的に消耗仕切ってしまいました。もうしたい事もありません。1.5億たまったのでリタイヤして終生慎ましくのんびり過ごそうと思います。マンション、休眠会社保有。最低限、国の厄介にはならないようにしたいのでいいマネープランあれば教えてください。 今考えているのは下記のプランです。 1)1000万円を手元に取っておく 残り1.4億を運用する。 2)休眠中の会社で4000万円分、米国株ETFを買って放置。70歳までの30年間、配当から給料をもらって社会保険料を払い続ける。(国民年金期間が10年あるので70歳でちょうど厚生年金40年になります) 3)7000万円を個人の口座で運用。J-Reitを買って30年間配当をもらい続ける。 4)3000万円を個人の口座で運用。米国株のETFを買って30年間配当をもらい続ける。 ・1.35億の3%で400万円のキャッシュフローがあれば、1500万円の手元資金と合わせて十分暮らしていけるでしょう。 ・さすがに70歳にもなれば年金もいくらかはもらえるでしょう。 ・30年したら2)の米国株ETFが値上がりしているでしょうから、差益は退職金にします。 ・外国税額控除を考えると会社は国内投資、個人は外国投資などきっちり分けたほうが効率が良いのでしょうが、会社経営を30年続ければ退職金控除も結構大きいので、成長性の高い投資先に投資して退職金原資を稼ぎたいという思惑もあります。 ・J-Reitは当面は利回りが良いですが、人口減少の日本では先細りでしょう。その分米国株は将来にわたって成長するでしょうから、補完関係にあると思います。 途中で精神エネルギーが回復して何かしたくなるかもしれないけれど、とりあえずあまり手間のかかることはしたくありません。

  • 株式、投資信託や中国株等の運用・処分について

    60歳前半の者です。 日本のバブル崩壊後、それ以後に景気は回復するだろうと考え、定年後の運用を楽しみに、株式、投資信託や中国株等を数年間にわけ、わずかですが購入しました。 数年前は利益もある程度出ており、購入したものの運用変更や処分(売却)は、定年後にゆっくり考えようと思っていました。 ところが、定年の直前(数か月前)に「リーマンショック」(2008.9)が発生し、ほぼ全部が暴落してしまいました。 当時は現役でもあり仕事が忙しく、売却等を考える時間もなく、「ある程度待てば、回復するだろうと」と思い放置しており、処分のタイミングを逸してしまいた。 しばらく経過し、多少回復したと思った矢先に、今度は「欧州金融危機」(および、円高)が発生し、また大暴落する状況となり現在に至っています。 「欧州金融危機」については、すぐに解決する見込みはなさそうであり、今後「世界恐慌」の再来を予想する人もいるようで、現在よりも悪化することも考えられなくはありません。 自分の余命を考えれば、少なくとも、あと10年ぐらいの間には、白黒をつけなければならないと考えております。 ところが、これまでの「失われた10(20)年」の例を考えると、10年待てば現在より良くなっている 確証は持てません。 それを考えると、現在より傷口を大きくしない為、現在の時点で「損切」をした方がよいとの気もします。 それとも10年待った方がよいでしょうか。 どの様に対応するのが適切か、皆さんの考えをお聞かせいただければ有難いです。

  • 株式市場が大幅下落を引き起こす原因について

    そろそろ米金利の逆イールドから景気後退局面が見えてきて株価の大幅な調整がウワサされています。ただしそもそもバブルになっていないので下げも大きくないだろうとも言われています。そこで実際に何が株価の大幅な下落を引き起こすのか知っておきたいと思っています。根源的要因として考えられるものをいくつか考えてみました。 景気後退 ⇒実体経済の景気サイクルにおける景気悪化局面。バブル崩壊など他の原因によって引きこされたもの(在庫循環やクレジットサイクルから外れるもの)は除く。 資産価格調整 ⇒バブル崩壊(株、不動産) 過剰債務 ⇒過剰債務デフォルト連鎖による金融危機 資本流出 ⇒チャイナショックとかドル高で新興国が暴落するのがこれ 政策の失敗 ⇒日本のバブルはまさにこれ。アクセルの踏みすぎ/ブレーキの踏みすぎ 外的要因 ⇒リーマンショック後の日本の暴落は一言で言えばこれ。細かく言えば輸出が止まって実体経済が悪化したとも言えますが、景気サイクルとは別物。 ⇒戦争 1.これらはスパイラルになったりドミノになったりして単一で根源的要因とすることが難しいですが、他にありますでしょうか? 2.こうしてみるとアメリカや日本の過去の株価暴落局面において景気後退が大きな株価下落を引き越した例はなさそうな気がしますが、景気後退型の代表的な株価大暴落ってありますか? 3.現在の段階でアメリカ株の暴落を引き越しそうなバブルはありますか。アメリカの株や住宅価格あたりはそうでもないようですが。

  • インドネシア株のETF

    インドネシア株のETFですが、i-sheresから販売されているもの以外にご存知ありますか? 現地の証券会社の銘柄でもかまいません。

  • ETFには、株で言うところの配当金はないのですか?

    ETFで利益を得るには、値上がりによるキャピタルゲインしか ないのでしょうか? 株で言うところの配当のようなものはないのでしょうか? 初歩的な質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

  • リーマンショックの仕組みを教えてください。

    いつもお世話になっています。 先ほどQNo.4333254 にて、リーマンショックにて日本の株も全面安に売られている、それは機関投資家の損切りルールに則った売りやレバレッジを効かせている場合には少しの下落で大損してしまうのでそのためのリスク回避の売りなど、売りが売りを呼んでいる状況、というのは理解できました。 ですが、もともとの、なぜリーマンブラザーズが倒産すると、東証の株価が下がるのか、その因果関係がわかりません。 自分なりに考えてみました。 リーマンブラザーズがサブプライムローンで自己資本以上の貸付をしていたが、回収困難になり、倒産。 ↓ ニューヨーク株価が全面安(なぜ?リーマンブラザーズ証券が保有していた銘柄が売られているから?) ↓ 為替ではドルの対円、対ユーロなどが値下がり(ドルを売って、他の外貨を購入する人が増えたため。でもなぜドルを売る?) ↓ 日本国内株式市場に投資している外国の機関投資家が売りをして現金を確保したらしい(なぜ現金に戻す必要がある?) ↓ そのため、一般投資家も値下がりに対応して保有している国内株式をリスク回避のために売却した。 ↓ 日本国内株式も業績にかかわらず全面安。 とくに、ニューヨーク市場でなぜ暴落したのか、それがどのようにして為替に影響を与えたのか、ニューヨーク市場の暴落が国内市場にまで影響してくるのはなぜなのか、がわかりません。 まだまだ勉強中ですので、そんなこともわからないのかと思われるかもしれませんが、よろしくご回答お願いいたします。