• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

戻れ!マティス国防長官

米国がNATO離脱だと! いい加減にして欲しい米国。 従来の同盟を壊しかねないトランプを、何とかする 方法はないでしょうか。 例えば「マティス大統領候補」など。 できもしないNAFTA見直し。 結果はできなかった。 TPPはトランプ個人判断で離脱された。 個人プレイのトランプを辞めさせる方法は ないでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数72
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • human21
  • ベストアンサー率37% (923/2445)

私見ですが、米国のNATO離脱は出来ないと思います。 民主党議員だけでなく、共和党議員も反対するからです。 残念ながら、現時点でトランプを辞めさせる方法はありません。 ロシア疑惑を調査中ですが、その結果においてトランプが黒だという 明確な証拠が示されれば、トランプ弾劾の可能性があります。 ただ、米専門家の見方は弾劾の可能性を否定しています。 トランプの再選は無いと思われるので、後2年の我慢です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 おしゃるとおりですね。 低投票率でもあり、トランプの得票数はクリントンより少ない ものの僅差だった。 それが特にミシガン、ウイスコンシン、コネチカットで僅差で 上回り46選挙人を獲得。306対232で奇跡的に大統領に なってしまた。 誰が予想できたであろうか、このふさわしくない人物が。 中間選挙では民主党が女性議員を多数擁立、また若者に投票を 呼びかけ投票率を過去最高とした。 そしてラストベルトである上記3州で民主党が大差で共和党に 勝った。 この流れで女性候補を立てれば、勝つのでは? もしかしたら共和党も女性候補(例えばヘイリー国連大使)を 立てるかも。 が、この2年が高リスク。 選挙目当てで何をするか分からないから。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

NATO離脱が本当にとんでもないことかどうかは将来に渡るロシアに脅威をどう見てロシアとどう言う関係を作るか次第なので一概には言えない気がします。トランプは昨年のNATOとの会合で加盟国の費用負担が少ないことを散々なじった上で直後のヘルシンキでのプーチンとの会談では親密さを見せましたから、ロシアと仲良くなれば軍備のための出費を減らせると言う考えと自信があったのかもしれないし、今ちょうどトランプ、プーチンの密室での会談が政治問題として上がっているので、なんらかの裏取引も含めて緊張緩和をはかっていたのかも知れません。 問題は、トランプだけの限られた情報と知識だけで独断で判断しようとするところで、あたれば大きいけど外れたら大きなリスクを抱えることになる世界の安全保障に関わる事を一人の人間の独断で動かそうとするところ。それと不透明さ。シリアからの撤退判断がマチスが辞めた直接の理由とされていますが、シリアはロシアが支援するアサド政権が制圧しつつある中で、アメリカ軍が居座ってISの残党に目を光らせたところで、政治的な影響力は発揮できない状態ではありました。だからむちゃくちゃな判断とは言い切れないものの、急激な撤退は、ロシアにシリアでの派遣を無条件で与えシリア、イランと言う反イスラエル勢力を喜ばせることにもなり、戦略性が無い。 NATOの話に戻すと、今は核戦力核配備よりも、サイバー攻撃と情報戦が重要で対ロシアでも連携の仕方やお金をかけるべき領域が変わって来ています。だから見直しはあっても良いけど、イギリス、フランス、ドイツなどNATO加盟国の政情が不安定な中でいたずらにロシアに付け入る隙を与えてしまうのもやはり戦略性の欠如に思えます。 NAFTAはメキシコ、カナダも再交渉に合意し、新NAFTAの協議が始まっています。ここはトランプの勝ちですが、必ずしもアメリカ企業に良いことだけではありません。 トランプ下ろしは民主党が下院の多数を握ったいま本格化すると思います。ロシア疑惑の捜査も大詰めです。司法取引に応じているもとトランプ側近のマナフォート氏の証言はトランプに致命傷を負わせる可能性があります。後は民主党が魚を逃さない様うまくやるだけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 NAFTAは米国にも利益が多々あり「離脱」なんて できるものではありません。 見直しただけ。 ほぼ偶然になった大統領。 困りものですね。

  • 回答No.1

非常に冷静な議論として「本当にNATO軍事同盟は必要なのか?」と考える時期に来ているのかもしれません。 そもそもNATOはどうして成立したでしょうか。元はといえばNATOは「対ソ連西ヨーロッパ同盟」です。ソ連陸軍は強大でヨーロッパそれぞれの陸軍力では対抗できない。だからNATOが作られたのです。 ソ連はそれに対抗してワルシャワ条約機構を作りましたが、ソ連崩壊で東側諸国が消滅。おまけにソ連もロシアになりました。ロシアは今でも強大な陸軍を持つ国ではありますが、ソ連時代ほどではありません。 そして今のトランプ大統領はロシアゲート疑惑がまだくすぶっています。ひらたくいうとプーチン大統領閣下の支援によって誕生した大統領でもあるので、そりゃプーチン閣下が嫌がるNATOなんてなくしちまえと思っていたって不思議じゃござんせんよ。 ロシアがかつてほどに強大ではない時代に、対ロ軍事大同盟が必要なのかなというのはあると思いますよ。今の時代にドイツとロシアが全面戦争を起こすという可能性は限りなくゼロでしょう。国家間の戦争そのものが認められない時代です。 世界中の軍隊がどんどん縮小化しているのですから、アメリカ軍も可能な部分は縮小したいというのはあると思いますよ。純粋に軍事的には、もう沖縄にもアメリカ軍は不要ですからね。政治的な必要性があるから駐留しているのであってね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 暗殺を平気で行うプーチンのような人物と交流しては ならないと思います。 アメリカが撤退したらウクライナが悪化するでしょうし、 バルト三国も風雲になるでしょう。 そして西欧は揺さぶられるのでは? ある勢力が引くと、他が出てくるもの。 南シナ海がそうです。 慎重に考えるべきだと思います。

関連するQ&A

  • 尖閣諸島に日米安保第5条適用されるとマティス表明

    本日、米国のマティス国防長官(あだ名はMad Dog)が来日し、まずは安倍晋三と会談しました。 その際マティスは尖閣諸島に日米安保条約第5条が適用される(注1)と表明したと速報がありましたが、これはマティス個人の考えなのか、或いはトランプを除く政権の意向なのか、或いはトランプも含めた政権の考えなのか、どう思いますか。 1、 マティス個人の思い付き的考えが思わず口を突いて出た。 2、 トランプを除いた米政権の基本的考え方。 3、 トランプを含めた米政権の考え方。 4、 トランプ本人がマティスにそう言えと言わせた。 5、 オバマ政権時の基本的考え方。 6、 その他。 7、 分からない。 たった今速報があったばかりなのでそのうち詳報も出て来るでしょうが、詳細を知ってたら教えてください。単なる想像でもOKです。 まぁ基本的には5であって、オバマ政権の時にその旨を日本に確約する方針が決定され、以後それが政権内で共有化されてきましたが、マティスもそれを踏襲したわけですよね? 今後この方針が変わることは有ると思いますか。 A、 明日にでもすぐ変わる。 B、 多分1年くらいは持つ。 C、 10年くらいは持つ。 D、 米中が親密化すれば方針は破棄される。 E、 そもそも安保条約上、尖閣諸島は適用範囲になり続けるので、それをはっきり表明するかしないかの差であって、中国に対する抑止力の大小の問題でしかない。 F、 その他。 G、 分からない。 (注1) つまり尖閣諸島は日本国の施政権下にあるので尖閣諸島に対する攻撃は米国に対する攻撃と解釈して日本と共同で米国も防衛する、ということ。

  • 正にキチガイ政権との交渉になる、狂犬マティスの来日

    2月上旬に米国防大臣のジェームズ・マティス(あだなはMad Dog)が韓国・日本の順に訪問することが予定されてるそうです。 対して稲田朋美防衛大臣は「日米同盟を確固たるものにするべく会談を行っていきたい」とお花畑のようなことを言っておりますが、トランプ米政権の初動を見るとアイツラはとんでもない奴らと見えます。 http://www.jiji.com/jc/article?k=2017012700089 この記事を読むと、トランプはメキシコとの国境に壁を造るがその金はメキシコに出させるつもりだが断わられてるので、貿易赤字相手国(含むメキシコ)の全製品に20%の関税をかけそれを壁の建設費に充てる・・・ という予定だそうです。 メキシコ大統領とのトップ会談も破談になった模様です。 常識の枠からはみ出してますが、こういう調子でやられると例の在日米軍経費の負担増の問題、持ち出されるのは必定のような感じです。 この問題は今後5年間だったかの日本側負担額を米国との協議で既に取り決めており、今更蒸し返すことはないとも日本側では言われてますが、相手が相手だけに面倒なことになりませんか。 2月の早い時期に安倍晋三とトランプ会談が予定されてますが、まずはマティス国防長官が金の話を持ち出し、訪米する安倍晋三に返事を持って来させてトランプと交渉する・・・ というあちら側の筋書きが見えなくもありません。 その他、同盟がらみで色々無理難題吹っかけて来るのでは。 「日本も韓国も助けてやりたいのは山々だが、米国にはそれは出来ないし、しない」とトランプは宣言してましたからね。日米同盟なんていうのはトランプにとっては屁みたいなもんかと。(日米同盟の意義なんぞを唱えてみても、アチラ側には馬の耳に念仏?) どうなると思いますか。知的障害・精神疾患のあるとみられる安倍晋三と、お花畑で空に舞い上がってる稲田朋美と、このバカな二人組では無理です。

  • TPPって誰が得するの?

    TPPって、だいぶまえは 「米国に利益を吸い上げられて食い物にされる」と言われていました。 しかし、あの損得で動くともいわれているトランプ氏が大統領になるや 「米国の損になるからやめた」というので、 「え…! 日本が米国に吸い取られるんじゃなかったのか。 トランプなにいってるんだ。わかってるのか」と驚嘆させられました。 要するに、TPPってだれにどういうメリットがあるのでしょうか?

  • TPPの今後。米国抜きで走り出す国もいますが

    トランプ新大統領がTPPからの永久完全離脱を宣言し、基本としてTPPの発効は絶望的になりました。 もとより日本国内でも反対派が多くいて多数問題を包含した条約でしたが、このTPPを米国抜きで進める意思を豪州と新西蘭が示してます。 ■ 豪・NZ、「米国抜き」提唱。チリ、新協定目指す。-米TPP離脱 http://www.jiji.com/jc/article?k=2017012400720 日本でも安倍晋三が「一見」無駄だと思われるにも関わらずしつこくTPP批准を目指しましたが、日本は米国抜きの(新改造)TPP成立は望ましいのですか。 1、 望ましい。 2、 望ましくない。 3、 その他。 4、 分からない。 5、 言えない。

  • トランプの大統領令に連邦地裁が即時停止を命令

    騒ぎですよ。 トランプの出した大統領令「イスラム教7か国からの入国禁止」に対し米国連邦地裁が即時停止を命ずる仮処分を決定しました。 これに応じて米国国務省は該当者の正常な入国を進めるよう指示を出してます。 関連して全米各地でこの大統領令に対する訴訟が相次いでおり、原告には複数の州政府が参加してます。 対して大統領側は対抗して裁判所に仮処分決定の効力を停止する申し立てを行うとしてます。 今後この騒ぎはどうなっていくと思われますか。 1、 トランプがキチガイになる。 2、 トランプは全米並びに全世界の笑い者になる。 3、 トランプは着々と地保を固めていき、歯向かった者達に制裁を加える。 4、 同盟国の奴隷犬安倍晋三に手伝わせて、日本を共犯者に仕立てる。 5、 このまま行くと世界vs日米同盟で対決する羽目になる。 6、 その他。 7、 分からない。 8、 関心がない。

  • トランプ当選後、日本のバカ右翼の底が割れました

    米国新大統領にトランプが当選しましたが、予想を全て外した日本のバカ右翼・ネトウヨ論客たちはまたもや外れた論調で日米同盟の今後をTV等で語ってます。 ちなみに私も右翼(正しくは極右リベラル)ですが、彼らバカ右翼・ネトウヨとは対極の観点を持ってます。 トランプ新大統領がド素人であろうがなかろうが、安全保障面での彼の論旨は以下の通り。 1、 アメリカンファースト。米国国益最優先。 2、 アメリカを「再び」偉大に。 3、 ストロングな軍事力・兵力を持つ。 4、 世界の警察官をやめる。 5、 オバマの世界政策は間違い。 6、 全ての国と平和な関係を。 加えて、 7、 日本を含めた同盟国の負担が低すぎる。 8、 日本が駐留米軍費用を全額負担せねば在日米軍を引き上げる。 これに対して日本のバカ右翼・ネトウヨ論客の言うことは、 ア、 トランプは日米同盟を理解してない。 イ、 日米同盟はアジア地域全域の安全保障のカナメである。 ウ、 在日米軍は日本のためだけでなく米国国益にもなってる。 エ、 日本は在日米軍駐留費の75%をすでに負担している。 以上、この二つ、噛み合ってませんよね。 今後どうなっていくかは定かではないものの、現在のところトランプは、全ての国々と平和的関係を構築する予定であり、そして米国は世界の警察官をやめて米国国益「のみ」を尊重するとしています。米国を再び偉大な国にするために軍事費削減をやめて強大な兵力を構築するがそれは米国のためである、と。 しかし日本のバカ右翼・ネトウヨ論客は「イ」のごとくのこれまでの妄想をドナルド当選後もトランプに対して押し付けようとしている。トランプはアジア地域の安全保障には関与しないと「選挙期間中」は主張してた。トランプにとっては在日米軍撤退こそが米国国益に寄与する。 また、「在日米軍駐留費の75%をすでに負担している」という妄想がネットを発信源としつつ日本中に広まっているが、この妄想は誤り。 この妄想をバカ右翼系列のフジ産経で繰り返し流してますが、バカの底が割れてます。(トランプ演説の論旨はそんな計算法によるものではない。) ちなみに加えてトランプの腹積もりを予想しておけば、トランプは、 1、 国の外部に強力な同盟国が必要だと考えてる。自分たちが素人っぽいので。 2、 中国に対するビジネス交渉の介助として中国に突きつける武力が有効だと考える。トランプの敵は中国。 3、 沖縄米軍は沖縄県の希望通りに撤退させて「あげたい」。 以上、こういうことなのですが、どう思いますか。 それと日本のバカ右翼・ネトウヨ論客達が自分たちのバカっぷりに気付くのはいったい何時になるのでしょう。 1、 永久に望みがない。 2、 ドナルド就任中は無理だろう。 3、 その他。 バカ右翼たちは、自分たちのコーユー考え方を知らないなんて、トランプってバカだなー、と、そういう感覚です。オタク集団みたいなもんですよね。

  • トランプ新大統領の白人優越主義と男性優越主義

    「バカ」とも「キチガイ」とも言われたトランプが米国の次期大統領になりましたが、このトランプ、米国きっての白人優越主義者です。いわゆる人種差別主義であり加えて男性優越主義でもあるのですが、彼の政策や政治・外交観については種々の評価があります。 しかし私の見るところ彼の思考は極めて単純で、単に上記の「白人優越主義」であり「男性優越主義」にしか過ぎません。その他は一切ありません。 例えばロシアと友好的に中国とは敵対的に・・・ とこれまでを見れば新大統領の外交色も分かりますが、これは単に白人のロシアを尊重しアジア人の中国を嫌悪・排除しているにすぎません。白人優越主義です。 メキシコの方に壁を作るとか移民排斥、イスラム教徒敵視というのも全て白人優越主義の現れでしかなく、TPP脱退も白人社会にアジア系を持ち込みたくないという動機が強いのでしょう。(注1) また、閣僚や政府要職に軍関係者を多用するようですが、これは上記の「男性優越主義」によるものです。強いものを尊重し非男性的なものを排除しているだけです。要職に若干名は女性も採用するようですがそれらも「強い女性」や「喧嘩が得意な女性」を選択してます。 平和外交を進めると強調しつつ大規模軍拡の予定で、銃社会賛美、拷問の解禁、LGBT嫌悪、中絶反対・・・ それら全てが「男性優越主義」によるものです。 以上、私が最近発見したトランプ新大統領の「見方」ですが、この見方で合ってますかね。 1、 合ってる。 2、 合ってない。 3、 分からない。 4、 その他。 当然合ってるという答えが多いとは思うのですが、念のため聞いてみました。 ちなみに日本もアジア系ですが、古くから日本は「名誉白人」扱いされてきており、トイレも白人用の使用を強制され、黒人用に入れば騒ぎになりました。昔は。 古き米国の白人的価値観のトランプにとっては日本は「名誉」白人の、しかも軍事的には英国より先んじた最も重要な同盟国との位置づけで間違いありません。 (注1) トランプの政策はこのTPP脱退しかなく、その他は思いつきやオマケです。TPP脱退の理由が白人優越主義によるものだけではないのは明らかですが、それはそれが彼のほぼ唯一の政策だったからでしょうね。

  • トランプ大統領 → 内戦ぼっ発

    リンカーン大統領の時代、合衆国から離脱する州が続発し、米国は二つに分離し、南北戦争が始まりました。 今の米国は、自民党の言うところによる「奴隷の血筋」のオバマ大統領が理想主義者で、差別主義者のトランプがその後を受け継ぐかもしれぬという珍妙な図式になってます。 米国が分割したり内戦が開始する可能性は何%ですか。(内戦じゃなくて内乱になりますかね) ちなみにトランプ大統領になったら米国人の3割弱が海外移住を検討するそうです。戦乱を避けるためですかね。 自衛隊は集団的自衛権でどっちに付きますか。

  • 【国際政治・バラクオバマの広島平和記念公園参拝は人

    【国際政治・バラクオバマの広島平和記念公園参拝は人類滅亡のカウントダウンを加速させた】と思います。 バラクオバマの米国アメリカ大統領の任期はあと数ヶ月なんですよね? ということは、次の大統領候補は現在のバラクオバマの政策の間逆を打ち出さないと大統領選には勝てないわけですよね? で、いまトランプに勢いがあるのは、左翼思想のバラクオバマの間逆の右翼思想だからですよね。 ということは、バラクオバマが平和を祈って任期満了なら、次の米大統領は戦争派が勝つ流れをバラクオバマは今回の広島参拝で作ってしまったということになる。 バラクオバマがノーベル平和賞を採った頭が良い策士なら、バラクオバマが任期満了間近なら、いまの時期は戦争しまくるぞーもう中国にブチ切れたーもうアメリカは中国と戦争じゃーついでに五月蝿い北朝鮮も韓国もオマケに一緒くたにぶっ潰してやる!と言って、 アメリカの世論をついにアメリカ大統領のバラクオバマの頭がイカれた!これは絶対に戦争を阻止しなければ!となって一瞬でトランプを排除出来たのに、これだとバラクオバマがトランプを支援する格好になってしまった。 戦争じゃ!次の米大統領はトランプになってもらって俺が辞めたあとのドンパチは過激派極右翼のトランプに任せた!!と嘘を言っていれば世論から超批判させるが次期大統領にはトランプはなれないはず。 今回の広島平和記念公園参拝はアメリカ大統領選でトランプ優勢にもっと傾く。 アメリカ人は天邪鬼なのでバラクオバマは任期満了間近なら極右翼化して任期を終わらせるべきだったと思う。

  • 米国奴隷犬ポチのト・モ・ダ・チ作戦

    米国奴隷犬ポチ、売国奴:安倍晋三が先般真珠湾に慰霊儀礼にまいりましたが、これは来たる天変地異級の未曾有の大災害をもたらすトランプ新大統領への恐怖に怯える米国民(注1)への慰めと今後の米国民への忠誠を表す儀礼でした。 たとえトランプ新大統領が暴虐の限りを尽くしたとて、日本は決して米国を見捨てない・・・ そういう国の覚悟を勝手に総理大臣として被災国国民に示したものです。 トランプ当選直後にも「駆けつけ警護」の任務をキチンと果たしたポチですし、まさに奴隷犬ポチとしての精一杯の日・米・同・盟なのでしょう。 2011年3月の東日本大震災においてロナルド・レーガン空母はじめとする米国救援軍が被災地救助と対ロ対中警戒に当たる「トモダチ作戦」を展開しましたが、奴隷犬ポチ安倍晋三は今月1月より最大級の「ト・モ・ダ・チ作戦」を遂行すると予想されます。 迂闊に先走って梯子を外されなければ良いのですが。 今後の日米同盟、対中防衛はどうなると思いますか。米国民への忠誠が過度になりすぎて、日本の安全を脅かす事態になりませんかね。 やる奴があの奴隷犬ポチ、日本人より米国人のほうが大事なポチなので。 (注1) もっともトランプ大統領に期待する米国民も多いのですが、トランプ支持層は国際社会から見れば日本でいう「ネトウヨ層」、EUで言う「極右層」、中東で言う「ISIS側」になりますので、全く期待が持てません。