日本人の大半に天皇家の血が流れている?

ときどき「日本人の大半に天皇家の血が流れている?」という人がいますが これは正しいですか? 昔は血の純潔を守るため近親婚...

eroero4649 さんからの 回答

  • 2019-01-11 19:47:13
  • 回答No.4
eroero4649

ベストアンサー率 29% (5017/17105)

歴史 カテゴリマスター
人間のミトコンドリアDNAは、母系によってのみ伝えられます。このミトコンドリアDNAを解析してみたところ、現生人類はある一人の女性にたどり着くことが判明しました。この人類共通の祖先のことを「ミトコンドリア・イブ」と呼んでいます。

つまりミトコンドリアDNA的には我々はみな一族といえるわけですから「血が流れている」を「共通の祖先を持っている」という意味でとらえるなら、天皇家も質問者さんも私も他の日本人全員も、中国人もインド人もロシア人もドイツ人もみな「同じ祖先の血が流れている」のです。
お礼コメント
lotilyxx

お礼率 100% (21/21)

回答ありがとうございました。
人間のミトコンドリアDNAは、母系によってのみ伝えられるとのこと、勉強になりました。
ミトコンドリア・イブの話は聞いたことがあります。
>天皇家も質問者さんも私も他の日本人全員も、中国人もインド人もロシア人もドイツ人もみな「同じ祖先の血が流れている」のです。
これはそうだと思います。
ですが、平民を先祖にもつ人に、天皇家の血が流れているかどうか?

質問文に書いたことのほかに、数の問題があります。

天皇家の先祖は一人~数人だと思います。
それに対して、平民は数が多い。
どれだけ天皇家の子孫が増えようと、それ以上に平民も増えているのではないか、関係を持つ機会がどの程度あったのか、という点に疑問を感じます。
投稿日時 - 2019-01-11 21:17:46
関連するQ&A
ページ先頭へ