回答 受付中

非ステロイド性抗炎症鎮痛薬について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9576623
  • 閲覧数68
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数3

お礼率 35% (193/546)

非ステロイド性抗炎症鎮痛薬について書かれている記事を読みましたが、意味がわからないことがあり質問しました。
記事の一部で「疾患や外傷などによって組織損傷 を受けた局所に発痛物質のプロスタグランディン(PG)が生産されるので,ア ス ピリンやNSAIDsがPGの 生合成を抑制することにより、末梢受容レベルでの鎮痛作用を示す。」と書かれていましたが「末梢受容レベルでの」とはどういう意味ですか?

回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 39% (1747/4404)

他カテゴリのカテゴリマスター
薬にはいろいろな 作用点 があるのはご存じだと思います。
ステロイドはざっくり言えば,炎症を起きない様にする作用ですし,痛みを感じる神経の伝達を鈍くすることでも鎮痛作用を持たせる事もできます。

お読みになった記事の意味は恐らく,体はPGを末梢神経で受け取ること(末梢受容レベルで信号を受け取る)で 「痛い」とおもうのですが,PGをつくりださないようにすることで,痛いと感じる経路を刺激しないようにして痛みを抑えるという意味です。
どのレベルの知識をお持ちなのか分かりかねたため,大変ざっくりと失礼な表現もあるかもしれませんが,ご参考までに。
感謝経済
  • 回答No.2

ベストアンサー率 37% (387/1021)

「痛みの伝導路」「侵害受容器」などでgoogle画像検索などしてみてください。
分かりやすいカスケード図があるでしょう。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 32% (2029/6161)

他カテゴリのカテゴリマスター
体表に散らばる痛覚の神経末端のことです。
お礼コメント
jarron

お礼率 35% (193/546)

コメント遅くなり申し訳ありませんでした。説明していただきありがとうございました。
投稿日時 - 2019-01-15 10:36:59
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ