• 締切済み
  • 困ってます

スカラーロボットの選定について悩んでいます

4軸スカラーロボットの選定について悩んでいます。 添付画像(スカラーロボットの外観図)ロボットと電気ドライバーを固定します。 添付画像(詳細図)電気ドライバーでネジ締めトルク4.5Nmで締めると30Nの力がスカラーロボットの軸にかかると思われます。 カタログには許容トルク、許容モーメント、許容慣性モーメント等の記載がありますが、どう選定して良いのか悩んでおります。 メーカーに問い合わせしてみましたが、担当者毎に回答が違うのでスッキリと判断がついておりません。 どなたかアドバイスを頂ければ助かります。 よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数348
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.4

ロボット以前の問題として 普通に電動ドライバを人の手で握ってネジ締めした時 ネジ締めの反動トルクで振られて チョット気を緩めるとすぐにネジをナメてしまいますね で、本件では 電動ドライバを取り付けてるアルミプレートの剛性は計算したんでしょうぁ? 見た目ヘナヘナで電動ドライバの反動トルクで反ってしまいそうなんですけど? 大丈夫? 同様の事がロボット本体にも言える 右端のロボット支持点からドライバまでの総合剛性がちゃんと有れば良いのですが もし、剛性が足りなければネジは舐めてしまう http://www.iai-robot.co.jp/product/details/IX-NNN80__H/index.html https://www.yamaha-motor.co.jp/robot/lineup/ykxg/middle/ 昔の話ですが スカラロボットでなく、普通に直行ロボットでネジ締めやったとき 剛性不足に悩まされた 高剛性の両端支持タイプなら良かったんでしょうけれど http://www.iai-robot.co.jp/product/details/ICSB3_ICSPB3-GB_HS1_/index.html 安く挙げようと片持ち支持 http://www.iai-robot.co.jp/product/details/ICSB2_ICSPB2-BE_M/index.html 因みに私は制御設計であって機械設計ではないけれど ネジ締めがうまく出来ないのは制御屋がヘボだからと言われてしまった 剛性が足りないのを制御屋のせいにはしないようにね 制御屋が優秀なら剛性不足を回避してくれるかも知れないけれど

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • モータの選定

    モータに適当な円盤を直結して駆動させることを考えたとき、モータの許容トルク以下の加速度で運転するならば、モータの選定の決め手となるのは慣性モーメントがモータの許容慣性モーメント以内であるかどうかで判断すればよいのでしょうか?

  • ロボットの許容イナーシャの基準、無理やりやったら?

    こんにちは。ロボットの選定で、可搬質量が一番大きいものを選定したのですが、 オフラインで質量設定をしたところ、「大きさ0」のときは当然、可搬質量内ですのでパスしたのですが、重心、つまり大きさを入れたところ負荷オーバーとでました。 モーメントオーバーか?と気づいて、イナーシャを計算したところ、やはり手首の許与イナーシャを2倍近くオーバーしていました。 ところで私は疑問に思ったのですが、「許容モーメント」というのは理解ができます。 しかし許容イナーシャというのは、いったい何の加速度を基準にしているのでしょうか。 すなわちトルク = イナーシャ×角加速度ですので、 角加速度が小さければイナーシャが大きくてよい、という理解なのですが。 モーター始動させるための最低限の加速度(それは仕様には書いていません)というものがあるんでしょうけど、 その最低限の加速度をもってしても、許容イナーシャを逸脱すると、許容トルクを超えてしまうということなのでしょうか? また、インターネットで検索すると、あきらかに私たちが取り扱う予定のワークよりもイナーシャが大きく、同質量の可搬を同じロボットでやってる例をみたのですが、 まともに負荷設定(イナーシャを含む)をするとアラームが出て怒られるはずなのですが、そういうのは負荷設定を甘くして、無理やりやっているのでしょうか? そういう場合はメーカーの保証対象外ですよね。 よろしくお願いします。

  • モーター選定

    回転体重量590N 垂直軸にて120rpmで回すためのギヤードモーターの選定について確認お願いしたいです。モーター軸、回転体軸ともPCD100のVプーリーを取付け、Vベルトの連結にて回転させます。下記にて簡単に計算しました。(いろいろな条件を考慮するとこんなに簡単ではないでしょうが・・・) 回転に必要なトルク T = 590N x 0.05m=29.5Nm モーター出力 P = 2π/60 x 29.5Nm x 120rpm = 371w = 0.37kw 安全率2として モーター容量 0.75kw  減速比 1/10のギヤードモーターを選定しました。このモーターで回すことは可能でしょうか?わかる方おられましたら教えていただけませんか?宜しくお願いします。

  • 回答No.3

各1軸 ドライバー衷心より距離を出しモーメントを求めればいいんじゃないかという前に ブレーキ付きのがあれば計算しなくても終了

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • TIGANS
  • ベストアンサー率34% (166/481)

確かに計算上は最大30Nの力がかかりますが 力がかかるときにはドライバは舳固定されている状態になりますので そのジョイントには舳と平行な方向でのトルクしかかかりません。 ドライバ舳とロボットの舳が平行であれば30Nはあまり心配無いかと ただし固定部に近い回転舳に回転方向トルクが伝わることは忘れずに。 本図ではドライバの作用点とロボットの上下舳支持点がずれており ロボットの腕にねじりトルクがかかるので力学的に複雑化してしまい (なので担当ごとに言い方が変わっているのではないでしょうか) 傾斜舳が回転トルクでガタつくことになるかもしれません。 アルミプレートの形状を修正してドライバーのネジ締め付け時に ドライバ作用点とロボットの支持点の上下関係が少なくなるようにして ネジ締め付け時の反動トルクがロボット可動軸方向と垂直になるように 工夫されてみては?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。 ドライバーの作用点とロボットの支持点が上下方向にずれているのも ねじれ発生するので注意しなければならないことですね。 lumiheart さんの指摘にもありますが装置の剛性を注意しないといけないですね。 アドバイスありがとうございます。

  • 回答No.1
  • l4330
  • ベストアンサー率22% (4372/19584)

  30Nはドライバーを上に持ち上げる様に働くのですね。 その力はドライバーの重量を無くす方向に働きます。 普通に考えればドライバーの3kgf程度でしょう、30Nの力が上方向に働けばロボットから見れば負荷が無くなった様になりますね。 つまり30Nは無視して良い力です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 慣性モーメント,回転半径とは?

    慣性モーメントとは質量mなる物体の微小部分び質量をdmその部分と特定の軸Aとの距離をrとするときr^2とdmの積の物体の全部分についての総和を軸Aに関する慣性モーメントと言う。 これが本にある定義です。 ここで∫r^2dmの次元はm^2・kgですよね? 曲げモーメントやその他のモーメントは次元がNmです。 次元が全く違うのになぜモーメントという名がついてるのでしょうか? また慣性とついてるのはなぜでしょうか? それと 物体の全質量をMとすると軸からkの距離に全質量が集まったと考えれば 慣性モーメントI=Mk^2となり kを回転半径という。 これが回転半径の定義と本にはあります。 なぜこれが回転半径なんでしょうか? どなたかお願いします。

  • 中空軸ギアヘッド出力軸許容慣性モーメントの求め方

    いつも大変お世話になっております。表題にもある通り中空軸ギアヘッド出力軸許容慣性モーメントの求め方が知りたくご質問させていただきます。 添付のカタログには内部慣性モーメント0.0000367kg・m2(入力軸換算)は記載されておりますが出力軸許容慣性モーメントの記載がありません。 内部慣性モーメントとはどのようなものでしょうか? また、中空軸ギアヘッド出力軸許容モーメントを求める方法をご教示願います。

  • サーボモータ駆動・ラック&ピニオン構造のロボット…

    サーボモータ駆動・ラック&ピニオン構造のロボット用ハンドの検討 6軸多関節の産業用ロボットでプリント基板(A4サイズmax)や基板に装着する コネクタ(幅40?程)のハンドリングを検討していて、ハンドの設計に 関してご教授願いたく投稿いたしました。 要件は、ワークサイズ:40~300程度と広範囲の為 構造はラックをピニオンを対称に2コ配置した形でワークを挟み込む物にし ワーク質量:数グラム~300g程度なのでサーボモータ駆動でトルク制御し 剛性感の無い基板をやんわりと数百グラムの把持力で掴むことを考えています。 詳細 ラックはモジュール1、φ10の丸ラック、ピニオンはP.C.D 12 サーボモータは50w、軸径φ8がどうも最少の様ですのでこれを使用 定格0.15Nm、3,000rpmです。 この条件で考えると、ラック速度はゆっくりでよく50?/s程度でよいと考えますが ?心配なのがモータ1回転当たりラックは37?も進むので、減速機なしで使う場合、モータは超低速回転ということになります。 このような使い方はありなのでしょうか。 ?もう一つはトルク的に行けるかと思うのですが、慣性モーメント的には  NGとなってしまうことです。(選定ソフトで) この件にお詳しい方いらっしゃいましたら、ご教授ねがいたくよろしくお願いいたします。

  • モーター選定について

    いつもお世話になっております。 2軸のローラー間に円柱上のワークを載せまして、 一方のローラー軸をモーターで回転させ上に載せたワークを回転したいと考えています。 どのように計算を進めていけば良いのでしょうか? 私の方、ド素人の為計算する際はオリエンタルモーターカタログの選定例を参考にしているのですが、 ベルト駆動でもボールネジでもターンテーブルでも無い・・・ どうやって計算したら・・・と悩んでいました・・・ トルクの考え方、慣性モーメントの考え方、計算のプロセスとか出来るだけ細かく教えて頂ければ助かります。 どなたか御教授願えませんか?? cf. ワーク質量200kg,直径D:900mm,ローラー径:100mm

  • 回転軸の選定

    3.7kwのモーター(8P 900rpm)をVプーリーにて従動側の回転軸に伝達させるのに、軸径および軸長さの選定に悩んでいます。 回転軸(シャフト)には軸受け2つをシャフト両端に設置、回転させるテーブルとシャフトを軸フランジで連結させます。 回転テーブルは20Kgの重量があります。 回転数は同回転900rpmでシャフトの長さに機械的制限はありません。 この条件でねじり応力、トルクの許容値を算出した上で軸設計できる様な計算式および参考になるような資料があれば教えて下さい。 宜しくお願い致します。

  • イナ―シャの公式

    アームロボを動かすためにサーボモーターを選定しました。 アーム長は10cm、先端の重りが2kgf、速度は1分間に2回転します。 サーボモーター定格トルク0.159 N・m サーボモーターの回転子慣性モーメント0.0242kg・m^2X10^-4 この30倍が許容負荷慣性モーメント とメーカーカタログに載ってました。 ギアーヘッド選定するためイナ―シャを求める公式教えて下さい。

  • 球体の慣性モーメント

    一様な球(質量M、半径a)のz軸まわりの慣性モーメントについて質問です。 dIz=1/2*(ρπx^2dz)*x^2(Iは完成モーメントのアイです) x^2=a^2-z^2 あとは密度は ρ 、dzを-a~aまで積分すればいいのですが、 x^2=a^2-z^2がわかりません。 慣性モーメントを求めるうえで、したの画像のような 薄い円盤の板をどんどん積み重ねていくから、 z軸周りの慣性モーメントを求める際のr^2にあたるのがx^2としているのがわかりません。 薄い円盤はz軸を含んでいるにもかかわらず、これに対して薄い円盤とz軸までの距離というのがそもそも定義できないと思ってわからないのですが、だれかわかりやすく回答してくださいませんか。

  • モーターギアのトルクを省スペースで稼ぎたい--平歯車?カップリング?

    こんにちは。 モーターギア(出力)の許容トルクは1Nm、負荷トルクは3Nmです。 たとえば平歯車を使えば3倍くらいはゆうに稼げますが、スペースがかかってしまうような気がします。 そこでずっと調べていたのですがカップリングというものを使用すると大きめのシャフト径を反対側に連結できるようです。しかしこれも軸方向にスペースが取られそうな気がします。 可能であればモーターギアの出力シャフトにすっぽり取り付けそのまま同一の軸で回転できるような何かがあればいいなと思うのですが・・・それが何だか分かりません。ご教授願えると幸いです。

  • 軸径の強度計算について

    軸の太さについて勉強をしています。 1点不明な点がありますので、ご教授お願い致します。 添付画像の例題の中で軸の直径を求める計算があります。 自分の計算結果と解答を見比べた際に、曲げ強度の軸径だけが合ってきません。 ※解答はd=43.37mmとなっていますが、私はd=20.22mmと計算しました。 以下は私が計算した結果になりますが、間違いなどありますでしょうか? ■相当ねじりモーメントと相当曲げモーメント トルクT=200x500=100000[N・mm] 曲げモーメントM=800x500=400000[N・mm] 相当ねじりモーメントTe=√(100000^2)+(400000^2)=412310[N・mm] 相当曲げモーメントMe=(400000+412310)/2=40615[N・mm] ■軸径を計算 ねじりと曲げの2種類の軸径を計算して太い方の軸径を使用する。 ・ねじりの軸径(中実軸) 直径d=∛((16/3.14)x(412310/25))=43.8[mm] ・曲げの軸径(中実軸) 直径d=∛((32/3.14)x(40615/50))=20.22[mm] ■追加質問 他の書籍の中で、曲げの軸径の公式について以下がありました。 直径d=∛(10xM/σ) ここで言う10と言うのは、32/πの近似値として使用している理解で合っていますでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • ユニバーサルジョイント

    ACサーボモーター(最大トルク16Nm。)に使用可能なユニバーサルジョイントもしくは似たような機能の軸継ぎ手を探しています。 ACサーボ対応を考えている為、バックラッシゼロが条件で検索しましたが、許容トルクの最大値を越えてしまうものが大部分でした。 軸径φ16が使用可能なユニバーサルジョイントを紹介してください。