• 締切済み
  • 暇なときにでも

ハイブリッド車は好きじゃなかったけどステップワゴン

表題の通りハイブリッド車は車格の差を低燃費で補えないので意味が無いものだと思っていました。(個人的にハイブリッドに対して良いイメージを持っていなかった) 昨年交通事故に遭ったが、潤沢な任意保険のお陰で購入価格を上回る保険金が支払われました。(ただし、保険の性質上で支払い限度額の上限一杯まで使い切らないと損) 上記の保険の特性上、保険金を目一杯使う為にはハイブリッド車を選択せざるを得ないという状況になり、やむを得ず嫌いだったハイブリッド(ステップワゴン)を購入しました。(車庫事情等でエルグランドやオデッセイはNGの為という事情もあり) 私のワンボックスカーに対するイメージは、大勢乗れる、荷物が沢山積める、その代わり燃費が悪くて走りもどん臭い、というものでした。(居住性、積載性を優先する為に走りは犠牲になっている) 初めてのハイブリッド車に乗ってみて、まあハイブリッドなので燃費は確かに良かったのですが、思っていた試算の通りノーマル車との価格差を埋めるには10年以上が必要(走行距離しだいですが)だと思いました。 しかし驚いたのはハイブリッドモーターの走行性能です、特に出だしの加速が凄い、その加速性能はまるでスポーツセダンのような軽快さで、まさに目から鱗が落ちた思いでした。(モーターって凄いんだなって感動しました) ただし、ハイブリッド初心者の私には分からない事があるので皆さんに教えて頂いたり、或いはご意見などをお聞きしたいのですが。最近のハイブリッド車ってどのメーカーのどの車種でもみんな早いのですか、それともステップワゴンには何か新しい特殊なシステムが搭載されていて特別に早いのでしょうか? メインはステップワゴンのハイブリッドに付いてですが、方向が大きく逸脱しなければハイブリッド車全体に対する感想やご意見でも結構ですので、よろしくお願いいたします。 広く沢山のご意見をお伺いしたいと思いますので、質問は長めに開示してご回答をお待ちしたいと思います。 その為、御礼も遅くなると思いますがご容赦ください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数328
  • ありがとう数8

みんなの回答

  • 回答No.7

以前……シビックtypeRの修理の代車に、CR-Z 6MTを借りたのですが、初期のの加速ならハイブリッドの方が速いね…… 速度が乗ればtypeRの方が回転上限が高いので、速いのは間違いないが……… CR-Zを2週間借りた感想が………楽しいのに燃料が減らない……と言う嬉しい誤算でした(笑) 今度買うときはフィットを候補に入れようと考えてます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 >今度買うときはフィットを候補に入れようと考えてます。 デカイ車体のステップワゴンであの走りですから、コンパクトな車体のフィットなら相当の走りが期待できそうですね。

質問者からの補足

>シビックtypeRの修理の代車に、CR-Z 6MTを借りたのですが、初期のの加速ならハイブリッドの方が速いね…… 乗っている車も借りた代車もけっこうマニアックな車ですね。 >楽しいのに燃料が減らない……と言う嬉しい誤算でした(笑) ステップワゴンも自分の予想に反して、俊敏な加速、高速道路や山道での力強い走り、それなのに燃費も良いなど、ハイブリッドに対して持っていたイメージに反した凄い誤算でした。

関連するQ&A

  • ハイブリッド車の燃費について教えて下さい

    ハイブリッド車の燃費が30km/lとかすごく良いのは、街中走行で発信や低速時に電動モータを使うからだとおもうのですが、高速道路を100km/hで定速走行する際の燃費はどのくらいかわかる方教えて下さい。(私は高速の頻度がすごく高いので、車両価格の安いガソリン車か、燃費の良いハイブリッド車か迷っています。ディーラーにきいても分からないとのこと)よろしくお願い致します。

  • ハイブリッド車について。

    ハイブリッド車って良いと思いますか? 色んな面、例えば一番に上がるのは燃費ですが、走行性能等々もふくめて、出来れば可否の理由もお願いします。

  • ハイブリッド車のエンジンについて

    ヴォクシーハイブリッドに乗っています。 質問なんですが、よく高速や山道でエンジンの回転を上げたりするとあたりが付いてエンジンの調子が良くなったり、燃費が良くなったりする場合がありますが、ハイブリッドのエンジンも同じと考えていいのでしょうか? 昔は新車は慣らしで高速を走らせたほうがいいなど言われてましたが、今は慣らし運転は必要ないと言われています。 昔レンタカーでODOメーターが3000キロくらいのコンパクトカー(コルト)を借りて、レッドゾーンまではいきませんが回転上がりぎみで1000キロくらい走行したのですが、帰りはエンジンの調子が良くなり燃費も加速も最初よりよくなったように感じました。レンタカーなのもあり大事に乗るというより、荒めの運転だったかもしれません。 このようにハイブリッド車でもエンジンの調子を良くすることはできるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 回答No.6

エスティマハイブリッド(20系)オーナーです。 この車を選択したのは、北海道在住であり、毎日使う、家族が多い、荷物を運ぶという理由から選択をしました。購入当時、ハイブリッドのミニバンで4駆はエスティマかアルファードしかなく、元々エスティマが好きで乗り継いでいたのもあります。購入は、6年落ち138000kmの中古車を車検付けて200万での購入になります。 加速に関しては、エスティマの同じ2.4リッターより圧倒的に早いです。 (ノーマル2.4で170ps ハイブリッドはトータル190ps ) 車重は2トン近くあるにも関わらず、昔の2リッタースポーツセダンのような加速をします。 加速は馬力よりもトルク優先なのですが他の回答者様もコメントしてますが、ガソリンエンジンの場合トルクバンドまで回転数を上げなければトルクが出ませんがモーターの場合は、0からトルクが出ます。 ゆえにモーターで加速するハイブリッドが良いのでしょう。 単にモーターだけで走る日産リーフは、CMでもやってましたが下手なスポーツ車よりも加速が良いですね。リーフの加速の良さは知り合いの整備工の方も驚いていました。 話はエスティマハイブリッドの話に戻しますが、1代目のハイブリッド(10系)の場合搭載モーターが非力でありまた燃費優先だったため運動性能はスポイルされてましたが、2代目になり約150馬力のフロントモーター、50馬力のリアモーターを搭載し、燃費と加速の両立をしました。 私としては、ハイブリッドの燃費も魅力ではありますが過給機の代用ともいえるモーターアシストによる加速も魅力でした。 私の所有する車も初年度登録から10年経過し、走行距離も33万kmを越えましたがまだまだ現役です。車体こそあちこちガタがきてますが駆動系はノントラブルです。燃費は、13~15km/Lです(カタログ値は18km/L) ノーマルのエスティマと比較して、1.5倍~2倍の燃費になります。 このノントラブルの要因は、ほぼ全てのメンテナンスをディーラーに任せているためと思います。やはり長持ちさせるためには、専門メンテナンスに限ると。 メインバッテリーのリチウムイオンバッテリーが28万kmでダメになり新品に交換しました。また足回りもほぼ新品に交換しました。 大きなトラブルがなければ50万kmまで乗るつもりです。 メーカーは違いますが、ハイブリッドとしてのコメントをさせていただきました。 参考になれば、幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 北海道にお住まいの方だったら年間走行距離が多い人が沢山いらっしゃるとおもいますのでハイブリッド車のご利益が十分に得られそうですね。 50万キロ超えを目指して大切に乗り続けてください。

質問者からの補足

>モーターの場合は、0からトルクが出ます。 >ゆえにモーターで加速するハイブリッドが良いのでしょう。 AT車やCVT車はではできませんが、MT車ならトルクバンドに合わせてクラッチミートをすればモーター駆動車の加速に勝てそうな気もしますが? どうなんでしょうか? >単にモーターだけで走る日産リーフは、CMでもやってましたが下手なスポーツ車よりも加速が良いですね。リーフの加速の良さは知り合いの整備工の方も驚いていました。 >メインバッテリーのリチウムイオンバッテリーが28万kmでダメになり新品に交換しました。また足回りもほぼ新品に交換しました。 日産リーフは4~5年でバッテリーが駄目になる欠陥車だったそうですが、トヨタのバッテリーはそんなに性能が良いのですか、凄いですね。

  • 回答No.5
  • 2012tth
  • ベストアンサー率20% (1359/6530)

最近、レンタカー借りて乗ったハイブリッドの軽自動車。 https://img1.kakaku.k-img.com/images/productimage/fullscale/K0000960892.jpg ミライース 同じく、ハイブリッドは余り好きでは? 燃費が 35km/L って?ガソリン減らないよ…キビキビしてて 軽なのに中も広くて普通にリッターカー並だったのに早かった。 因みにトヨタの軽自動車も現在はコレと同じ https://toyota.jp/pixisepoch/ ピクシス エポック 見た目が完全にトヨタのアクアだった。 https://toyota.jp/aqua/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 レンタカーで色々とお試ししてみるという手がありましたね。 軽自動車でもハイブリッド車はパワフルだという事ですね。 ステップワゴンが特に早いのかと思いましたが、同じクラスの日産やトヨタのワンボックスもステップと同等の良い走りをするという事でしょうか? 最近はトヨタの軽自動車をよく見掛けるようになりましたが、生産は全てダイハツの工場で行っているOEMですのでエンブレムが違うだけで中身は同じ物なので購入を検討している人はトヨタで買うかダイハツで買うか迷うでしょうね?

  • 回答No.4

もう10年以上前から、ゼロヨンではガソリン車より電気自動車のほうが早くなっています。出だしの加速は電気自動車のほうが優れているのです。 でもそうするとみんな調子に乗って加速しちゃうから、市販の電気自動車並びにハイブリッドカーはわざとデチューンしてるんですって。 トルクの力強さでは、エンジンよりモーターのほうが優れているんです。これは今に始まった話ではなく、昔からそうです。 ですからあのポルシェの生みの親でありマッドサイエンティストでもあるフェルディナント・ポルシェ博士は太いトルクが全域で必要な戦車ではギヤチェンジしないといけないエンジンよりモーターのほうが優れているじゃないかと気づきまして、「エンジンで発電してその電気でモーターを回す」といういかにもドイツ人な天才的&面倒くさい発想をしました。なんと、ハイブリッドカーを思いついたのです。 しかし、時代が早かった。早すぎた。だって第二次世界大戦のときだもの。日本が戦艦大和を作った頃、ドイツはハイブリッド戦車を作ろうとしました。ポルシェ・タイガーと呼ばれるタイガー戦車がそれです。しかし時代が早すぎて失敗しました。ちなみに現代のアメリカのM1戦車は、ガスタービンエンジンで動きます。分かりやすくいうと、ジェットエンジン・笑。アメ車らしくパワーは桁違いですが、燃費も逆の意味で桁違い。リッターん十メートルとかそういうレベルらしいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 キングタイガーじゃなくて、メッサーシュミットをハイブリッドにしていたらドイツが勝っていたかも知れませんね。 でも日本だって大和の砲台(2700トン)を滑らかに回転させる高精度のテーパーローラーベアリングを作ったり、緻密な計算で着水しても水没せずに跳弾現象を発生させて的確に敵艦に命中させる特殊な砲弾を開発したりと頑張っていました。(大和の46センチ砲は水平に狙ってから照準をやや下に向けて発射すれば確実に命中するという事です) また終戦の間際までに日本軍の研究機関はジェット戦闘機の試験飛行にも成功していますし、私が何よりも感心させられているのは戦争末期のゼロ戦の燃料を松ヤニを精製して抽出した松根油という燃料でまかなっていたという事です。 これからはモーターが主役の時代になって行くのでしょうか? だとすれば、日立、東芝、三菱などの優れた電動モーターメーカーが揃っていてモーターの特許技術も沢山押さえている日本は有利なのではないかと思います。 ポルシェもハイブリッド車を発売したみたいですが、ガソリンターボ車の顧客とは購入する客層が違っているみたいな記事が書いてありましたね。 で? ステップワゴンに限らずハイブリッド車の動力性能はガソリンエンジン車よりも優れていると解釈してよろしいのでしょうか?

  • 回答No.3

ハイブリッドといっても色々な方式があります。 モーターでエンジンをアシストするタイプからモーターメインで走るタイプまであり、ステップワゴンのI-MMDはエンジンで発電してモーターで走行するタイプなので強力なモーターを搭載しています。 これだけだと日産のEパワーと同じようですがステップワゴンのは高速巡航時はエンジンで駆動できるようになっている点です。 高速時はエンジンで直接走った方が効率が良く、Eパワーはそれが出来ないので高速の燃費が良くないのが欠点です。 モーターは0回転から最大トルクを発生するので車の動力源として適しています。 なのでエンジンをアシストするタイプのハイブリッドでも発信加速時の力強い走りはありますのでハイブリッド車のメリットは燃費だけではなく走行性能にも寄与することを理解していればコスト的な損得だけでハイブリッド車は損だとは言えないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 燃費だけで考えると無駄に思えていましたが、低速から高速域までの切れ目のないパワー特性の為の出費だと思えば結構良いのかも知れないと思えるようになりました。 ツインターボやスーパーチャージャー付きの車が高いのと同じかな? しかもハイブリッドの良い所は強制過給機と違って燃費も良くなるという点にあると思います。

質問者からの補足

>ハイブリッド車のメリットは燃費だけではなく走行性能にも寄与することを理解していればコスト的な損得だけでハイブリッド車は損だとは言えないと思います。 販売店の人の説明もそんな感じでした。 ステップワゴンのハイブリッドは低燃費を目指したハイブリッドじゃなくて「軽快でストレスの無い加速と快適で楽しいパワフルな走り」なんだそうです。 燃費に特化すればもっと低燃費にも出来たそうなのですが、低燃費よりもパワーを重視したと言っていました。

  • 回答No.2
  • okvaio
  • ベストアンサー率31% (974/3113)

>初めてのハイブリッド車に乗ってみて、まあハイブリッドなので燃費は確かに良かったのですが、思っていた試算の通りノーマル車との価格差を埋めるには10年以上が必要(走行距離しだいですが)だと思いました ここは、私も確認しましたが同感です。 ざっくり、価格差が40万円で、燃費差が倍違うとして 10km/L→20km/L、月に500km走行距離で50L→25L ガソリン価格150円/Lで月に約4千円、年で約5万円の差です。 価格差40万円÷燃費差年5万円=8年 となります。 月に1000km乗れば4年でツーペイですが、現実的な数値 ではありません。 ハイブリッドの場合、駆動用バッテリーの寿命と劣化による 燃費の低下で5年で買い換えを考えた方が良いと思いますが、 結局、ガソリン車とあまり変わらないことになると思います。 質問者さんのような事情があれば買いますが、そうでなければ あまり買う気にはなりませんね。 燃費差が3~4倍良ければ良いのですが・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 そう言えば? 自損事故のモデューロXもセンシングは付いていたんだった? モデューロXとハイブリッドの燃費の差は4キロ~5キロくらいしかありません。(モデューロXは割と燃費が良かったので) でも私の場合は一月に1000キロくらい走りますので概ね御試算して頂いた年数が必要だと思います。 ハイブリッド用のバッテリーって5年しかもたないんですか? 早めのサイクルで買い替えていった方が良いのでしょうか?

質問者からの補足

ここ十年間くらいは何故か事故に見舞われていて、お参りに行ったりお祓いをしたりしていたのですが効果は無し。 事の始まりは高速道路の渋滞で停車中に後方から居眠り運転の車にオカマされて廃車という事故でした。(3500ccの外車) その時にたまたまお世話になったのがホンダの販売店さんで、家族の事や経済的な事も考えてその販売店でステップワゴンを買いました。 (このお付き合いが切っ掛けで以後ステップワゴンに乗っていますが、そうでなければセレナでもボクシーでも特に差は感じなかったのですが) しかし、そのステップワゴンも何故か停めてあった駐車場にトラックが突入して廃車になりました。(空いている広い駐車場だったのに何故私の車に突入したんだ?) その事故で降りた保険金を頭金にして、ステップワゴンの1.5リットルターボのモデューロXっていうのを買ったのですが、今度はわずか10ヵ月で自分の不注意で半壊事故、新車買い替え特約の保険金が下りたので初めてハイブリッドのステップを買いました。(385万円で買った車に425万円の保険金が出たので) その間にも自分がバイクの事故で入院、子供もバイクの事故で入院、落雪でカーポートが倒壊、別の大雪で自宅屋根が破損、小火災を出したりと災い続きの十数年、保険金は全部が修繕費と病院の支払いに消えましたがその金額は3千万に届くくらいです。(保険に入っていなかったら一家心中だったかな?) 今度のステップワゴン君は事故を起こさずに長く乗り続けられます様にと祈るばかりです。(センシングっていう安全装備が助けてくれると良いのですがね?)

  • 回答No.1
  • seble
  • ベストアンサー率27% (4038/14669)

車種による性格付けや性能差の問題もありますが、電動モーターは0回転からいきなり最大トルクを発します。これが出足の良さにつながります。反面、回転があがるとトルクが細り、伸びがいまいちです。ここはエンジンで補えるし、もちろん出力自体が十分高ければ最高速へもそれなりに届きます。 ハイブリッドはその使い方次第でエンジン車と比較的に差が出ます。バッテリーが放電してしまうと途端に重くなりますので、上り坂ばかりで行くとアウトです。最高速の連続運転、サーキットみたいなのも不利です。レースカーの場合はそういう設定で設計しますからまた別ですが。 そして、バッテリー分の価格差と重量差ですね。保険で価格差の問題がなかったのですから、そこはデメリットにはなりませんから、良い買い物だったのかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 >電動モーターは0回転からいきなり最大トルクを発します。 皆さんから大たい同じご回答を頂きました。 同じ動力源でもエンジンとモーターとではだいぶ特性が違うのですね。 すてっワゴンが特別なのではなくて、モーター動力車は全般的に加速が良いという認識で良いという事なのでしょうか? >バッテリー分の価格差と重量差ですね。 まさに販売店でカタログを見た時に思った事はこの2点でした。 「やっぱりハイブリッドって高いなー」と「えっ、1.8トン?なんて重いんだ」ってビックリしました。 今回の事故と保険契約がなければ、「食わず嫌い」のままずーっと知らずにいたのかも知れません。 燃費の損得だけで考えていましたが、動力性能という観点から見れば高くても買う価値はあるのかなと思う様になりました。 高くてもツインターボなどのハイパワーエンジン車を選ぶ人がいるのと同じだと思いますし、走りが良くて燃費も良いなら悪い選択じゃないと思えるようになりました。

質問者からの補足

誤→すてっワゴンが特別なのではなくて、 正→ステップワゴンが特別なのではなくて、 皆様から色々なご意見を頂けて勉強になりました。 特に何方をベストアンサーにするという趣旨の質問ではありませんでしたので、皆様に感謝しつつベストアンサー無しで質問を締め切らせて頂きます。 皆様、ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • ハリアーハイブリッド車

    の馬力はどのくらいになるのかご存知のかたおられますか?今アリストに乗っているのですが、仕事に使うので一年に2万キロ以上走ります。みみっちい話ですが、なんかもったいないような気がしてもっと燃費が良くて環境にやさしいハイブリッドをと思っています。でも今の280馬力の魅力はあるので、あまり馬力がないのもストレスか?とも思いまして・・。最近のハイブリッド車、プリウスも雑誌に2000cc並の動力性能と書いてありましたので、来年発売予定とされるハリアーは200馬力位はでるのでしょうか?私は別にスピード出すほうではなくて、一瞬の加速に快感を覚えるだけの人間なので280馬力は無駄な馬力だろうとは思っています。

  • ハイブリッド車のトルクショックについて

    トヨタのカムリハイブリッドに乗り始めて4ヶ月になります。初めてのハイブリッド車です。 最近になって気になり出したのですが、走行中にモーター駆動からエンジン駆動へと切り替わる際、トルクの不連続による軽いショックが感じられます。具体的には、一定の速度で走行中に、モーターのバッテリー量が一定量以下になると、自動的にエンジン駆動へと切り替わりますが、その時に「カクッ」とした軽いショックが感じられるというものです。 ハイブリッド車の場合、常にモーター駆動とエンジン駆動を繰り返す方法をとっていますが、その際のトルク変動に伴うショックは、避けられないものなのでしょうか。 購入後の間もない頃は、もっとスムーズな切換が出来ていたように思うのですが。

  • ホンダステップワゴンのハイブリッド車は出ませんか?

    トヨタ、ノア、ボクシーとホンダのステップワゴンで比較しています。 燃費以外はステップワゴンがいいのですがステップワゴンは今後ハイブリッド車は出なそうですか? 今までのホンダの戦略や流れで結構です。 待っててもステップワゴンのハイブリット車はでなそうですかね? ホンダはあまりハイブリットに力を入れていないのでしょうか?ホンダで同じような7,8人乗りでハイブリットでもいいのですが、価格と最後尾のシートの収納がステップワゴンの欲しい理由です。

  • ハイブリッド車(ハリアーハイブリッド)について教えて下さい

    以下の3点の件について、教えて下さい。 (1)先日、ハイブリッド車に試乗した際に、ギアが電気モーターから、ガソリンエンジンに変わるときに、「ガクン」という違和感がある感覚がありました。 この感覚はハイブリッド車全体にあることなんでしょうか? ちなみに私が試乗したのは、ハリアーハイブリッドです。 実際のところを教えて下さい。 (2)トヨタの中古車を購入しようとしていますが、やはりトヨタ直営の中古車ディーラーの方がいいのでしょうか? 直営ディーラー店のメリットについて教えて下さい。 また、メーカー直営ではない、一般的な中古車ディーラーと、直営店では、根本的に何が違うのか教えていただけたら幸いです。 (3)ハイブリッド車の燃費は、ガソリン車に比べて、実際のところどうなのでしょうか?大きく変わるのでしょうか? メーカー表示の10.15の燃費や雑誌上に掲載されている燃費との実情(違い)を教えて下さい。 ちなみに、トヨタのハリアーハイブリッドの実燃費を、市街地他、教えて下さるとありがたいです。 余談になりますが、立体駐車場の高さ、車幅規定も教えて下さると助かります。 それでは、上記の件をお願いいたします。

  • ハイブリッド車の優位性は?

    現在ガソリンのワンボックスカーに約10年間乗っており、そろそろ、車の買い替えを検討しています。 最近は全体的にハイブリッド車に人気があるようですが、ハイブリッド車はガソリン車よりも同じ車種だと40万円ほど高くなります。 この価格差を燃費の相違から回収するには、私の走行距離では数年かかります。 またハイブリッド車のバッテリーは10年間は持たず、交換費用は20万円以上必要と聞いています。 ハイブリッド車は複雑なシステムを搭載しているが故に故障の確率も高くなるのではないかと思います。 システムが簡単なダウンサイジングターボやジーゼルの方が長期的にみた場合経済的ではないかと私は思っています。 同じ車種でガソリン車とハイブリッド車を選べる場合、皆さんはどちらを選びますか?

  • ハイブリッド車について

    私、近々車を買い変えるにあたり、 ハイブリッド車の購入を考えておりました。 私の取引しております、車販売店の社長に、 ハイブリッドは止めておいたほうがいいとの アドバイスをいただきました。 「10年たつと、モーターと電池の交換で、 100万円の投資が必要になる。 この交換を行わないと、全く走らなくなる。 長く乗るなら、普通のエンジンが良い。」 とのことです。 確かに、高額な買い物ですので、 10年以上は、乗りたいと思います。 10年後に、100万円の投資(修理)ができるかと言うと、 ノーだと思います。 皆さんの意見を聞かせてください。

  • ハイブリッド車、EV車の疑似排気音義務付けってどうなの?

    新聞で、ハイブリッド車の小さな排気音、走行音によって事故が起きている(音が小さくて接近に気付かないため?)ので、普通のガソリン車程度の疑似排気音がするように義務付けをするという記事を読みました。 これってなんかおかしくないですか。 ハイブリッド車は確かに環境に優しい低燃費が売りとは思いますが、そのモーターも動力源にした今までの車とは違ったスムーズで静かな未来的(古い?)な走行感覚も魅力ではないのでしょうか。 自分は運転をしてるので、もちろん周りの音も重量な情報源ですが、ほとんどは目視による情報で運転しています。現在は普通のガソリン車ですが、そのうちにプラグインハイブリッド、EV車に乗る事もあると思います。なのにそれが今までのガソリン車と同じ様な(それも疑似的に作られたもの)走行音ならば、がっかりします。それがFV車ならばさらにとんでもないと思います。 自動車を取り巻く環境は厳しいものであることは承知していますので、環境負荷に対するコストは支払うべきものと思っています。環境に優しく今までと違う操縦感覚を味わう事もその価格の中の価値であり、魅力ではないかと考えています。車両価格が高いのもその対価とも考えています。(トヨタ、ホンダは超バーゲンプライスです) しかし今回の新聞記事の内容には、愕然としてします。充分知識、学識、見識のある方の意見が、単純に疑似排気音を出すようにするという事しかないのでしたら、誠に残念と思います。 そのような事故の原因は、車のせいだけなのでしょうか?未然に防ぐためには何かの対策は必要なのかもしれませんが、困難低レベルな対策はないでしょう。最悪何かの音を出さなくてはならないにしても、なぜ疑似排気音なのでしょうか。 皆さんの御意見をお聞かせ下さい。

  • ハイブリッド車の回生ブレーキについて

    ハイブリッド車の回生ブレーキについて教えていただきたいです。 現在ヴォクシーハイブリッドに乗って3年になるのですが、先日初車検で整備等で見てもらった所、ブレーキパッドがまだ10ミリ?新品に近いくらいです。と言われました。 走行距離も16000キロ程で少ないですが、ハイブリッドはブレーキパッド減りにくいとは聞いていたものの、まだ新品に近いというのは驚きました。 ここで質問なのですが、回生ブレーキとブレーキパッドが使われるブレーキの境目はどこなのでしょうか? 人や車が飛び出しなどで急ブレーキで止まる時はブレーキパッドなのでしょうか? 勝手なイメージでは急な減速の時はブレーキパッドなのかなと思っています。 例えば、高速道路からサービスエリアに入ったり、一般道に降りる時にはゆっくりですが急減速しますよね?その時はブレーキパッドなのでしょうか? これからもまだまだ10年近くヴォクシーハイブリッドを乗り続けようと思っているので、ブレーキパッドの減りにくいブレーキ操作を心掛けたいと思うので、わかる方よろしくお願い致します。

  • エスティマハイブリッドの維持費について。

    エスティマハイブリッドの維持費について。 現在ステップワゴン(11年目)に乗っており、燃費は街中の走行が中心で大体リッター7キロぐらいで、年間に1万キロぐらい走行します。 エスティマハイブリッド(中古、走行距離5万キロ程度)に乗り換えたとを仮定すると、その維持費はどの程度違うでしょうか。税金や燃費、その他を合わせ、大雑把なイメージで構いませんので教えてください。妻は3ナンバーなので維持費が高い、と言って首を縦に振らない状態です。車室の大きな車が欲しいのですが、購入に充てられる金額は限られています。中古車の当たり外れなどについては考慮に入れずおおまかなイメージで結構ですのでお教え願います。もし現在のステップワゴンよりだいぶお金がかかりそうであれば諦めます。 よろしくお願いいたします。

  • ハイブリッド車とガソリン車の燃費について

    今、ガソリン車を保持しております。 今年で、車検が切れるため、ハイブリッド車にしようかなと思っているのですが、燃費のよいガソリン車とどちらがよいか迷っています。 こちらの運転状況 基本的に田舎なので毎日運転して、通勤にも使用しております。 <通勤時> 往復 60km(うち高速道路 約40km) 通勤1ヶ月で20日計算の場合ですが1年で、 高速道路 約9600km 一般道路 約4800km くらいかな~と思っています。 誰から聞いたかは忘れたのですが、ハイブリッド車は高速道路の燃費はガソリン車とそれほどかわらないと聞いたことがあります。自分も、通勤時は高速道路の方が走行距離が大きいので、ハイブリッドよりも、ガソリン車の方がお得なのかなと思っています。 すでに購入され、自分と同じような環境で使用されておられる方、アドバイスいただけると幸いです。 また、シミュレーションできる方法もありましたら、教えていただけるとありがたいです。