締切済み

オキアミはエビではなくプランクトンらしいのですが、

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9573215
  • 閲覧数119
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 75% (519/684)

釣りではおなじみのオキアミとエビですが、全く違う種類にも関わらず、両者は同じような見た目をしています。

これはサメとイルカの形がよく似ているのと同じような「収斂進化」によるものなのでしょうか。もともとは全く違う形をしていたのでしょうか。

回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 15% (65/427)

オキアミとエビは近い種であろうとは言われていますが、海面に浮いて
いるオキアミをクジラがガバッと口を開けて一気に食う様はどうみても
エビには見えませんね。
エビなら素早い動きですぐに拡散するでしょうし、動きの鈍いオキアミ
ではエビとは言えない種類に見えます。
また、オキアミ独特のOOO臭い臭いも気になります。あれはアンモニア
なのでしょうか。
お礼コメント
cwdecoder

お礼率 75% (519/684)

エビもオキアミも、死ぬと酵素で自己消化してしまうようですね。

生きたクルマエビはプリプリの食感ですが、死んだエビの刺身は、冷凍イカのような粘りがでてしまいます。
投稿日時 - 2019-01-17 22:18:14
  • 回答No.2

ベストアンサー率 14% (1566/10635)

まず、「エビ」と言われる生物は「甲殻類十脚目」のうち、カニやヤドカリ(タラバガニなどを含む)を除いたもので、実にざっくりとした分類です。言い換えると海洋を浮遊するクルマエビなどと、底を歩行して生活するイセエビ、ザリガニなどはそれぞれ遠縁の生物で、それらをまとめて「エビ」と呼んでいるにすぎません。オキアミは「十脚目」ですらありませんから、さらに遠縁の生物ということになります。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 26% (286/1094)

他カテゴリのカテゴリマスター
オキアミも甲殻類(軟甲綱真軟甲亜綱ホンエビ上目オキアミ目)ですから,エビとは親戚です。似ているのは当然です。

プランクトンとは,生活様式が「浮遊している」ということからの分類です。
お礼コメント
cwdecoder

お礼率 75% (519/684)

ありがとうございます。
オキアミはエビじゃないとよく言われているので、なぜこんなに似ているのにと思ったのです。
親戚と言っても、軟甲綱という大きなくくりなんですよね。
タラバガニはカニではないというのは、足の数が違うので納得するのですが、オキアミとエビの関係のようにここまで似ていると、不思議です。

サビキでよく使う、オキアミと良く似たアミエビ(こちらでは地アミと呼びます)は、オキアミより小さく、それこそプランクトンじゃないかと思えるのですが、これはオキアミと違って「エビ」の仲間なんですよね。
投稿日時 - 2018-12-31 21:24:29
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ