-PR-
解決済み

申告分離課税について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9572
  • 閲覧数292
  • ありがとう数14
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 100% (5/5)

申告分離課税は確定申告をしなければならないと
思いますが、売却益と売却損を通算してマイナス
になった場合(要するに損した場合)も確定申告
しなければならないのでしょうか。

どちらかと言うと税金に関する質問ですが
よろしくお願いいたします。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5
レベル6

ベストアンサー率 26% (5/19)

申告する必要はありません。
 頻繁に売買していて、もし税務署からお尋ねがきたら(私きたことあります)、通算では売却損になっている書類を提出しなくてはいけません。でも、大きな利益が出たときは源泉分離課税を選択できるので、申告分離課税のほうは、いつもマイナスですが・・・。
 なお、申告分離の分がプラスでも、20万円以内で
税務署に確定申告をしない場合は、申告しなくてもいいことになっているそうです。(税務署に行ったら、しなくても言いといわれました。その代わり、医療費控除なども申告できませんでしたが)
お礼コメント
Akito

お礼率 100% (5/5)

申告と源泉の違いはある程度わかって
使い分けていたのですが、
はっきり理解していたわけではなかったので、
今回の質問で気になっていた部分がはっきりして
大変参考になりました。

BQZ12300 さんの実体験など、大変わかりやすかったです。
ありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル7

ベストアンサー率 0% (0/2)

ご質問の内容について、以前、証券会社に問い合わせたことがあります。その時の回答は次の通りでした。

“税務署担当者により、必要の有無の見解が分かれることがあるようです。証券会社からは売却代金が30万円を超えますと税務署に対して、支払い調書を発行しております。”

また、ある雑誌には、損失の場合確定申告は必要ないと書かれていました。

私自身は、確定申告はしていません。 参考までに…
お礼コメント
Akito

お礼率 100% (5/5)

税務署はどうやって納税者を見つけるのかと思っていましたが、
「支払い調書」なるものが存在するのですか。
確かに、証券会社が知らせない限り見つけるのは難しそうですしね。

回答ありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00


  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 43% (235/542)

法律上の厳密な内容は知りませんが、申告分離課税で本当に損失が出ていれば、申告しても納税額は「ゼロ」(他の所得は考慮していません) 申告してもしなくても結果は同じことに・・・。後から税務署に確定申告しろ・・・と言われてらすれば良いのかな?
お礼コメント
Akito

お礼率 100% (5/5)

たしかに納税額が「ゼロ」で申告されても税務署も困るでしょうね。
でも、後から税務署に確定申告しろ、とかいわれるのはちょっと嫌かも・・・。

回答ありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.3
レベル4

ベストアンサー率 0% (0/8)

申告する必要はありません。

年間トータルの中に証券会社の口座保管料や通話料(通信料含)も含めて、計算しプラスであれば申告する必要があります。マイナスなら、申告する必要はありません。
但し領収書や計算書は最低1年間は保管しておく事をオススメします。
お礼コメント
Akito

お礼率 100% (5/5)

口座保管料や通話料も含めて計算できるとは知りませんでした。
回答ありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.4
レベル8

ベストアンサー率 6% (1/15)

キャピタルゲイン課税の質問ですね。察するに申告分離課税をお選びになったのでしょう。申告分離課税は売却によって利益が出たときは、その26%(所得税20%+住民税6%)が徴収されるというものです。損失がでたときには課税されません。又、複数の売買で利益と損失がでた場合は、それらを通算して計算することができます。なお、「申告」という言葉がついていることからわかるように、この方法の場合は年毎に税金を自分で申告する必要があります。もうひとつの課税方法は源泉分離課税というものです。損益に関係なく約定代金の1.05%が、税金として徴収されるものです。約定代金とは株価(変数)*株数(場合によって変わる)によって算出されます。つまり、動かしたお金です。約定代金は売買時によって異なりますし、それによって証券会社の売買手数料も異なります<=定額制の場合さほど関係ありません。個人的には定額制をお勧めします)
 課税方法は両者間で隔たりがあります。損益や約定代金によって一方より納税金額が高くなる現象が発生するからです。このようなことから不平等感が発生するため、2001年には源泉分離課税は廃止され、申告分離課税に一本化される予定です。

追伸 投資を始めようと思われるなら、かなり勉強をしてから売買をはじめることを僭越ながらお勧めいたします。証券会社によって売買手数料がことなりますので、自分と照らし合わせてリスクを考えることが大切です。新聞を見ながらシュミレーションすることもいいでしょう。株にはギャンブル的要素が含まれています。メリットよりもリスクを考えてください。極力負けない方法をです!!
うまくいくといいですね!!では!!
お礼コメント
Akito

お礼率 100% (5/5)

最近損切りした際に申告分離課税を選びました。
なかなかうまくいかないものですね。
これからもがんばっていきます。

回答、ありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


抽選で合計100名様にプレゼント!

ピックアップ

ページ先頭へ