• ベストアンサー
  • 困ってます

建物などの耐震基準が甘かった理由

地震に関する歴史的な記録は枚挙にいとまが無く、千年以上昔に大地震が発生している記録が残っています。我が国ではM7を超える地震が度々発生していたのです。 素朴な疑問として、建物などの耐震基準が最近まで甘すぎであったと感じています。過去には大きな地震は無かったため基準が甘かった、というのは言い訳にもならないと思います。 質問は、耐震基準が最近まで甘すぎた理由を知りたいのです。

noname#235414
noname#235414

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数168
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

古い日本家屋なんかは大きな地震でも持ちこたえてきたものがあります。 でなければ築数百年という建造物は残ってませんしね。 耐震基準なんて戦後、しかも数十年前にできた基準です。 しかも20年前くらいには建築基準法が改正されて甘くなりました。 姉歯事件なんかはそのために起きたようなものです。 建築・耐震基準を下げたのだって、外国企業を参入させるためですから。 海外には自信が少なく、耐震基準などないに等しいですからね。 これ全て自民党政権下で改正された法案ですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何百年の歴史を持つ木造の日本建築で地震に耐えている建物もあります。どんな理由にせよ耐震基準を下げたことは安全性軽視であり容認されるべきで無いと感じています。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 耐震基準

    東海地震が近づいていることもあって 自分が住んでいるアパートの耐振性を聞こうと思っています。 耐震基準について色々教えてください。 また、耐振性をどのように調べたらいいのでしょうか?

  • 戸建ての耐震基準についておしえてください

    戸建ての耐震基準についておしえてください 中古戸建の購入を検討しております。 最初は築30年以内の物件を購入して、大きくリフォームして新築 のようにして住もうと考えておりましたが、ある不動産屋さんから、 「’81年の耐震基準改定後のものが良い」とアドバイスを受けたの で、築25年以内の物件を探しておりました。 ところが、また別の不動産屋さんから「阪神大震災後にも耐震基準 が変更になって、それ以降(2000年以降?)のものでないと、阪神 大震災クラスの地震には耐えられませんよ」と指摘を受けました。 あくまで、偽装なしできちんと当時の耐震基準に沿って建てられて いるという前提で、以下4点についてお教えください。 1. ’81年の基準ではどれぐらいの地震に耐えることができるのか? 2.阪神大震災以降の基準に沿って建てられているものは、阪神大 震災クラスの地震にも耐えることができるのか?またそれは、何年 以降の物件なのか? 3. ’81年の基準で建てられている物件を、阪神大震災クラスの地震 にも耐えることが出来るように「耐震リフォーム」するには、おおよそど れぐらいの費用がかかるのか?(目安で結構です。) 4.新築物件であれば、最新の基準に沿って建てられているので、阪 神大震災クラスの地震にも耐えると理解して良いのか? 以上どうぞお教えください。 よろしくお願いいたします。

  • 耐震基準改正以前と改正以後  強度は、どのくらい違いますか?

     こんにちは。お世話になります。  一戸建ての物件を探している者です。  1981年の耐震基準改正以前の建物と、改正以後の建物とでは、地震に対する強度は、どのくらい違うのでしょうか?  また、耐震強度の観点から耐震基準改正以前の物件を見る際、私のような素人でも物件の良し悪しを判断できるような点があれば教えて頂けたらと思います。  宜しくお願い致します。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • teppou
  • ベストアンサー率46% (353/762)

 現在、震度は震度計で測定していますが、その震度計は平成3年(1991年)気象庁により開発され、平成8年(1996年)から全国的に使用されるようになったものです。  それ以前は、気象関係者による体感や周囲の状況で震度を判定していました。  気象関係者のいない地域の震度は、気象学者が出かけて行って、聞き取り調査や被害の状況を見て震度を判定していました。  震度7という震度階級ができたのは、昭和23年(1948年)の福井地震以後のことです。  耐震基準は明治時代から、地震による大きな被害が出ると、そのたびに改正されてきましたが、以前は実験設備も小規模でもっぱら計算による耐震設計が行われていましたので、構造設計が計算結果を満たしているのか検証がむつかしかったのです。  また、太平洋戦争で多くの家が焼失し、戦後すぐに立てた家屋は耐震など考える余裕がない状況で建てられました。  地域によっては、そのような家がまだかなり残っているようです。  本当に有効な耐震基準は、実際の地震の揺れに耐える構造とはどういうものかを知らなければ作れません。  現在のように、民家一軒まるごと過去の地震動の揺れを加えて実験するようなことができるようになったのは、30年ほど前からです。過去の耐震基準が十分でなかったのは、やむを得なかったと思います。  実はもっと根本的問題があります。実験を行うと少し前の耐震基準の家でも倒壊してしまうことはあまりないのです。  現在の耐震基準の家屋を倒壊するまで、何度も過去の実際の地震の揺れを加える実験のビデオを見たことがありますが、3度目でも倒壊してしまうことはありませんでした。  実際の地震被害に比べると驚くような実験結果でした。  こういう結果についてはいろいろな推測が成り立ちます。  一つは手抜き工事です。  阪神淡路地震の時に工務店ごとの被害の大きさの差が大きすぎるという事がひそかに言われていました。  一部は報道されましたが、うやむやになってしまいました。  手抜き工事を防ぐには、建築業者と無関係の建築士に建築管理を依頼し、工事の要所要所で検査してもらうしかありませんが、これはかなり費用が掛かります。そういうことをする人は、あまりいないのです。  もう一つは、家屋の劣化です。  木造家屋は定期的に専門家に見てもらい、補修や対策をしないと耐震強度が落ちてしまいます。  基礎周りの劣化が進んでいる家屋は意外の多いそうです。  現状はこういう事です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

震度計や実験設備の開発の遅れは聞き及んでいましたが、地震対策に積極的に取り組んでいたか疑問が残っています。また、耐震基準内で倒壊する例が問題になっていたと思います。 詳しいご説明ありがとうございました。

  • 回答No.5

>過去には大きな地震は無かったため基準が甘かった、というのは言い訳にもならないと思います。 では、マグニチュード幾つまで想定すれば良いのでしょう? 日本で観測されているのは、M9.0が最高です。世界最大は、チリ地震(1960年)のM9.5です。 言い訳にならないと仰るのであれば、何を基準にすれば良かったのでしょう? 体験したことのない事を想定するのは、非常に難しいことです。過去に起きた大地震においても、データが残されていなければ何の役にも立ちません。それとも、起きるはずのないと言われているM10.0まで想定しなければいけないのでしょうか? 文句やクレームはいくらでも言えます。上でも書いた通り、対策を練ろうにも実際に起きた事の無い事象に対して対策を施すのは無理があります。言い出したらキリが無いと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

質問者としての私見ですが、過去の歴史が日本ではM9程度なので、少なくとも公共の建築や集合住宅などはそれを意識して設計されるのが好ましいと感じています。 ありがとうございました。

  • 回答No.4

地震に対する危機感が高まったから、基準が厳しくなったというのが現状ではないでしょうか。 現在は地震監視システムや計測機器が発達し、またデータによる大地震の発生周期から次の発生時期を予測し、警鐘を鳴らしていますね。こうなると建築業界としては対策を取らない訳にはいきません。今まで耐震基準が甘かったのは、高い基準を適用しても、それを買える人々が少なかったからではないでしょうか。 現在一部の建築業者は、戸建てでも免振基礎のオプション設定があります。坪単価にして数十万円高くなります。 しかしこういった技術を採用しているのは、公共の建物が殆どですね。 結局はお金なのでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お金に起因していることは感じています。過去の例で同程度のビルでも被害の程度の差が大きいことです。 まあ、世の中すべてお金が関係していることは否定しません。 ありがとうございました。

  • 回答No.2

 耐震基準が緩かった原因としては、昔は耐震設計の技術が無かったので、建設費が高価であり、現実的では無かったからでしょうね。筋交いぐらいしか補強技術が無く、今のような耐震設計や免振設計がありませんでした。その為に、震度5ぐらいの地震に耐えるのがせいぜいで、震度6を超える巨大地震が起これば、瓦礫の山になるのは仕方が無いという考えが支配的だったように思います。霞が関ビルのような特殊構造の建物は高値の花だったわけです。  そういう諦めの考えで決められた耐震基準だったので、数十年前から始まった巨大地震に耐えられるはずもなく、地震被害が拡大するたびに耐震基準を引き上げなければならなくなり、今のように耐震基準が非常に厳しくなったわけですが、建設費用の高額化や広い部屋が作れない制約が多くなったようにも思います。  最近の地震で倒壊している建物の多くは、耐震基準が古かった時代に建設された建物で、震度6に耐えられない設計の建物が多いようです。耐震基準が甘過ぎたのではなくて、当時の技術では建設費用がかかり過ぎて難しかったのが原因です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

以前は耐震強度を高める技術が乏しく、震度6を超えるような地震には耐えられない設計が認められていたのですね。 超高層ビルは採算を度外視した特殊構造を取り入れて多額の建設費用をかけていたのですね。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • mugine
  • ベストアンサー率25% (1/4)

言い訳にならない、いいえ予想できないものは対応できません。 まぁ昔は現在の耐震基準に対応する工法が確立されていなかっただけでしょう。 コンクリートの強度だって悪かったし、鉄筋構造だって免振耐震の研究がされたのも最近です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

以前は耐震強度を高めることが難しく、震度6を超えるような地震には耐えられない設計が認められていたのですね。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 耐震基準について

    私は建築は門外漢の素人であります。その素人から 見て思ったのですが、建物の設計時の耐震性って どうやって計算してるんですか?今は法律で ある程度の耐震性を要求されています。 例えばこれが車なら簡単です。同じものを 量産するわけですから、一台だけ試験してみたら 衝突時の安全性などわかります。しかし 大工さんが造る家なんかは一軒一軒違う構造 ですよね。まさか地震を起こすわけにもいかないし。 それでも大手ゼネコンだったらパソコンなどで シュミレーションできるでしょうが、大工さんに そこまで本格的な設備などないでしょうし。 そうやって考えると大工さんが木造の家を 建てる時、耐震性なんかはどうやって計算し 耐震基準に合致させているか気になります。 まさか長年の勘とかじゃないですよね。それ ではあまりに大工さんのキャリアによって 違いが出ると思いますが。

  • 耐震基準適合証明書について

    この度築9年の中古住宅を購入する予定で売り主と売買契約も交わし、銀行の本申込中です。 引き渡しが1月6日に控えています。 今になって来年の確定申告での住宅ローン控除に耐震基準適合証明書が必要だと知り、契約書を見てみたところ「本物件の建物は耐震診断を実施しておりません。築9年経過しておりますので建築基準法の耐震基準が不足してる場合がある場合は、修繕費用は買い主様負担であること」 となっています。 このままでは住宅ローン控除は難しいでしょうか? また売り主には耐震基準証明書を発行の義務はないのでしょうか? 無知な故、このようなことになってしまいとても悔しいです(:_;) 何か方法はありますか? よろしくお願い致します。

  • 耐震基準 2度揺れは基準外?

    熊本県を中心とした大地震の報道を見聞きする中で、ひとつ気になる話があり、アドバイスいただければと思います。 今回の地震の特徴は、大きな一発目の後に、もう一度、大きな二発目が来ました。 この二発目の時に倒壊した家屋が印象的でした。 ニュース番組で、実験用の建物を1回揺らし、さらにもう1回揺らすと、耐震基準内の揺れでも、2回来たら耐えられない、といった内容でした。 今回は、震度6強が2回でしたっけ?(数値うろおぼえですみません。) ある家屋が、 耐震性能「6強に耐えます。」と、基準クリヤしていたとします。 ニュース番組での趣旨から言いますと、「6強が2回来たら厳しいです」 ですね。 基準の補償外のようなエクスキューズと考えます。 ここまでは理屈としてはわかりますし、形あるものとは実際そうなのでしょう。 この条件で契約するかどうかは、個々に考えて決めれば良いでしょう。 本題は、契約の話ではありません、 質問本題です。 「2回きたら厳しい」 「2回きたら倒れる」 このような趣旨、理屈ですと、つまり、 建物が完成してから「どのくらいの揺れ」が「何回来た」かを足していくということになりますか?本当の性能を割り出すには。 震度3や、震度4などは、6強よりは軽いけど、十分揺れています。 でも、3や4をその都度足していきませんし、(1や2ならなおさら) 「こないだ震度4来たから、100%の性能発揮するために、補修しますね」なんて話はききません。 耐震性能を謳っている建物は、3や4が来たあと、保守点検などにくるのでしょうか? そして、先述のエクスキューズ「2回きたら厳しい」「2回きたら倒れる」の応用として、【震度4が過去●●回ほど来てますから、6強基準クリヤ家屋であっても、今回の震度6強は、一発目で倒れても仕方ないでしょう。】みたいな理屈になりますか? ■ 話がややこしくなりましたのでまとめます。 震度6強が二回きたら無理。 ↑ これを理解(承諾)したとして、 じゃあ、震度1~震度6弱などの、「6強よりは小さい地震」は、何回来ていいの? という疑問です。

  • 昔の建物の耐震強度について

    今騒がれている建物の「耐震強度」に関する質問なので「社会問題」のカテゴリーかもしれませんが、建築の専門家はこのカテゴリーの方が多いと思いますので・・・。 構造計算の偽造問題で騒がれている建物の安全性を示すのに、法律の現行基準が求める耐震強度を100%とした場合に、偽造問題の建物は30%の強度しかないとか50%の強度しかないということで危険度が語られています。 現行の耐震基準は、1950年の建築基準法施行と、1978年の宮城県沖地震を契機とした新耐震の導入と、過去大きな基準の見直しが行われています。 そこで、新耐震以前の構造基準と、建築基準法施行前の構造基準は、同じように現行基準を100%とした場合に、何%程度の耐震強度を持っているのでしょうか? 20年以上前、あるいは55年以上前の建物が今も立派に残っている訳で、今騒がれている建物の安全度を、昔の基準で立派に残っている建物の数値と比較して、その安全度の感覚をつかみたいのですが、そうした資料は無いでしょうか・・・。

  • この家の耐震性

    私は平成元年築のマンションに住んでいます。 高さは3階建てでRC造りだそうです。鉄筋 コンクリートですよね。そんなに古い建物では ないので耐震基準とかはきちんとクリアしてると 思いますが。心配なのは静岡に住んでるので 大地震がかなりの割合で来るという事です。 潰されて圧死ということはないですか?

  • 41年前のビルの耐震性

    41年前に建築された10階建てのビルですが、当時の耐震基準はどうだったのでしょうか。 現在の耐震基準で建てられたビルと比べて、どう違うのでしょうか。 最近、仕事で毎日そのビルにいるのでとても心配になってきました。 地震が起きたら危ないでしょうか。

  • 既存ホテルの耐震強度

    耐震偽装で営業停止のホテルがでていますが、 逆に言うと、他のホテルでは、今のレベルで想定している地震に耐えるということを意味しているのでしょうか。 古いホテルと耐震偽装の新しいホテル、古い方が危ないような気がしますが、どうなんでしょう。 耐震基準が変わった、ということがあったとしても、今の耐震基準をクリアできないホテルがあるとしたなら、客を収容することは許されるのか、万が一、中規模の地震で特定の建物だけが倒壊したら、それはやむを得ないことなのか、どうなんでしょう。 コストから無理な話なのかもしれませんが。

  • 住宅ローン控除を受けるための耐震基準の事前確認方法

    最近中古マンションを探し始めたものです。 過去事例も確認しましたが、わかる方よろしく回答お願い致します。 質問:住宅ローン控除を受けるための耐震基準の事前確認方法 1.例えば、仮契約申込みを申し込む前に 耐震基準を確認する方は   基本的になし? 金額的に購入可能なのが、1,2-300万クラスの場合築20-25年となりそうな為 中・大型マンションのRC造でいくと、ほぼ耐震基準は 市場の8割以上は適応可能と思っていいものなんでしょうか? そもそもこういう考えは全く通用しない? 2.耐震基準証明書は、元の売り主が所持しているか、でなければ 買い側(当方)でそれなりの建築事務所かを探して、検査してもらい、適応可能なら、書類(実費)作成してもらうのが、普通の方法? もしくわ、売り主に証明書取得を依頼しつつ、交渉する。 (但しこの場合は売り主に義務はない事は 理解済みです 3.実際、仮契約申込書作成のタイミンク゜と 耐震基準証明書の適応可否の確認は 基本的に求めるのは不可能? 4.最後に(他にもいろいろありすぎてよくわかりませんが^^) 購入金額は 基本的に値切り交渉して当たり前?。その場合元の販売価格より、最低1割強?と考えていいのでしょうか? (値引き交渉は空き部屋期間が長いなどいろんなTPOの条件があるとは 思いますが。。。) 以上 またまだ知識不足の素人の質問です。 よろしくお願いいたします。

  • 建物の耐震性について

    今回の新潟の地震では、小千谷市の強震計で、最大加速度1500ガルを記録したそうです。 新耐震設計法で設計された建物が1500ガルの加速度を受けるとどうなるのでしょうか。 大臣認定を受ける超高層ビルや免震建物、ダンパ付建物などはどうなるのでしょうか。

  • 1978年建築のマンションの耐震強度について

    1978年建築のマンションの耐震強度について 1978年1月に建てられた4階建て鉄筋コンクリートマンションの3階に引っ越すことになりました。 築30年以上経っているので大地震が来た時の倒壊が心配でなりません。 自分なりに調べたのですが、1981年に新耐震設計基準が制定されたそうで、それ以前に建てられたマンションの耐震基準は緩かったとのことでした。 私が住んでいるのは新耐震設計基準が制定される原因になった宮城県沖地震が発生した宮城県です。 宮城県ではこれから10年以内に高い確率でまた宮城県沖地震が発生すると予測されています。 毎日本当に心配です。(出来る限りの地震対策はしていますが。) 質問(1)引越し先のマンションは1978年1月に建設されていて、1978年6月12日に宮城県沖地震が発生しています。 その地震の際にマンションが倒壊せずに現存しているということは、一応は耐震強度はある程度あるとみて良いのでしょうか? 質問(2)過去に耐震診断(耐震工事)を行ったことがあるかを知るにはどうすれば良いのでしょうか?不動産会社に聞く!? もっと耐震強度についてよく調べてから引越し先を決めれば良かったと後悔しています。 もう賃貸契約の解除は出来ないので不安なまま引っ越すことになりそうです。 1歳の子供を守るためにも耐震強度について勉強し対策したいと思っています。 詳しい方どうぞ宜しくお願い致します。