締切済み

安倍政権と強行採決

  • 困ってます
  • 質問No.9567160
  • 閲覧数134
  • ありがとう数22
  • 気になる数0
  • 回答数9
  • コメント数0

お礼率 97% (846/865)

安倍政権って強行採決をする事が多いのは何故なのですか?安倍政権になってから改正教育基本法、教育改革関連法、社会保険庁改革関連法、特定秘密保護法、改正労働者派遣法、安全保障関連法、TPP、共謀罪法、改正出入国管理法等々主に重要法案を強行採決で成立させましたが、安倍政権って(主に重要法案を)強行採決をする事が多いのは何故なのでしょうか?

みんなが選んだベストアンサー

  • 回答No.5

ベストアンサー率 24% (341/1387)

政治 カテゴリマスター
安倍の強行採決法案全て理論的に説明できないからです。
全て、アメリカの意向であり、経済界の意向であり、自分たちの利権が絡む法案だからです。

野党質問に対してはぐらかし、時間だけ無駄遣いし、議論もさせずに強行採決。
これでは、いくら野党が弱いといえど民主主義ではありません。
その法案全て国民には不利益なものばかりであり、国を海外に売り渡してるだけです。
アメリカにいい顔をし、国民からは搾取。
これで改憲すれば独裁国家・日本人奴隷国家の出来上がりです。

安全保障関連ではアメリカに日本人資産を売り渡し、日本人・自衛隊を差し出した。
TPP、種子法撤廃・漁業法改正、水道民営化などは日本人から食を奪い企業や海外に売り渡した。
共謀罪などは、将来的に安倍政権批判するものを冤罪で捕まえ処分できる法案。
入国管理法は人権を無視し、日本人の賃金も下げさせる格差拡大法案。
教育関連法案は、子供を洗脳し、明治~昭和初期のように進んで戦場に行き死んでくれる人材育成。
どこに国のための法案があるの?

脅しや空想で言うんじゃなく、改憲すれば日本人は何も言えない北朝鮮のような国となり、安倍・日本会議、自民党に国は乗っ取られますよ。
安倍を支持してるアホどもは、北朝鮮のように微笑んでマスゲームしたいんでしょううね。

結局安倍は私利私欲のため国民を無視した法案ばかりしてるのでしょう。
その見返りに、アメリカからは褒められ、フランスの水道事業会社や加計学園のような身内からは帳簿に載せなくていい金が集まる。
私利私欲のために国を売ってる、売国奴ですよ。
安倍・自民党幹部、維新、公明、そして竹中平蔵、オリックス宮内は明らかな売国奴であります!
お礼コメント
futakuchikenji

お礼率 97% (846/865)

有難う御座います。
投稿日時 - 2018-12-19 16:03:08

その他の回答 (全8件)

  • 回答No.9

ベストアンサー率 21% (1131/5328)

他カテゴリのカテゴリマスター
切り分けて…
教育関連法は、自民ではなくて?公明党案件ですよ。
お礼コメント
futakuchikenji

お礼率 97% (846/865)

有難う御座います。
投稿日時 - 2018-12-19 16:01:37
  • 回答No.8

ベストアンサー率 38% (210/541)

他カテゴリのカテゴリマスター
>安倍政権って(主に重要法案を)強行採決をする事が多いのは何故なのでしょうか?
与党と言うのは、議院で過半数の議員を従えた党の事を指します。よって、党議員の意思が統一されているのであれば、野党がどれだけ頑張ろうと採決で成立してしまいます。結果として、そうなる事が誰もが判っているのです。しかし、その途中の過程がおかしいから、最終的に強行採決と言う結果に陥るわけです(もっとも、強行採決と言う言葉は造語ですが)。
国会で審議しようにも、野党はどうでもいい問題ばかり議会に出してきて、与党を倒す事ばかりを目論んでいます。野党になったのであれば、それなりに審議に参加すれば良いのに、まともな審議もしないから結果として強行採決になるわけです。
国会では与えられた審議時間が全てです。その貴重な時間を無駄に使っているのが野党のバカ共です。
お礼コメント
futakuchikenji

お礼率 97% (846/865)

有難う御座います。
投稿日時 - 2018-12-19 16:02:03
  • 回答No.7

ベストアンサー率 31% (580/1814)

他カテゴリのカテゴリマスター
皆さん、これは感じていると思いますが、
「めんどくさい質問」をする野党がいるからです。
また、1年半にも渡り「もりかけ問題」で、ああでもない、こうでもない、
といったやりとりをくり返し、結局、公文書を改ざんしても、閣僚は誰も
責任を取らないし、野党はそれを許してしまいました。

まあ、強行採決しなくても結果は多数派の与党案が通るので、どうせ
同じなら早いほうが良いと言うことでしょう。
異常政治はこれからも続くでしょう。

安倍総理は、後世に名を残したいため、色々活動しています。
今度は、北方領土問題です。
これは、2枚も3枚も上のプーチンには敵わないでしょうけど。
お礼コメント
futakuchikenji

お礼率 97% (846/865)

有難う御座います。
投稿日時 - 2018-12-19 16:02:31
  • 回答No.6

ベストアンサー率 20% (1887/9395)

社会 カテゴリマスター
日本の政治制度が議会制民主主義だからです。物事の決定を議会の多数決で決める制度です。自民党が過半数の議席を持っていればそうなるのは当たり前のことで、強行採決でも何でもありません。9年前に民主党が政権を取ったときも議会の多数決で物事を決めていましたが、誰も強行採決とは言いませんでした。そもそも強行採決という日本語がおかしい。意味不明の日本語です。多数決を強行採決と否定するなら中国のような独裁政治しかありません。
お礼コメント
futakuchikenji

お礼率 97% (846/865)

有難う御座います。
投稿日時 - 2018-12-19 16:02:50
  • 回答No.4

ベストアンサー率 22% (67/298)

日本が安倍政権が所属する自民党の一党独裁だからです
そして自民党を選んだのは大多数の国民です
少数派の考えが切り捨てられるのが民主主義です
野党にあまりにも魅力がないからです
今の野党に二大政党の片割れを担う能力は全くありません
アメリカやイギリスの様に2頭政治になるには自民党が分裂するしかないのです

強行採決といっても採決は決まり事なので野党が反対しているから早めに決めているだけにすぎません
「強行採決⇒騒ぐ野党は無視してのすんなりとした決定事項」なのです
お礼コメント
futakuchikenji

お礼率 97% (846/865)

有難う御座います。
投稿日時 - 2018-12-19 16:03:30
  • 回答No.3

ベストアンサー率 26% (180/690)

っていうか、安倍政権しか・・・見れないからですね

もう無くなりましたが、民主党さんも強行採決はしていましたが、いかんせん期間が短いので印象に薄いのでしょう

しかし、強行採決って言葉は野党とマスゴミが作り上げた造語ですから、国民である以上、そこは忘れないほうが良いとは思います

ぎゃくに、強行?ではない法案の採決のほうが断然、数が多いのですが、そこはほら・・・知らないとまずいです
お礼コメント
futakuchikenji

お礼率 97% (846/865)

有難う御座います。
投稿日時 - 2018-12-19 16:03:49
  • 回答No.2

ベストアンサー率 27% (1393/5143)

 強行採決は有権者向けのジェスチャー(演技)であって、本当は談合で合意を得ているという指摘がありますが、おそらく、真相はそうだと思います。昔の強行採決なんて、掴み合いの喧嘩になったり、殴られた議員がいたり、凄かったですからね。それに比べると、今の強行採決は大人し過ぎますね。

 裏取り引き(駆け引き)を与野党でやっていると判断した方が良いと思います。談合が決裂していたら、凄い騒動になりますからね。
お礼コメント
futakuchikenji

お礼率 97% (846/865)

有難う御座います。
投稿日時 - 2018-12-19 16:04:17
  • 回答No.1

ベストアンサー率 24% (707/2926)

他カテゴリのカテゴリマスター
与野党の力関係がはっきり分かれていると強行採決となりやすいです

国民の信任を得ている与党の案を、信任を得られなかった野党がもっと話し合えといつまでも言い続けるので、時間切れで強行採決となります

今回野党は審議拒否を多発しましたが、その結果審議時間が足りなくなって強行採決となりました

与野党共にもっと話し合う気持ちがあればいいと思ってます
お礼コメント
futakuchikenji

お礼率 97% (846/865)

有難う御座います。
投稿日時 - 2018-12-19 16:04:40
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ