締切済み

母親との関係に疲れた

  • 困ってます
  • 質問No.9566300
  • 閲覧数325
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数12
  • コメント数0

お礼率 35% (86/239)

こんにちは。
もう大人ですが、母親との関係に疲れました。
現在は訳あって両親と同居中ですが、諸々事情があるので同居解消などの提案は差し控え願います。

まずは母の特徴を挙げます。

(1)自分が悪くても謝らない。ありがとうを言えない
母から「ごめんなさい」と言う言葉を聞いたことがありません。
また、何かしてもらっても「当然」で、お礼を言うことがありません。
例えば母の誕生日に何か贈っても、「これくらい当然でしょ。私はあなたたちが子供の時に誕生日にプレゼントあげてたんだから」と言う感じです。

(2)機嫌で人を動かそうとする
何か気にくわないことがあると、機嫌が悪くなり、人を萎縮させます。
物に当たること(ドアを強く締める、物を机に叩きつけるなど)もしょっちゅうです。
自分が機嫌が悪いことをアピールして言うことを聞かせようとします。

(3)人の失敗は執拗に責める。
私たち兄弟や父に対しては何かあると執拗に責め、数日、数ヶ月経っても言い続けます。
人に対しては同じことを2~3回言っただけで「しつこい」と怒ります。

(4)反論するとキレる、言い訳する
母の悪いところを指摘したり、こちらに言いがかりをつけてきた時に反論するとキレるか言い訳が始まります。
特に言い訳することが多く、言い訳が通じなくなると不機嫌になって(2)の状態になります。
今まで聞いてきた言い訳
・ダニアレルギーの弟がいたので掃除したら?と言ったら→掃除してる暇がない。あんたたち(私たち兄弟)がいなければもっと物が少なくて家が綺麗だった。お父さんと2人なら綺麗な部屋で過ごせたのに。(これは私たちが小学生くらいの時に言われた言葉です。そのくせ私達兄弟が家の中を片付け掃除をするとキレていました。もちろん私たちがいなくなっても実家は汚いままです。)

(5)とにかく人のせい
(4)の言い訳然り、とにかく全てを人のせいにします。
だいたい私たち兄弟のせいにされてきました。
お金がないのはあんたたちがいたから。
あんたたちがいたから好きなところに旅行も行けなかったなど。

(6)文句しか言わない
父に「どこか行きたい」→「どこがいい?」→「どこでもいい」と言ったのに、どこかへ連れて行くと「混んでいる」「歩きたくない」などと文句が始まります。
また、職場の人や近所の人、店の店員など、あらゆる人のあら探しをして毎日のように文句を言っています。

(7)典型的なステレオタイプ
人の目を気にして、「~しなければならない」「~でなければならない」と勝手に自分に制約をつけています。そしてそれを人にも強要します。
母の口癖は「普通は~だよね」「普通だったら~するよね。常識ないんじゃない?」

(8)自分ばかりが不幸で大変
母は基本的に自分ばっかり思考です。
「私ばっかり忙しい(明らかに他の人の方が忙しくても)」


と、母はこんな感じの人間です。
普通に生活しているだけでもストレスを感じるようになってきてしまいました。

もちろん、人を変えることはできないし、自分が変わるしかない、気にしないようにするしかないのだと思いますが、私はどうすればストレスなく過ごすことができるのでしょうか?

無視する・・・と言う方法も実行した時期がありましたが、何もないのに言いがかりをつけてきたり不機嫌になられることもあり・・・

私に何かアドバイスをください。お願いします。

回答 (全11件)

  • 回答No.12

ベストアンサー率 16% (928/5508)

成人している娘が親の家で同居するしかない以上は、ひたすら耐えるしかないと思います。

結局は親の家ですから、何もかも親の意見が通ります。
親にとってはいつまでも貴方は親元に暮す子供ですし、意見されても反論せずに「それでも出て行けないから我慢してね」と言い訳して暮すしかありません。

自分が変わるしかないと結論も持っているのですから「我慢してね老後はここで私が親の介護をするしかないのだからそれまで我慢して」と呪文のように繰り返しましょう。
  • 回答No.11

ベストアンサー率 30% (156/516)

夫婦・家族 カテゴリマスター
世間では親御さんがご自身のお子さんをおかしいとか、発達障害だ等の判断をして、それが親だからという理由で正当化されることが多いです。しかし逆にお子さんが親がおかしいとジャッジしても良いと思うのです。そこにいる人だけが分かります。人として平等であるべきだからです。そして子供も人格を持っています。こういったお母様には、出てくる人格別に最後は呼び名でもつけたくなりますね。ああ、がみがみAさんのお出ましですか、とか。完全な親である認識から、集合体であるという認識に変えてはいかがですか。私から見て統制が取れている方に思えません。特に感謝するお母様、相手の意見を理解し受け入れるお母様、思いやるお母様、謝罪ができるお母様、そういった人格達は消えてしまったか、あるいは最初から存在しないか。何にかき消されたかは分かりませんが、長い間に風化したかもしれません。本人の自覚で取り戻してくれればいいですが期待薄です。もともと本人にあわずに捨てた人格かもしれないからです。

あなたは、そういった人格の集合体であるという見方をしたほうがご自身が楽だと思います。あのやさしい人がなぜ、人が変わったようだと悩む必要がなくなります。優良と欠陥の集合体であると考えます。育ててもらった、子供だからという意識よりも、あなたご自身はお子さんとご自分の生活を中心に将来を考える方向が良いと思います。多くの期待された人格が消えているのは、想像ですが(>お金がないのはあんたたちがいたから)これに尽きるでしょう。ということは何よりも経済が優先される人と言えます。何かしら心にあるから言葉になります。お子さんとご自身の貯蓄をしっかりとなさりながら、見方を変えて上手にやり過ごすのが良いと思います。プレゼントも援助の気持ちもほどほどで良いでしょう。
  • 回答No.10

アドバイザー 詳しい分野:お金関連

ベストアンサー率 13% (174/1310)

人間関係・人生相談 カテゴリマスター
極力母とは話さずに、もし何か言われても聞き流す。どうしてもうるさいときは耳栓するしかないかと思います。
  • 回答No.9

ベストアンサー率 16% (27/159)

はじめまして。
私の母も、同じ系統です。
ですから、いるだけでストレスを感じる気持ちはとても理解できます。
母とは、色々とぶつかってきましたが、関わらないことが一番であると思い、距離を置きました。
あなたの場合、それができないとのことなので、自分が冷静になって、きちんと理解できることは難しいかなとは思います。
ただ、自分の場合は、母親の特徴が自己愛性人格障害に当てはまることを納得でき、そういう人に向かって、まともにぶつかって理解してくれないと言っている自分のほうが間違っていたという結論を出したことで、相手の言うことをいちいち真に受けないで聞き流すという術を身に着けていきました。
もちろん、一長一短ではできないことですが、単純に、精神が病んでる人を理解できずに、面と向かって持論を言ったところで、そりゃ無理だわ・・・という感じでしょうか。
ただ、客観的にあなたの言い分は納得できますし、そんなこと言われたりされたりしたら、それは誰でも疲れますよ。
なので、相手をきちんと見て判断し、自分自身が聞き流す術を身に着けていくしかないのではないでしょうか?
1つの意見として、参考になれば幸いです。
  • 回答No.7

ベストアンサー率 20% (950/4547)

補足:自立とは精神的な自立も含みますよ。

・母親の言動を、一人の人間として客観的・理性的に分析し批判する。
 ↑
 これが出来て、自立したと言えます。質問文は、客観的・理性的批判よりも感情的な反発に軸足があります。ここを捉えての、「自立されたし!」です。

 もちろん、玄関を一歩外に出れば、大抵の者は《人を客観的・理性的に分析し批判》するものです。ですから、外での他者との関係は、かなり理性的なそれになります。が、玄関から一歩家の中に入れば、そこは《本音と感情とが剥きだしでぶつかり合う世界》です。それが、家族の基本的な交流形態です。当然に、「この糞が・・」と怒り心頭の状況も頻発します。それでも、切っても切れないのが親子の仲。つまるところ、《母親の言動を、一人の人間として客観的・理性的に分析し批判》すれば、結論としては

>あれは、生きた反面教師だな!

と、思うしかないんです。そうして、自分は自分の世界で暮らすことです。自分の世界を如何にして築き、いかにして守るのか?そこに、意識を集中するしかないんですね。

 この12年間、妻の母、私の母の二人を重複介護してきました。この介護によるストレスから身を守るには、

対策1、日々を介護の世界だけで生きない。
対策2、徹底して両者を反面教師と思う。

でしたよ。

 まあ、4人の子を育てた末に待っていた同居介護。質問者は、子育て経験が無いのかな?独身なのかな?だとしたら、「日々を介護の世界だけで生きない」は難しいでしょうね。「徹底して両者を反面教師と思う」は、至難かもしれません。複数人の子育てを経験して親の介護に臨む、夫婦で確たる介護以外の世界を共有して親の介護に臨むのと、独りで介護に臨むのとでは、全く、ステージが違うでしょう。しかし、これからは、そういう介護が西にも東にもの時代がやってきます。そこに求められるのは、介護の日々からちょっと距離を置いて、状況を客観的・理性的に分析する目でしょうね。私は、それの有無が、精神的自立の程度を測る物差しだと思いますよ。

以上、ちょい補足しておきます。
お礼コメント
hrypttr

お礼率 35% (86/239)

そうですね。確かに精神的には自立できていないのかもしれません。

私にも子供がいますが1人です。
1人で子供を育て、養い、親に金銭的な援助もしています。


>>まあ、4人の子を育てた末に待っていた同居介護。質問者は、子育て経験が無いのかな?独身なのかな?だとしたら、「日々を介護の世界だけで生きない」は難しいでしょうね。「徹底して両者を反面教師と思う」は、至難かもしれません。複数人の子育てを経験して親の介護に臨む、夫婦で確たる介護以外の世界を共有して親の介護に臨むのと、独りで介護に臨むのとでは、全く、ステージが違うでしょう。しかし、これからは、そういう介護が西にも東にもの時代がやってきます。そこに求められるのは、介護の日々からちょっと距離を置いて、状況を客観的・理性的に分析する目でしょうね。私は、それの有無が、精神的自立の程度を測る物差しだと思いますよ。


複数人子供を育てれば、親の介護をすれば偉いのでしょうか?
この文章を見ると、なんだかすごく上から目線にしか聞こえません。


ちなみに私は母の介護をしているわけではありません。
投稿日時 - 2018-12-10 14:42:45
  • 回答No.6

ベストアンサー率 20% (950/4547)

Q、母親との関係に疲れないためには?
A、一緒の世界に棲まないことに尽きます。

>心が母に無ければ、母の姿も見えず!
>心が母に無ければ、母の言う事も聴こえず!
(by sHsuky)

 無視と言う策は、心が母にある証左。それじゃーダメです。一番の問題点は、質問者の心が自分のなすべきことに集中していないことです。成人したんであれば、親と同じ世界に棲んではいけませんよ。自分の世界に棲まなくちゃ。もちろん、自分の世界とは《自分の仕事の世界》です。で、同居しているんであれば、ちゃーんと月々5万円の家賃と食費を払う。棲んでいる世界が違う者が同居する最低要件です。

>子供は親と違う世界に棲んで大人になる。
(by sHsuky)

 自立されてください。
お礼コメント
hrypttr

お礼率 35% (86/239)

ありがとうございます。

私が自立していない前提で書かれていますが、私は高校卒業後すぐに家を出て元々は別々に暮らしていましたが、実家側の都合で同居しています。
ので、私が実家にお世話になっているわけではありませんし、お金も面倒見ています。
家事もほぼ全て私が担っていますので、自立してくださいと言う回答は見当違いです。
投稿日時 - 2018-12-10 11:58:03
  • 回答No.5

ベストアンサー率 19% (1546/7815)

どこの母親も、同じような感じです、
不平不満を、心の中にため込んでいるからそのようになるのです。

家族全員が、お母さんを、大事にして、いろんなことを手伝ったりしていたら、
かわってくるのですが、

お母さんには、休みの日がないことに、気が付いてください。
お礼コメント
hrypttr

お礼率 35% (86/239)

ありがとうございます。

お母さんは休みの日がないですか・・・うちの母は家事をしません。家のことは全て私がしていますし、お金も渡しています。
それでもやはり母だけが大変なんですね。
投稿日時 - 2018-12-10 11:59:08
  • 回答No.4

ベストアンサー率 16% (245/1525)

社会経験が少なく結婚して他力本願末っ子気質なんだと思います。頼りたいのに、思い通りにならないからイラついてるんでしょう。これはお互いが。NO.1の回答はおそろしいね。虐待紛いだわねワロス

お金の不安が強いのかと思います。心当たり無いですか?この場合嵐が過ぎるのを待つしか無いです。本当
親は好き好んで産んどいて勝手なこと言うよね
お父さんが何も言わない辺り、お父さんに向けられた期待やお金の不安を弱い立場の貴女たちに向けていると思います。
機嫌が悪くなったらお父さんまたはじまったよ!と言えば?。
お礼コメント
hrypttr

お礼率 35% (86/239)

ありがとうございます。
確かに母は父に幸せにしてもらいたい、なんとかしてもらいたいと言う気持ちが強いです。
何か言えばすぐ父のせい、父に頼ることばかりで、自分でどうにかしようとしません。
父も母の性質に気づいているので、あえて関わろうとしません。
投稿日時 - 2018-12-10 12:00:25
  • 回答No.3

ベストアンサー率 21% (513/2402)

他カテゴリのカテゴリマスター
お母様は、幼少期に、ご両親との豊饒な感情の交流がなかったのでは
にでしょうか。それに、生育史の中に生じて溜め込まれている
負の感情エネルギーをクリアしない侭、結婚の運びとなったのでは
ないでしょうか。そうした心的状況に、婚後の新たに生じた
負のエネルギーが積み重なって、いまの状況にあるように
感じられます。
即ち、
そうした飽和状態になるまでに溜め込まれている
負のエネルギーが、日々、爆発的に顕現することを
待っている状態なのだと思います。

爆発を避けるには、爆発の機会を与えないことで、
それがアナタ様の生活の知恵になります。
とにかく、お母様との接触・近接を避けることに
専心しませんか。

ふろく:
お母様が、自身の生き様で、溜め込んできてしまっている
負の感情エネルギーをクリアする機会を、アナタ様が
整えてあげることで、お母様が変わり始めることが
期待できるのですが…問題解決の有力なツールである
「マインドマップ」「マトリックス図法」「連関図法」
「特性要因図」のパワーを借りて、鋭意、
進めてみませんか。

そのようなお母様を、一瞬で変える
魔法のような言葉があるのですが、
早期に、見つかると
いいですね。
CiaoCiao.
お礼コメント
hrypttr

お礼率 35% (86/239)

ありがとうございます。

負の感情エネルギーですか・・・ちょっと抽象的すぎてわかりませんが、爆発の機会を与えない・・・
母は何もないときにも勝手に不機嫌になるので難しいですね。
投稿日時 - 2018-12-10 12:01:58
  • 回答No.2

ベストアンサー率 15% (66/414)

誰もが個性の塊であり、そういうキャラなのですからしかたがない、そう思ってみてはどうでしょう。
性格は直せないし、親子関係は切れないので悩みながら連れ添っていかなければなりません。ご相談者があれこれ不満を感じるのはお母様を見つめている証拠ですから、眼中にないよりうんと良いことです。
人によっては、こんな親を持って。。。。。と、みじめでたまらないと思うことさえあります。
まだまだ先の話ですが、親を失ったときに、表現しようのない悲しみを味わうのです。一緒に連れて行ってと、叫びそうになるのです。
親と二度と会えなくなると会いたくてたまらなくなる、そういうものです。
「親孝行、したいときには親は無し。さりとて墓に布団着せられず」.....だそうです。
お礼コメント
hrypttr

お礼率 35% (86/239)

確かにこんな母でも母親であり、育ててくれた恩はあります。
死んだ時のことを思えば、私も悲しい気持ちになります。
日々そう言った気持ちで過ごし、感謝の気持ちを抱いていれば少しは気持ちが楽になるかもしれません。ありがとうございます。
投稿日時 - 2018-12-10 12:03:05
11件中 1~10件目を表示
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ