解決済み

吸収クランプ法の許容値を教えてください

  • 困ってます
  • 質問No.9564834
  • 閲覧数130
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 65% (19/29)

EMI評価として吸収クランプ法の試験を計画しています。
電動工具ではなくモーターは使っていません。
据置型の測定器です。
CISPR14の翻訳を入手し読んでいますが、私には大変読みずらい文章です。
そのなかで、30-300Hzで35-45dB(pW)という記述を見つけました。
これを適用すると良いのか、ご教授願えないでしょうか。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 59% (130/219)

製造業・ものづくり カテゴリマスター
供試機器の電源線に吸収クランプという一種のカレントトランスを装着して、そこから
吸収される電力を、スペアナ等の測定器で観測したときの許容値が、
30MHzで35dB(pW)、300MHzで45dB(pW)ということです。
中間の周波数の許容値は、横軸を周波数の対数、縦軸をdBで表した許容値のグラフに
直線を引いて補間して求めます。

一般的な50Ω系の測定器では、1pW=7.07μV × 0.1414μAとなりますから、
7.07μV≒17dB(μV)が、0dB(pW)=1pWに対応します。

ところで、測定対象の「据置型の測定器」は、CISPR14の適用範囲外と思われますが、
何でCISPR 14を選択したのですか? 放射妨害波は、バイコニカルアンテナ等を使って、
電界強度を測定することが一般的と思います。

まずは、EMCを扱う測定機関に相談するのがいいと思います。
吸収クランプによる測定であれば、10~20万円程度で測定してもらえると思います。
お礼コメント
dropmaster

お礼率 65% (19/29)

ご回答いただき誠にありがとうございます。
当該機器はご指摘のようにCISPR14対象外で、通常は電波暗室で電界強度を測定しております。
今回、吸収クランプ法で測定したいと思ったのは、機器に接続されているケーブルからの輻射によって、ある障害を起こしているのではないかという疑いがあり、それを検証したいという目的によります。
ご教授感謝いたします。
投稿日時 - 2018-12-06 10:00:45
感謝経済
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ