締切済み

ルータとハブの違いとは

  • 困ってます
  • 質問No.9557521
  • 閲覧数132
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

回答 (全5件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 38% (2929/7566)

コンピューター カテゴリマスター
ダムハブは受け取った信号を他方へ中継する装置
スイッチングハブはMACアドレス(レイヤー2アドレス)をみて中継先を判断して中継する装置
ルータはIPアドレス(レイヤー3アドレス)をみて中継先を判断して中継する装置
感謝経済
  • 回答No.4

ベストアンサー率 38% (2782/7175)

他カテゴリのカテゴリマスター
いちばん大きいのはルーターはDHCPができるということです。

それで理解可能だと思うのですが、ハブというのは同じ場所に何個ものテントを作って別々の人たちが暮らしているのと同じことです。相互の行き来は可能だし合流も可能なんです。

ルーターの場合は、そのルーターのグループ内と外と別れます。
これは一つの建物に何人もが住んでいて受付を置くのと同じことです。ルーターというのはその受付です。

外との間は、その建物名で対応します。内部に住んでいるのはだれとだれかは、外から見るとわかりません。
しかし、住人はその建物から外を見たり活動したりすることは可能です。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 36% (115/312)

他カテゴリのカテゴリマスター
どちらも通信を中継する装置ですが、扱うレイヤが違います。
LANにおいて、通信データは「パケット」に入れられてIPアドレスがつけられます。パケットはさらに「フレーム」に入れられてMACアドレスがつけられます。
MACアドレスを見て中継するのがスイッチングハブです。スイッチングハブは受信フレームのMACアドレスを見て送信するポートを選び再送信します。MACアドレスはLANの中でだけ有効でありスイッチングハブだけではLANを超えた通信はできません。
端末がLANの外の端末と通信するとき、外の端末のIPアドレスを着けたパケットをフレームに入れてルータのMACアドレスを付けて送ります。ルータはフレームからパケットを取り出しIPアドレスを見て、回線を選んで再送信します。
(トラックからコンテナを持ち上げて船や貨物列車に乗せるのをイメージしたらわかりやすいでしょうか。)

・スイッチングハブが扱うレイヤはデータリンク層、ルータが扱うレイヤはネットワーク層です。
・「ハブ」という用語は混乱していると思います。昔のハブは「リピータ」でしたが、今ハブといえば「スイッチングハブ」を差し、機能で言えばブリッジです。

# 10base-2が懐かしい
  • 回答No.2

ベストアンサー率 33% (5640/17076)

他カテゴリのカテゴリマスター
HUBは、LANの機器を接続する分岐や中継ができるもの。

ルーターは、名前の通り、ルート(通り道)を制御できるものです。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 54% (4451/8100)

他カテゴリのカテゴリマスター
ハブとルーターの違いは何?
https://tech.nikkeibp.co.jp/it/pc/article/NPC/20060324/233242/
等々検索すれば出てくるのでご自身で分かり易いと思ったサイトのものを参考にされてみては?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ