回答 受付中

「クウガ」「アギト」は今見ても面白い作品ですか?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9546602
  • 閲覧数88
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2

お礼率 86% (380/441)

平成ライダー史上最高作と名高いクウガ、続くアギトは「当時としては」という部分や思い出補正を排除して、ここ数年の平成ライダーを比べて大人が見て楽しいものでしょうか?この2作品だけ見ておらず、気になっています。

昭和はつまみつまみで、大人になってからきちんと見たのはいまだにファンが多いと聞くブラック→RXですが、オッサンになった今はご都合主義の連続で
「それが逆にいいんだよ!」
とは思えませんでした。

個人によって評価基準が異なるかと思いますので参考までに自分なりの評価は下記です。改めて考えると、ストーリーとしての最低限の整合性や伏線の回収が前提で、あとは戦闘シーン、キャラクターあたりがカッコイイと面白いと感じるみたいです。
※私の感想は読み飛ばしていただいても大丈夫です!

単純に「平成の中で、俺は面白い/つまらないと思う」でももちろんOKです。
是非皆様のクウガ、アギトの評価を教えてください。





★★★
・W
→とにかくストーリーがよくまとまっていたし、キャラもよかった
 バトルも格好いい。特にベルトの変身ギミックと挿入歌。若菜に魅力がなかったのが玉にキズ

・ooo
→若干ストーリーというか設定にアラがあるが、特に大きな破綻はなかった印象
 アンク筆頭にキャラがよく、特に後半~ラストにかけては最高。
 こちらも挿入歌含めたバトルがかっこよかった。コンボをそこまで乱発しないのもよかった。

・フォーゼ
→学園モノのフォーマットを最後まで守っていた印象
 こちらもストーリー破綻がなく、一貫した性格の主人公、
 後半リアルな生命の危機に尻込みする仲間など、全体的に納得感があった
 物語もスッキリ終わって非常にまとまりがよかった。

・ドライブ
→W、フォーゼ同様刑事モノというフォーマットがあり
 主人公の背景や、過去の真実など納得感があった
 死亡→超スピードでドライブすると復活 は流石に他に何かなかったのかと思ったが
 逆に言えば大きな文句はそのくらいで、こちらも非常にまとまっていた。


★★
・龍騎
→自分がライダーにハマった原因なので思い出補正が強いが
 魅力的なキャラと、キャラごとのドラマが良い(インペラーの回は未だに見る)
 が、細かいご都合主義、設定破綻、ミラーモンスターなどCG多用のバトルが
 今見るとやはりショボく見えてしまう。

・555
→ストーリーはご都合の連続、特に意味なくトドメを刺さない怪人、
 天井から落ちてくるパワーアップアイテム、投げっぱなしのラストなどトップクラスに酷いが
 魅力的なキャラとアクセル筆頭にアクションが今見ても平成最高にカッコイイ。
 とにかくマネしたくなるベルトギミック。

・電王
→ストーリーは大きな破綻も無くよくまとまっていた印象
 個人的な好みの問題でコミカル路線だったのがイマイチだったのかも。
 あとスピンオフ乱発で続くたび評価が下がった。

・剣
→555同様、今見てもアクションがかっこいい。あと2nd主題歌
 ストーリーは序~中盤は登場人物の行動、言動などメチャメチャだったが
 ラスト含み、後半の展開は好み。こちらもキャラが魅力的。

・ウィザード
→W以降のライダーはストーリー/設定破綻が少ないがこちらも同様
 普通に楽しかったけど、そこまでのめり込めなかった。好みの問題かもしれない。
 フォームが沢山あるわりに特に使い分けてる感もなかったのがバトルとしてイマイチ。

・鎧武
→オタクの心をつかむ脚本。アクションも全体的に格好よく楽しく見れた。
 ライダーも敵もちょっと多すぎたかなという印象

・エグゼイド
→昨今のライダーに共通した破綻の少ない脚本
 主人公の(比較的)一貫した思考と性格など文句が少ない。
 が、どうしてもデザインに慣れなかった。ハイパームテキとかSDガンダムかよと

・ビルド
→ウィザード同様の感想。普通に楽しかったがそれだけ。

・アマゾンズ
→「平成仮面ライダー」かどうか微妙ですが、楽しかったです。
 ライダーというよりSFバトルミステリーって感じですかね。



・響鬼
→前半は異色という感じで楽しく見れたし、ライダーの造形も好み
 後半はあまりにも脚本がひどすぎる上、いかにもヒーローなアームド響鬼で
 造形の良さも台無しになった印象

・カブト
→クロックアップの演出などライダーの造形とバトルは555に続いてカッコいいが
 とにかく脚本が目茶目茶。回収されない伏線、一貫しない登場人物の行動
 一度しか登場しないアイテム、擬態を見抜けるスコープとか赤い靴とか、
 途中降板したヒロインとかが重なってイマイチ

・キバ
→ストーリーが破綻しまくり。ジロウ以外単なる強化アイテムの仲間モンスター
 全く活躍しないフォーム、過去編は面白かったけど
 現代とリンクして面白さが倍増とかは全くなかった。
 ライダーとファンガイアの造形はすごく好みなのですが

・ディケイド
→お祭り作品であると考えれば★★。「付き合ってやる。十秒間だけな」は
 平成屈指の名台詞だと思います。
 逆にそれを除けばご都合主義な上、細かい部分含めて究極の投げっぱなしシナリオなどほめるところがない。

・ゴースト
→多くの複線を解消せずに終わった。スピンオフで多くが解消されたが、
 テレビシリーズだけ見ても何が何やら?という部分が多すぎる
 「命は一つしかないかけがえのないもの」
 と繰り返し訴えているわりに、死ぬ死ぬ詐欺を繰り返す脚本に冷めた
 何回「タケルが死んじゃう!」⇒「死にませんでした」を繰り返したのか思い出せない。

・ジオウ
→まだ数話ですが、ストーリーはディケイド同様ひどい印象
 サブライダー含め、レジェンドライダーが多数登場したディケイドに比べ
 レジェンドライダーそのものはほとんど登場しないし
 原型を留めないレベルのフォームチェンジで思い出も盛り上がってこない…今後に期待。

回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 25% (3227/12426)

初代の世代です。
現在の作品より、クウガは好きです。
どちらに行くのかの最後の選択が面白かった。
アギトも好きでした。今より成長の幅があったし、勧善懲悪的な王道だったと思います。
その後からのは、変身が複雑だったり、技が名前だけやたら長かったりして、なんだかなーと思いますが、全員揃って出るやつは面白いなと思って見てました。今でも再放送あるので、本当に何も見るものがない時にやっている場合は見ますてか、見ちゃった(笑)
お礼コメント
dodonmai123456

お礼率 86% (380/441)

回答ありがとうございます。

時代なのでしょうが、確かに最近は勧善懲悪ではないことが多いですね。
石ノ森先生の漫画「仮面ライダー」は元々勧善懲悪ではありませんが、特撮ドラマ「仮面ライダーシリーズ」は特に昭和シリーズはスーパー戦隊同様の勧善懲悪だったと思います。

放送当時のフレコミやファンの方の意見を見ると、クウガ/アギトも「子供向け勧善懲悪ヒーロー作品ではない、本来の仮面ライダーに近い大人のストーリー」みたいな印象を受けていましたが、最近のライダーと比べると勧善懲悪な感じなんですね。参考になりました。
投稿日時 - 2018-10-12 10:35:27
感謝経済
  • 回答No.1

ベストアンサー率 24% (259/1044)

他カテゴリのカテゴリマスター
アギトやクウガは、今のライダーよりはおもしろいと思いますよ。
回を追う毎に、ストーリーはちゃらけて来たり、おもしろくなくなってますね。
ドライブなんかは、四輪車に乗ってる事典でライダーじゃないし。
お礼コメント
dodonmai123456

お礼率 86% (380/441)

コメントありがとうございます。
自分は龍騎からですが、~ディケイドまでの平成前期より、平成後期の方が平均点は高いと思ってます。
ドライブはむしろ好きでして。すみません。
RXから車は乗ってますし、オーズは専用バイク無し。龍騎もほぼバイク乗らないので、もはや「バイクに乗る」は定義にも、面白さにもあまり関係ないのかなと思っています。
投稿日時 - 2018-10-12 10:31:02
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数によるOK-チップ配布スタート!

ピックアップ

ページ先頭へ