回答 受付中

この記事の和訳をお願いします!

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9546151
  • 閲覧数62
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 47% (12992/27443)

英語 カテゴリマスター
アブ・ダビ発

 アブ・ダビのエネルギー再使用会社であるMasdarは、太陽などの再使用可能なエネルギーを使って、海水から塩分を取り除く効果的な方法を発見することに注意を向け始めている。

 世界で最も乾燥した地域であり、急速に人口が増加している(ペルシャ)湾地域では、(海水からの)脱塩の必要性が非常に大きい。

 湾地域の砂漠やそれ以外の中東では、ほとんど化学処理熱処理、逆浸透濾過を含むエネルギーを浪費する高価な方法で飲料水を供給している。

 これらは全て大口の消費者で、この地域の命の綱である油を燃やしている。

 これまで必要とされて来た、初期投資の難しさと、発電量の単位当たりの割高なことから、湾地域でもそれ以外の地域でも、エネルギーの再使用による飲料水の生産は一般受けのする技術ではなかった。

 しかし技術の進歩と太陽熱発電所の製造経費の次第な衰退は、構想を変えさせるかもしれない。

 本文に続く。

 (ペルシャ)湾(地域の)水需要の75%は、従来の海水淡水化方式によるものであるが、この処理法はエネルギーの消費量とそれに要する費用が高い、とMasdar の CEO である Sultan Al Jaber は、「再使用可能のエネルギーと最新の海水淡水化テクノロジーとを組み合わせることが、論理的に次の段階だ、そうすれば、経済の活性化にもなり、地域の長期にわたる淡水の確保への途も与える」とインタビューで言っている。

 Masdar は、アブ・ダビの投資施設 Mubadala の資金援助によって、アブ・ダビ内の三箇所に、新しいテクノロジーを将来大規模にできるかどうか、試すための試験設備をここ三ないし四年間に建設することを計画していると言う。

 Masdarによれば、この計画の一部は、前方浸透と呼ばれる半浸透膜濾過テクノロジーの一種に焦点を置くという。この他テストされる新しいテクノロジーの中にはelectrodialysis deionization、 membrane distillation 及び low-temperature distillation が含まれ、同時に経費低減、既存の逆浸透のような技術によるエネルギー強度の改善並びに効率化も目指す。

 このプログラムは、大学や研究機関で開発されている有望なテクノロジーと、再使用可能なエネルギーによって動かされる大規模な産業への応用との間の橋渡しを、目的とする。.

 この企画の長期目的は、2020年までに商業規模で運営できる施設を作ることである。

 中東及び北アフリカ諸国は、世界人口の6.3%を擁しているが世界の淡水の1.4%を有するに過ぎない。ワールド・バンクによると、特に湾地域は、世界でも水の少ない地域である。

 地表水が限られていることと、地下水が減少していることで、脱塩が、経済成長と人口増加の結果水の要求が容赦なく増加する需要を満たす鍵となる。
感謝経済
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数によるOK-チップ配布スタート!

ピックアップ

ページ先頭へ