• ベストアンサー
  • 困ってます

海外図面のめっき仕様について教えて下さい

海外のお客様から提示された図面内に表面処理の記載があるのですが、「Cu-Ni 4-6」と表記されています。 ISO1456および1458に準ずるもののようなのですが、単純に銅下処理4μ、ニッケルめっき6μの膜厚ということなのでしょうか? だとすると、各々膜厚の管理幅は何μになるのかがわからず・・・ いろいろ調べたのですが回答が得られず悩んでおります。 JISとは異なるとの事で顧客へ問い合わせてもISOに準ずるとしか現在ご回答頂けておりません。 海外のめっきメーカーへどのように依頼をかけるべきか困っております。 大変素人な質問かと思いますが、どなたかご教授願います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数418
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • ohkawa3
  • ベストアンサー率58% (604/1034)

素人回答をご勘弁ください。 ISO 1456を翻訳して、技術的内容を変更することなく作成したJIS H 8617があります。 中身は、参考URLのJIS検索サイトで閲覧できます。 このJISを眺めてみると、“Cu-N 4-6”と完全に一致する表記例は見当たりませんが、めっき厚には管理幅が規定されていないで、最小厚さを規定しているようです。 関連するJIS H 0404も参照なさってください。 参考URL:JIS検索サイト

参考URL:
http://www.jisc.go.jp/app/jis/general/GnrJISSearch.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答頂きありがとうございました。 JISの参照をご紹介頂き、大変参考になりました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

ここと技術の森は連動しています https://www.nc-net.or.jp/mori/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

『技術の森』ってプロが集うサイトが有るから、そこで質問しなさい。こんないい加減なサイトはやめなさい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • めっきの膜構成と膜厚(Cu-Ni-Crめっきを例に)

    表面処理の本にめっきされた部品の断面写真が掲載されていました。ABS樹脂上にCu-Ni-Crめっきされているものの写真です。Cu:Ni:Crの膜厚比は20:10:1に見えます。この膜厚比に何か意味はあるのでしょうか?どなたか、ご存知でしたら教えて下さい。

  • ISO/TS16949 Cpkの膜厚要求について

     私は現在海外でめっきやアルマイトなどの表面処理の業務に携わっております。  先日ローカルスタッフからISO/TS16494のルール上膜厚に関してもCpkが1.33以上必要であると伝えられました。しかしながら、めっきやアルマイトは電気を用いた処理であるため、めっき厚のばらつきが大きくなります。そのため、Cpkを1.33以上にすることが困難だと感じます。  ISO/TS16494では本当に膜厚項目の要求がCpk1.33以上なのでしょうか。 ご教授お願い致します。

  • リフローSnめっきのヨリ・ガマ肌について

    現在無光沢(半光沢)Snめっきをリフロー処理しておりますが 特定の材料および下地の時にリフロー処理するとヨリ・ガマ肌と言われるものが発生してしまいます。 特定の条件というのが 素材:洋白(C7521など) めっき:下地にCuをしてその上にSnめっき です。 下地Cu中に有機物が入っていると発生しやすいなどと聞くのですが Cuは無光沢Cuめっきであり、有機物が混入しているとは考えにくいです。 ヨリやガマ肌を効果的に防ぐ方法はないのでしょうか? また、ヨリ・ガマ肌を防ぐ変色防止剤などもあるようなのですが実際に効果があるのでしょうか? めっき条件は、 めっき種:連続フープめっき Cuめっき:硫酸銅浴、膜厚は0.5μm以上(概ね0.6~0.8μm) Snめっき:アルカノールスルホン酸浴、膜厚1.0μm以上(概ね1.3~1.9μm) Cu下地→Ni下地への変更は不可(仕様により決まっている。) です。 リン青銅、純銅ではヨリは殆ど発生しません。 逆に主に洋白、稀に黄銅でも同様のヨリが発生します。

  • ニッケルめっきとクロムめっきの違いについて

    はじめまして。 研究室で新しくめっき関係の研究を始めることになり、 表面処理について勉強しています。 研究室に入ったばかりなのですが、研究室にノウハウや知識の蓄積がなく 手探りで調べ物をしている状況です。 光学レンズ用の金型などについて調べていて、 このような光学材料の金型には、光沢を出すためにニッケルめっきされた 金型を用いることが多いみたいなのですが、 なぜニッケルめっきが多用されているのでしょうか? 銅めっきとかクロムめっきなどではだめなんでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • ニッケルめっき不良

    銅合金に、下地を無電解ニッケル、表面にパラジウムめっき(パラジウムストライク)を施工しています。研磨をして断面を見てみると、無電解ニッケルとパラジウムの間に黒い層が見つかり、発生原因がわかりません。 黒色で考えられるのが、  ・酸化ニッケル(Ni2O3:黒色)ができた  ・ニッケル表面に何かしらの酸化膜が発生し、密着性が悪い層ができて研磨で剥がれた  ・パラジウムがニッケルに悪さをした  ・他 など、原因が切り分けられません。 このような、ニッケルめっき不良(黒色箇所の発生)が起こる要因はなにが考えられますか? また、ニッケルめっき後、空気中に数分おいておくと、酸化膜(酸化ニッケルなど)が生成されることはよくありますか?教えてください。

  • 銀めっきでの熱処理後の黒点

    黄銅での銀めっき処理で熱処理後(250℃)にて黒点が出るものがあります。 拡大鏡等で見ると大きさは0.5?以下と思われる位の大きさで、モヤモヤした様な形で凹んでおり、銀ストライクまでは付いているのではないかと思われますが、なかなか改善されず困っております。 処理は銅ストライク、Niストライク、銀ストライク、銀めっきと順に行っており、膜厚は約20μmで処理しております。 原因もはっきりと分からずで、何かよき方法があればよろしくお願い致します。

  • 銅にニッケルめっきをする際の電圧

    化学便覧を読んでいたら、銅にニッケルめっきをする際に電圧をかけると書いてありました。 しかしながら、標準電極電位はNi<Cuなので電圧をかけなくてもNiが溶解し、Cu電極に析出すると思うのですが、なぜ電圧をかける必要があるのでしょうか?Niの析出電位よりも水素過電圧による水素イオンの還元反応の電位が低くなっているはずなので、これを考慮しても電圧をかける必要がないとおもうのですが。 お答えいただけると幸いです。

  • 熱処理したニッケル-リンめっき膜の表面状態

    熱処理したニッケル-リンめっき膜の上に、電気めっきを行いたいと思います。表面酸化膜がないことは確認しております。Ni3PやNi5P2の金属間化合物が形成されていた場合、その上のめっき膜の密着性はいかがなものでしょうか。教えてください。

  • 電気的特性に優れている表面処理は?2

    「No.5142 電気的特性に優れている表面処理は?」が締め切られましたので 新しく立てました。 kei-nksm さんの回答と食い違っている(下記)ところがどうも気持ち悪いのでご意見ください。 kei-nksmさんへ:HN持ち出して申し訳ないですが匿名性は守られているので許してください。 kei-nksm さんの回答 > 電磁波シールドと考えた場合、必要なのは電気伝導度の特性です。伝導度の優れているものと考えれば、 > 銅めっき>電気ニッケルめっき>無電解ニッケルめっき > となるでしょう。 私の回答 > 電気的特性は、ニッケルめっき<無電解ニッケルめっきです。(伝導率、接触抵抗の比較) 上記の理由: 無電解ニッケルめっきの特徴(ニッケルめっきとの比較)は 膜厚を均一で均等に仕上げることが出きるので、めっき部分同士が 接触するような場合でも接触抵抗が少ない。 もちろん他の導体との接触抵抗も同様 精度の高い膜厚管理ができるのでニッケルめっきの3倍程度の厚みを 正確に出せる。よって、電気伝導度(初回の回答では伝導率と書いた)が良く 更に、均一に仕上がることとの相乗効果でニッケルめっきに比べて 電気伝導度は高く仕上げることが出きる。 と考えています。 が、私はめっきの専門家ではなく図面に指示するだけの立場ですので 間違っているかも知れません。 kei-nksm さんご意見聞かせてください。

  • サチライトめっきについて

    サチライトめっきについて調べています。 業者さん等に聞いているのですが、イマイチよくわかりません。 私が調べた限りでは ・工程は、銅めっき→ニッケルめっき→ある粉末(シリコン系?)を  いれたニッケルめっき→クロムめっき(しない場合もあり) ・粉末のことをサチライトという??? ・光沢をなくすことをサチライトという??? ・一般的にはサチライトとは言わない?梨地とか半光沢とか。  (ということはサチライト=梨地=半光沢?) 最終的には図面でどのように指示をすればいいかが知りたいです。 JISで表現が決まっていればいいのですが、おそらく規格外だと思うので…。 以上、よろしくお願い致します。