• 締切済み
  • 暇なときにでも

タイトルや作者が思い出せません…

学生時代、国語の教科書に載ってた小説のタイトルや作者が思い出せません。 内容は、 弟は狭い所が好きで、よく隙間に入り込んでいた。 弟は水泳が得意で母親がとても期待しており、庭にプールを作るほどだった。 ある日、大会の日?に弟が片腕を上に挙げたまま降ろそうせず、最後までずっとそのままだった。 それで母親がおかしくなり、弟は入院。 しばらくして弟が一時帰宅して、久しぶりに泳いだら、腕?指?が取れてしまった。 … うろ覚えなので、間違ってる部分もあるかと思いますが、だいたいこんな感じだった気がします。 何年生の時の教科書だったかも思い出せません。 どなたかタイトルや作者がわかる方いらっしゃいますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.2

検索したらすぐ出ました。 「バックストローク」は小川洋子の短編集「まぶた」に収録された作品。

参考URL:
http://blog.livedoor.jp/blueskytheory/archives/1854321.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

こんなビョーキの家族の話が,文科省検定済教科書に載るとは思えませんが(笑)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • この話のタイトル・作者をさがしています。

    下記の話のタイトルや、作者を探しています。 小学生か中学生用の、国語の教科書に載っていました。 ・主人公の男の子が、初めて電車に乗る ・母親から「切符をなくすと帰れないよ」と言われたが、結局なくしてしまう ・主人公が帰れずにどうしようか困っていると、同じように 切符をなくして帰れなくなった子どもたち(駅に住んでる?)がいて、 彼らと暮らす こんな感じだったかと思います。 教科書を全て処分してしまったので、探しようがなくて…… もしご存じのかたがいらっしゃれば、よろしくお願いします。

  • 作者もタイトルも分からない絵

     こんにちは。ちょっとお聞きしたいのですが、絵が全体的に白くて、ただ長方形なだけの建物が建っていて、そこの隙間からシルエットだけの女の子が走りながら、フラフープみたいな輪を棒で転がしている、質素で寂しげな絵のタイトルか作者がわかる方いらっしゃいますか?確か、アニメ「脳噛ネウロ(うろ覚え…すみません)」のエンディングに、パロディが使われていた気がします。  曖昧でごめんなさい。よろしくお願いいたします。

  • 国語の教科書にあった詩の作者、タイトルが知りたい

    30代のものです。小学校のとき国語の教科書にあった詩の作者とタイトルが思い出せないのでご存知の方、教えてください。 あらすじは女性が電車で席をゆずるのを作者がみているという話で、始めにゆずった人にはお礼をいわれず、二人目には丁寧にお礼をいわれ、3人目に対しては席をゆずらずじっと耐える、というそんな話でした。強く余韻の残る詩だったので読み返したいと思ってます。 宜しくお願い致します。

  • 漫画のタイトル&作者が知りたい!

    1980年代の頃に見た漫画で内容が『主人公(名前がたしか”まりちゃん”だったと・・・)が小さい頃にベランダからボールを持ったまま下に落ちたがボールがクッションになり無傷だった。大きくなり体形が太ったが体操部に入ってやせて・・・』とういう感じのストーリー(うろ覚え)でした。タイトルも作者も覚えてなく困ってます!ぜひ知っている方がいらっしゃいましたら情報宜しくお願い致します。

  • 国語の教科書に載っていた詩の作者とタイトル

    30年位前の国語の教科書に載っていた詩の作者とタイトルをご存じ無いですか? 無人の駅舎に電車(もしかすると汽車だったかも)が止まります。プラットホームにはコスモス?の花が揺れていて、のどかな昼下がりの状況です。 ドアが開いても降りる客はいないし、又乗り込む乗客もいません。電車のドアがしまって発車しました。といった内容なのです。教科書の見開き1ページ位の短い詩なのですが、”誰も降りない、誰も乗らない”というフレーズが妙に印象に残っています。よろしくお願いします。

  • 小説タイトル・作者が知りたいです!

    5・6年前に国語の教科書で読んだ小説のタイトル・作者を知りたいのですが、 手がかりが少ないので知っている方がいらしたらおしえていただきたいです。 教科書は静岡県のものでした。 確か5・6年前の中学3年か高校1年の教科書です。 内容 「僕」がカメラマンの助手のバイトにいく話。 昼食時になってもカメラマンの老人はご飯を食べずに撮影をしている。 「ご飯を食べないんですか」 のようなことを僕が聞くと 「人間少し空腹の方が、いい仕事ができるんだ」 というような返答が返ってくる。 撮影後、記念に「僕」をとってくれることになった。 会話をしながら、カメラマンは何枚も写真をとっている。 最初は緊張していたが、次第に自然体になる「僕」がいた。 後日、カメラマンがなくなったことをきく。 「僕」は自分への写真を受け取る。 写真は封筒にはいっていたが、なぜか見てはいけない気がして そのまま焼いて処分した。 だいたいこのような内容だったと思います。 カメラマンの「人間空腹の方がよい仕事ができるんだ」のくだりは、 印象深く、なんとなくですが、ずっと記憶に残っています。 また、全体としてのテーマは「生き方について」だったはずです。 すこしでも心当たりのある方はお願いします。

  • 中学校・国語の教科書・「仮面」の作者

    今から7~10年前、中学の国語の教科書に載っていた「仮面」というお話が印象に残っています。 でも、どうしても作者の名前が思い出せないんです。 もしかしたらタイトルも違っているかもしれませんが、仮面が重要なモチーフとなっていて、教科書の隅っこに点描で仮面の挿絵が描かれていたような記憶があります。 ストーリーもうろ覚えなのですが、主人公は少年で、川の付近で仮面を拾うシーンと、少女が登場するシーンがあったと思います。道徳の教科書に出てきそうな教訓めいたお話ではなくて、少し不気味な読後感だったことを覚えています。 手がかりが少なくて申し訳ありませんが、このお話の作者をご存知の方がいらっしゃいましたら、是非教えて下さい。宜しくお願い致します。 ちなみに、私は愛知県内の中学校に通っていました。

  • 詩集のタイトルと作者名

    ある詩集のタイトルと作者名を探しています。 おそらく新聞かネットニュースで1週間以内に見たかと思います。 内容は最近のいじめ自殺について希望をみいだせるような詩集です。 作者は男性です。 その本を好きだった少女がある日、何かが原因で自殺してしまい、 遺族が気持ちの整理にその作者に会いにいきました。 その作者は自分の息子から、「お父さんの本読んでも 死んじゃったんだね」みたいなことをいわれて、ショックを受け、 もう一度作り直そうと思って新しくだした詩集です。 始めは、子育てに悩む母親や人生に行き詰ったヒトを対象に作られた ものだったと思います。 おぼろげな記憶では、ここまでが限界です。 どなたかタイトルと作者を教えてくださいませんか。

  • 闘牛の詩のタイトルと作者の名前

    以前も投稿したのですが、回答が集まらなかったので再投稿させてください。 もう30年以上前のことなのですが、当時小学生だった私が国語の教科書で読んだ詩で、気に入っていたのですがタイトルと作者が分かりません。 内容は、これから死に向かうであろう闘牛の心情を歌ったものです。 これだけ書くと悲壮感が漂ってるようですが、何か凛とした空気と静けさがあって好きでした。 冒頭は、こんな感じで始まったと思います。 「どこから来て、そしてどこへ行くのだろう。この、円い世界。」 できればもう一度読みたいので、どなたかお心当たりがございましたら情報をお寄せ下さい。  よろしくお願いします。_(_^_)_

  • 国語の教科書で読んだ感動的な話のタイトルと作者を教えてください

    小学校時代の国語の教科書で読んだお話です。 貧しい女の子とお母さんの話なんですがやっと買ってもらった長靴を女の子がなくしてしまい、おかあさんはそれを責めることなくまた買ってあげると女の子に約束していました。あしたはあしたの風が吹くと言って。とても感動的なお話で心に残っています。 あの頃の私と同じ位になった娘ともう一度読みたいです。どなたかタイトルと作者を教えて下さい。