回答 受付中

JR西尼崎脱線事故現場にアーケード式慰霊塔完成の件

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9537273
  • 閲覧数52
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数3

お礼率 98% (631/638)

先ほど 地元のニュースで,13年前の,JR西日本の福知山線快速電車の,尼崎市内での脱線&マンションへの衝突事故の跡地に,きれいなアーケードなどの付いた,慰霊塔などが出来たということなどを知りましたが,本当に,かつての脱線事故当時の,事故の面影なども,無くなってきたのだなぁと多いました..いつも,この事故のニュースの際などに,思うのですが,もし,あの脱線事故を起こし,マンションに激突した,当時のJR西日本の電車の車両が,アルミのような薄い車体などではなく,新快速電車のような,硬いしっかりした造りなどの,頑丈そうな車両や車体などだったら,あんなに,電車の車体が,ぐしゃぐしゃに潰れ,スクラップのような状態になり,多数の乗客の死者などの犠牲者が,出ただろうか‥などと思います..旧日本軍の零戦などの戦闘機なども,太平洋戦争当時,アメリカのP戦闘機などに比べると,薄っぺらく,機体は,かなり脆弱だったとか‥‥‥しかし,今は,終戦後,何十年と経っており,人命軽視の乗り物などは,ちょっと意外なのですが‥‥‥‥‥ちなみに,関西の私鉄の,阪急電車や阪神電車などは,JR西日本の脱線事故を起こした快速電車よりは,車体は頑丈のように感じます..私見ですが,皆様のご意見等 承りたく存じます m(__)m

回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 14% (1478/9938)

今は新幹線でも頑丈さよりも軽量を重視する構造になっていて、海外にはそのまま輸出できないそうです。海外では「事故は起きる」ことを前提に造られていて、そのためには燃費などは犠牲になってもやむを得ないと考えられていますが、日本は「事故は起きない」ことを前提に造られているので、いったん起きてしまうと悲惨な結果を招くというわけです。日本では「起きるかもしれない」というような前提が許されない風潮があり、「起きるはずの無いことに何で対策を施すのか。よほど自信がないのではないか。そんなものは使わないでくれ」と言われかねません。
お礼コメント
kitsunetoneko

お礼率 98% (631/638)

ご回答下さり ありがとうございます m(__)m JR西日本の,福知山線快速電車の尼崎市内での脱線・衝突事故では,JR西日本側なども,まさか スピードを出し過ぎた快速電車の車体が,尼崎市内の線路沿いに建っている,大型マンションなどにぶつかって,破損・破壊するなどとは,思ってなかったのかもしれませんね‥‥‥‥事故現場近くの,福知山線の車両が通る辺りは,兵庫県内でも,いわゆる田舎の地域などであり,まさか鉄柵で覆われた,線路沿いのカーブや線路などから,猛スピードで,電車が脱線し,そのまま,線路沿いに建っている,大きなマンションの壁などに突進して,激突し,車体が潰れるなどとは,思ってなかったのかもしれませんね‥‥‥‥尼崎市内の事故現場の辺りは,けっこう いりくんだ住宅地や,商業地などで,実際,電車の運行も,ちょっとやりにくい部分なども,あったかと思うのですが,私鉄の阪急電車などに比べると,運賃が安いせいか,又,速度が速いせいか,JRの利用客は,けっこう多いようです..しかしながら,日米戦争時,資源が乏しく,アメリカからの屑鉄の輸入なども,ストップされていた時代の,旧日本軍の脆弱な,人命軽視の構造の戦闘機などの兵器に比べると,現代は,資源の輸入なども,あるわけで,JRの福知山線の快速電車の脱線事故の車両が,新快速電車の車両だったら,どうだったろうなぁと思う次第です..マンションの住民の方なども,事故後,どうされたのでしょうか..
投稿日時 - 2018-09-15 15:54:03
4つの行動でOK-チップをためよう
  • 回答No.2

ベストアンサー率 28% (3780/13388)

他カテゴリのカテゴリマスター
10年程前に、NHKでクローズアップ現代「基準が無い鉄道車両の強度」と言う番組を放送していたが、「JR福知山線脱線事故で、車体の強度が高ければより多くの人命が救われたのではないか」と言う検証には偏向的報道がなされました。レール上を走行する車両の強度を、側面や天井方向まで考慮する必要性はありません。確かに外郭の強度を高めれば多少の衝撃には有効ですが、重量増加は衝撃に対する慣性の減速力も増します。これは乗客の衝撃力に問題がでてきます。その他車両の重量は鉄道の消費電力に多きく関与し、コストの増大になります。
列車事故の問題点は危険な速度を制御できなかったのが問題なので、車両の強度は問題外なのです。
ちなみに、鉄道の先頭車両は踏切の対大型車両衝突にそなえて、強度が非常に高く作られて、福知山線の事故では原形を留めていました。しかし、運転士は死亡しました。
自由に走行できる車の対衝突における強度の基準も、一般法定速度上限の時速60キロです。高速道路の100キロでの衝突は考慮されていません。
それから、ゼロ戦等を引き合いにしても、問題の焦点が異なりますから、書かないほうが無難です。
お礼コメント
kitsunetoneko

お礼率 98% (631/638)

ご回答下さり ありがとうございます m(__)m 以前 NHKで そういう番組があったんですね‥‥‥確かに,かつての 旧日本軍の零戦などの戦闘機と,現在の電車の車体などを,比べるのは,安易かもしれませんが,JR西日本の車両の車体には,新快速電車のように,見るからに丈夫で強そうな車体と,走る時に,車体が,スピードにより左右に揺れるような,端から見ても,脱線したら,ものすごく怖そうな快速電車などの薄い車体が有り,私としては,コストの問題があるとは言え,福知山線の脱線・衝突事故の映像などを見て,新快速電車や,阪急電車の車体であれば,あれほど,大きなマンションにぶつかった後,車体が,ぐしゃぐしゃでぺしゃんこには,ならなかったのではないか,あれほど,瞬時に乗客の死人などが出なかったのではないかなどと思ってしまいます..
投稿日時 - 2018-09-14 21:23:59
  • 回答No.1

ベストアンサー率 33% (171/510)

日本人の悪いところは、今まで考えられない
事故が発生したときは、想定外の
事故で済ませることが多く
よそから指摘されていても
それより効率が優先されます。

福島原発・北海道停電など可能性がある
という指摘は前からありました。

万が一に備えて多くの費用をかけることを
必ずしも多くの人が望んでいないで
事故が起きたとき大変なことになります。

電車ですが、軽量化すればエネルギー費用
レール等の損傷が減り運賃を上げなくて済みます。

運賃が高い、他の会社はもっと安い
こう言われれば、頑丈な電車を作るより
軽量化された電車を選ぶのは普通です。
お礼コメント
kitsunetoneko

お礼率 98% (631/638)

ご回答下さり ありがとうございます m(__)m 確かに,JRの電車は,私鉄の阪急や阪神電車などより,運賃が安いのが,魅力ですし,運行速度も速いです..しかし,もし 福知山線の脱線・衝突事故の電車の車体などが,新快速電車の車体などであり,ATSですかなどの安全装置も,線路などに付いていたら,どうだったかなぁと思う次第です..
投稿日時 - 2018-09-15 16:10:53
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ