• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ドリフのコントは初期と末期には変化がある?

昭和時代に人気を得た ドリフターズ 初期の頃は元々バンドであったので音楽コントや クレージキャッツ等の笑いを受け継いだものも 多かったと思います。 荒井注氏が脱退し、志村けん氏が加入すると、 「より狂気じみた笑いを追求する」方向に変わっていったと思います。 そこで ご存知の方が居られたら質問させて戴きます。 (1)「8時だよ全員集合」(TBS)の コントを初期はいかりや長介氏が 末期は志村けん氏がネタを考えていたのでしょうか? (2)「ドリフ大爆笑」(CX)で 末期(昭和60年以降)は いかりや長介氏と仲本工事氏 加藤茶氏と志村けん氏に別れてのコントが中心であった。 いかりや 仲本のコントは初期のドリフのコントに近いものがあり、 加藤 志村のコントは志村の目指す笑いの形だった様に思います (私の解釈ですが) この頃(1991年 平成3年頃)とある雑誌で作詞家秋元康氏との対談で 志村氏は「いかりやさんとはもう3年間あっていない」といっていたと 思いますが、笑いの違いで確執が生まれたのでしょうか? このあたりを詳しくお知りの方が居られたらご回答お願い致します

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数622
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

1 詳細は知りませんが、おそらくこの時代なら台本はプロの放送作家が書いていたと思いますよ。今の音楽はシンガーソングライターが多いですが、昭和の頃は歌手は歌う専門で、曲は作曲家が、詞は作詞家が書いていましたよね。 昭和の頃のお笑いも、ベテランの場合は専門のネタを書く作家さんが作っていました。あのやすきよ漫才の多くはプロの作家さんによるものですよ。 何本あったか覚えてはいませんが、全員集合ではネタはローテーションをしていました。だからずーっと見ていると「前に見たことがあるネタだ」となります。もちろんそれはそれで面白いわけですが、昭和末期にフジテレビであの「俺たちひょうきん族」が始まりますと、以前に見たことがあるネタだとチャンネルを8に合わせるようになりまして、やがてみんなひょうきん族に移っていくことになったのです。 2 長さんと他のメンバーとの確執は、志村さんはよくあちこちで言っていますが要するに「儲けたお金をずいぶん自分の懐に入れた」ということだったそうです。 人気メンバーだった志村さんや加藤さんからすれば、自分たちがいくら頑張って働いてもリーダーという理由で長さんがお金を持っていくのは面白いことではないですよね。 長さんは長さんなりの言い分はあったと思います。荒井注さんがドリフを抜けた後、新メンバーの候補は志村さんの他にすわ親治さんとサザンオールスターズの桑田佳祐さんがあがっていました。このうち一番可能性が低かったのは実は志村さんだったそうですよ。加藤さんの推薦があったから志村さんに決まったんだっけかな(うろ覚え)?サザンの桑田さんも候補だったというのは有名ですが面白い話ですよね。すわ親治さんは後にザ・ニュースペーパーという社会風刺のコント集団に参加します。こっちのイメージが強いでしょうね。台本をきちんとこなす古風な正統派芸人ですね。 志村さんはいわゆるドリフターズの「バンドのボーヤ(おしゃれな言い方をするとローディ)」というやつで、当初はなかなか人気が出なくて苦労されたそうです。長さんからすれば「ボーヤだったお前を我慢して人気芸人に育ててやった」という思いはあったかなあとは思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございました。 1 詳細は知りませんが、おそらくこの時代なら台本はプロの放送作家が書いていたと思いますよ。今の音楽はシンガーソングライターが多いですが、昭和の頃は歌手は歌う専門で、曲は作曲家が、詞は作詞家が書いていましたよね。 昭和の頃のお笑いも、ベテランの場合は専門のネタを書く作家さんが作っていました。あのやすきよ漫才の多くはプロの作家さんによるものですよ。 何かで云っておりましたが、やすきよ以前のいとしこいしの時代は完全に台本主体、やすきよは台本はあるが、 それにアドリブを加える、完全に台本無しの時代が紳竜 ツービートと ドリフも作家の台本を軸に出演者 スタッフの会議で 決めていたと、唯作家の台本はそのまま通るのは無く 殆ど没になったと、見習の頃の高田文夫氏が話していた様な気がします。 何本あったか覚えてはいませんが、全員集合ではネタはローテーションをしていました。だからずーっと見ていると「前に見たことがあるネタだ」となります。もちろんそれはそれで面白いわけですが、昭和末期にフジテレビであの「俺たちひょうきん族」が始まりますと、以前に見たことがあるネタだとチャンネルを8に合わせるようになりまして、やがてみんなひょうきん族に移っていくことになったのです。 練った話からアドリブ主体の時代の到来かと思いますが、 仰られた様に、ドリフのコントも学校や家庭のコントも内容は同じでも、ゲストが違ったり、台詞回しも洗練されて 面白くなったと云うのは頷ける話です。 2 長さんと他のメンバーとの確執は、志村さんはよくあちこちで言っていますが要するに「儲けたお金をずいぶん自分の懐に入れた」ということだったそうです。 人気メンバーだった志村さんや加藤さんからすれば、自分たちがいくら頑張って働いてもリーダーという理由で長さんがお金を持っていくのは面白いことではないですよね。 長さんは長さんなりの言い分はあったと思います。 リーダーとしての責任はあるという事は云いたかったのだと思います。 荒井注さんがドリフを抜けた後、新メンバーの候補は志村さんの他にすわ親治さんとサザンオールスターズの桑田佳祐さんがあがっていました。このうち一番可能性が低かったのは実は志村さんだったそうですよ。加藤さんの推薦があったから志村さんに決まったんだっけかな(うろ覚え)?サザンの桑田さんも候補だったというのは有名ですが面白い話ですよね。すわ親治さんは後にザ・ニュースペーパーという社会風刺のコント集団に参加します。こっちのイメージが強いでしょうね。台本をきちんとこなす古風な正統派芸人ですね。 志村さんはいわゆるドリフターズの「バンドのボーヤ(おしゃれな言い方をするとローディ)」というやつで、当初はなかなか人気が出なくて苦労されたそうです。長さんからすれば「ボーヤだったお前を我慢して人気芸人に育ててやった」という思いはあったかなあとは思います。 不仲と言っても心のどこかでは絆はあったのだと思います。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

1 はその通りでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございました。

関連するQ&A

  • ザドリフターズについて

    私はグループとしての活動は最期(1980年代)しか知らず、 お笑い芸人としてのイメージが強いのですが、 ザドリフターズは当初、バンドでジャズ喫茶や渡辺プロ所属の歌手のバックで演奏されていたのでしょうか? 歌手のコンサートの前座や幕間でコントを行う様に成り面白いと云われ、番組を持たせてもらう様に成ったのでしょうか? 1 初期(荒井注氏在籍)の頃と後期(志村けん氏加入以降)の   笑いに変化があるのでしょうか?   初期の頃は音楽を使ったコントやチャップリン等の映画を  ベースにしたコントが主だったが、  後期は狂気じみた笑いに変わって行ったのでしょうか? 2 グループとしての活動が殆ど無く成った、1980年代後半に   唯一グループの活動として放送されていた特番「ドリフ大爆笑」  (CX)で、   OP ED映像が昔のまま使われていた(90年代に入ると現在メンバーのギャップがあるので、)殆どその映像を流さず、フジテレビのCGの画像などを流し対応していた。   一つの番組であるにも関わらず、いかりや長介氏と志村けん氏は  リハーサルも収録も別の日に行っており、共演が無かった。  ダウンタウンの番組に加藤茶氏がゲストで出た時に、  浜田雅功氏が「何故、OP昔のままなんですか?」と聞くと  「志村が集まるのが嫌だから」と答えて居た様な気がします?  3 芸はあり、人気はあるが、メンバーの中では一番年下で   元々弟子筋(ドリフの付き人で芸界入りした)だった志村氏が   その様な事を云うのは可笑しいとも思えるのですが、   「ドリフ大爆笑」の人気は志村けんによって支えられているの で、テレビ局や事務所がその様にされたのでしょうか?   メンバーの中で加藤茶氏は「大爆笑」や「ごきげんテレビ」  (TBS)でも共演し、自身がメインで企画構成も勤めていた   「だいじょうぶだあ」「バカ殿様」(CX)にもゲスト出演していたと思います。 2000年代に入り、紅白歌合戦に出場した頃から 仲本工事氏や高木ブー氏等とも共演していたと思います。  1980年代後半に志村けん氏は「ドリフ大爆笑」の降板を申し出たが、やはり芸のあり人気がある志村氏に抜けられては困るので、 加藤茶氏との共演のみで行う形で引き留められたのでしょうか? この辺りの事をご存知の方が居られましたらご回答お願いいたします。

  • 皆さんを、ザ・ドリフターズの5人に例えると・・・

    ザ・ドリフターズ いかりや長介 高木ブー 仲本工事 加藤茶 志村けん ご存知の面々ですが、私は「8時だよ、全員集合」の印象が強烈に残っています。 (あ、荒井注は今回はご遠慮願います) まずは、きっかけ作りで出てきて場を和ます高木ブー。 次に、ちょっと羽目をはずして次につなぐ仲本工事。 さらに、ひとつのずっこけの山を見せてくれる加藤茶。 最後に、強烈なボケをかまして笑いを誘う志村けん。 そして、このどうしようもない4人を束ねるいかりや長介。 前者の2人はどちらかといえば前座ですが、欠かせない役目です。 後者の2人はまず本命ですが、キャラクターは明確に違います。 リーダーのいかりや長介は、苦労し耐えながらも立派に4人をまとめます。 そこで、皆さんを、ザ・ドリフターズの5人に例えたら誰になりますか? 性格でも生き方でも容姿でも体格でも、現在の活躍ぶりでも・・・なんでも結構です。 もちろん、女性の方の回答も大歓迎です。

  • 志村けんと仲本工事のジョンレノン風志村コント

    失礼します   ★志村けんさんと 仲本工事さんのコントで、 志村さんが ジョンレノンの様な姿をされたコントを 探してます   ☆分かっている事を羅列します↓   ◎志村さんは青色の様な甚平の様な服と 珍しくジョンレノン風の眼鏡を されてたと思います。 史上最高にカッコいい眼鏡の 有名人だと思いました ◎志村さんは浪人生の様な設定で 本だらけの部屋で、 仲本工事さんと絡んでおりました。   ◎ストーリーやタイトルは 覚えておりませんが、 最後に部屋が凄いネオンの電灯で きらびやかになるオチなのは分かってます   ★テレビで色んな眼鏡をかけた、 有名人がカッコいいともてはやされておりますが、 この時の志村けんさんの髪型と眼鏡による、 ジョンレノン風志村けんさんは、 本当に最っっっ高にカッコいい眼鏡姿でした。   どうか、このコントの名前ですとか、 ユーチューブなどで、 検索する際の検索ワードなどの情報を どうか御教授、御願い致します。    

  • ザ・ドリフターズ出演の映画で探しているものがあります。

    ザ・ドリフターズが出演していた映画のタイトルを教えていただきたいと思います。 内容は映画の前半 いかりや長介・高木ブー・仲本工事・加藤茶・荒井注がオート三輪に乗って逃げ回る という映画です。 たしかオート三輪のナンバープレートが「へ・・・5」(へのご)だったと思います。 昔見て もう一度見たくなったのですが、タイトルを忘れてしまいました。 教えていただければ幸いです。

  • 中学生でおかしい?

    中学生でドリフターズが好きっておかしいですか? ちなみにドリフターズではドリフの早口言葉やヒゲダンが好きです。 それにコントも大好きでお気に入りは仲本工事と志村の妊婦コントとバカ殿や母ちゃんコント、葬式コントです。 ドリフターズの他に由紀さおりや小柳ルミ子も好きです。 なのでクラスの人と話が合いません。 ですが看護師さんやDr.とは話が会います。僕は四十代の方と話がよく合います。おかしいですか? それと志村がコロナってマジ? とにかくドリフターズが好きなんです!僕ってやはりおかしいですか?

  • 麒麟淡麗グリーンラベルのCM

    これにでている外国人さん達がドリフのキャラに合わせていて、名前もそれぞれつけているようです。 ブラウン=加藤茶さん ケント=志村けんさん アンカー=いかりや長介さん マット=仲本工事さん ジェイコブ=高木ブーさん ということなのですが、なぜに高木ブーさん役は「ジェイコブ」なのでしょうか? ブだけしか合ってない! 他の方のはヒネってあっておもしろいのに。 なにかしら謎が隠されているのでしょうか? 教えてください、お願いします。

    • ベストアンサー
    • CM
  • ドリフで志村けんが

    テレビ番組、ドリフ大爆笑のオープニングかエンディングで、ドリフターズのメンバーがチアガールに囲まれて歌いますよね。 このチアガールの一人と志村けんがぶつかるか何かして、志村が怒ってチアガールをどついて倒れさせる....こんなシーンが私の脳裏に残っています。 収録番組だから本当にそんなことがあったらカットするだろうし...ジョークでやってたのか、それともそのシーン自体が私の記憶違いか夢だったか(笑) というわけでそんなシーンを憶えてる方、是非真相を教えてください。

  • このコントに出演されているタレントのお名前は

    下記のyoutubeにアップされているコントの出演者を教えてください。 志村けんさん、加藤茶さんは解りますが女性のタレントさんのお名前を教えてください。 また、ストップウオッチを持っているタイムキーパーはタレントでしょうか、それともスタッフさんでしょうか。いきなり志村さんに叩かれているのでスタッフではないと思いますが。 http://www.youtube.com/watch?v=2YPMknIESSI&feature=related

  • ドリフの大爆笑、このコントの題名は…?

    「フジテレビ系列で、毎週火曜日放送の火曜スペシャル(当時の番組名、放送時間は、一部を除き、原則午後7時30分又は、午後7時から)で、 放送してた、「ドリフの大爆笑」シリーズ。 この番組のコントで、題名としては、思い出せないコントあるので、質問したい」と、思います。 問題のコントは… 「本放送で言えば、最低で、昭和60年(1985年)前後から後の年で、放送されてたと、記憶ある。 とある、ラーメン屋さん。 志村けんさんと、加藤茶さんが、店主夫婦としてか、社長的な人と、雇われ店長的な人として、2人の女性タレントさん扮する、店主夫婦の子供か、従業員と共に営業してるが、お客さんが、中々来ない。 それで、会議の様に話し合って、「お客さんに、来店して貰う様にする手段」を、 提案し合った。 その1つとして、「全員が、忍者の服装を着て、忍者の様な感じで、 来店した客に、接客する」体制を、誰が提案した。 その体制で、実験的に営業したら、案の定、高木ブーさん扮する、1人の男が来店して、注文した1杯のラーメン を食べたが、その後で、「煙を使った、忍法」で、逃げ帰った。 当然、志村さんと、加藤さん扮する、店主夫婦か、社長的な人と、雇われ店長的な人は、「食い逃げや…!?」と、2人の女性タレントさんが扮する、 子供か従業員と共に、唖然となってしまった。 この後で、志村さんと加藤さん、扮する人物は、2人の女性タレントさん扮する、子供か従業員に対して、「接客方法としては、良かったかも、知れないけれど、客が忍者なら、食い逃げされ易いのは、忘れてたなぁ…!?」等、後悔する内容の事を、会話した…」的な内容による、コントに、なります。 因みに、このコントは、「舞台は、同じラーメン屋さんだが、3作品程による、複数のパターンで、放送してた。 その別のパターンとして、「加藤さんは、歌舞伎好きのラーメン屋さんの店主で、ある日志村さん、扮する人物一家と思うが、近くの個人宅からあった、出前の注文で配達する時、歌舞伎の中の登場人物の姿で行って、注文のラーメンを渡す時も、歌舞伎のセリフで言いながら、中々渡そうとしなかった為、別の女優さんや、タレントさん扮する家族の前で、志村さんらしき人物による、注文した主人は、怒った」パターンも、見た記憶あるが…?」と、言う感じで、私は見た記憶が、あります。 そこで、質問したいのは… 「例えば、「昭和60年の10月前後」と言った、本放送されたと思われる年月日は、分かればで構わないが、ラーメン屋さんを、テーマにした、複数のパターンのコントの内。 問題のパターンのコント、題名としては何であって、志村さんと、加藤さんは、「店主夫婦か、社長的な人と、雇われ店長的な人」的な言い方で言えば、どう言う設定の人物役として、登場してたか? 又、「店主夫婦の子供か、従業員らしき人物」役で、登場してた、本放送時点では、有名な女性のタレントさん又は、歌手か女優さん2人は、それぞれ誰だったか?」

  • 志村けんがいかりやさんとの不仲説について答えた内容

    ドリフターズの志村けんさんは、昔からリーダーのいかりや長介さんのことが嫌いで仲が悪かった、と言われてきましたが、 本当のところについて、志村さんご本人が語った内容、について知りたいです。 確か今年5月くらいの雑誌?かなんかのインタビューで 志村さんが答えたらしいのですが、見逃してしまったので、もし読んだことのある方教えてください。 2000年に撮ったドリフ6人が集まった最後のCM(お正月を映そうのCM)のメイキング映像で、いかりやさんと加藤さん志村さんが 3人一緒にいる場面があって、 そこでは志村さんは笑いながらいかりやさんと喋ってたように みえたので、もう当時は仲悪くなかったのではと思うのですが・・・。 実際に志村さんご本人がどうその事を方っていたのかが気になりますのでよろしくお願いいたします。