締切済み

父親が死んで庭の畑に雑草が生えて目立ち始めました。

  • 困ってます
  • 質問No.9528350
  • 閲覧数144
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数8
  • コメント数0

お礼率 75% (6/8)

父親が死んで庭の畑に雑草が生えて目立ち始めました。雑草を無くすために動物を飼いたいのですが、雑草を食べる動物は何がいますか? ヤギは高くて諦めました。鶏とウサギは雑草を食べてくれますか?

回答 (全8件)

  • 回答No.8

ベストアンサー率 43% (3208/7430)

他カテゴリのカテゴリマスター
>鶏とウサギは雑草を食べてくれますか?

空き地の摘み草をトリとウサギの餌にしていたことがありますが、どんな草でもいいというわけではありません。毒草は選択的に避けてまず食べてくれません。
他の動物でも雑草全部を始末してくれ、というのは無理だと思います。
放牧地などでは餌が不足していると毒草でも食べてしまうことがあるそうですが、動物が体調をくずすとかわいそうです。

大変だとは思いますが、適切な除草剤を使うかまめに除草作業をするなどで対応できないでしょうか?
お礼コメント
offroadfanatic

お礼率 75% (6/8)

それがいいかもしれないですね
投稿日時 - 2018-08-20 01:04:44
感謝経済
  • 回答No.7

ベストアンサー率 26% (148/563)

安いヤギなら1万円からあります

一度、相談されたらよいかと思います
お礼コメント
offroadfanatic

お礼率 75% (6/8)

ありがとうございます。
投稿日時 - 2018-08-17 23:11:15
  • 回答No.6

ベストアンサー率 14% (482/3344)

他カテゴリのカテゴリマスター
鶏、臭いが、すごいし結構、凶暴。そして放してたらノラネコの餌食に。
食べてる間、ずっとついてて、せっせと、お世話をしないといけないけども。
お礼コメント
offroadfanatic

お礼率 75% (6/8)

結局動物に雑草を食べて貰うのは無理っぽいですね。
投稿日時 - 2018-08-17 23:10:53
  • 回答No.5

ベストアンサー率 51% (155/301)

他カテゴリのカテゴリマスター
僕の実家は兼業農家で余り 豊かではなかったので,高校までは,メス山羊(山羊乳の為) と鶏(鶏卵と鶏肉の為)を飼ってきました。子ヤギやひよこなら安いしすぐ大きくなる。山羊の糞は, 乾燥気味の黒豆のようでそのまま有機肥料になります。
雑草は10日間程でまた伸びて来ますので, 人手による草刈りでは追いつきませんよ。
僕なら山羊を飼って, 雑草を食べ尽くしてもらいます。トラクターや草刈機のように燃料やカラダへの負担も必要としないですし....
お礼コメント
offroadfanatic

お礼率 75% (6/8)

いろいろ見てるとヤギはジャンプして脱走しそうな雰囲気ですね。
投稿日時 - 2018-08-17 23:09:52
  • 回答No.4

ベストアンサー率 25% (560/2204)

他カテゴリのカテゴリマスター
食べる葉と食べない葉があると思うので鶏やウサギを飼ったから庭がスッキリするということにはならないですね。
また諦めたヤギだとかなりの広いお庭で無いと餌を用意しなければならないでしょうしまた動物全般糞の始末などは付き物ですがそのあたりは草取りや除草剤よりはマシという考えですか?
ウサギは結構死にますし、放し飼いではウサギにしろ鶏にしろ狙う動物もいますよね。
お礼コメント
offroadfanatic

お礼率 75% (6/8)

鶏は猫に狙われますかね
投稿日時 - 2018-08-17 23:06:32
  • 回答No.3

ベストアンサー率 46% (2178/4715)

> 鶏とウサギは雑草を食べてくれますか?

雑草を食べるかと心配していますが、その前に、生き物を外飼い(屋外で飼育)すると、外泊は出来ずに誰かが家に居ないといけません。

また、糞の始末はどうしますか?
家が密集の地域なら、夏は臭うかもしれないし、衛生面で近所から苦情が来るかもしれません。
雑草は、夏だけですが、雑草の生えない秋冬の餌はどうするのですか?

また、逃げないように、また、外部からの野生動物などの捕食(餌となる動物を捕らえて食うこと)など防御出来る囲いを作る必要があります。

鶏は、数羽なら集団で鳴いたり羽ばたいてうるさい時があるし、メスは、卵を産むごとに鳴き声を上げるし、オスの鳴き声の「コケコッコー」は場合によっては朝晩関係なく鳴いて、苦情が来る恐れが高くなります。

【鶏のオスの鳴き声】
英語で無くと、「クックドゥードゥルドゥー」
その他の国の鶏のオスの鳴き声
http://www.yamada-egg.com/blog/news/%E9%B6%8F%E3%81%AE%E9%B3%B4%E3%81%8D%E5%A3%B0%E3%81%AF%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%90%84%E5%9B%BD%E3%81%A7%E9%81%95%E3%81%86%EF%BC%9F/


ウサギは、地面に深く穴を掘って巣にしますから、囲いの基礎は土の中に「相当深く」して、巣穴が外部にまで掘られないように作らないといけません。
例えば、ブロックを少なくとも50センチ以上埋めるとか ← どのくらいの深さがいいかは、動物園等へ聴いてください。


ヤギは、偶蹄目(グウテイモク/ひづめが偶数/牛・鹿など同じ種類)で遠い親戚で、跳躍力があり、ガケなどに好んで行くし、角で頭突きしたり細い所へも上ったりするので、囲いは頭突きで壊れないように上られないようにと、高く頑丈に作る必要があり、鳴き声と「メ~メ~」とけっこううるさいですよ。
https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E5%81%B6%E8%B9%84%E7%9B%AE+%E3%83%A4%E3%82%AE&spell=1&sa=X&ved=0ahUKEwjF5v7EyvPcAhWVMN4KHWuQBN4QBQg6KAA&biw=1036&bih=639&dpr=2

------------------------

夏のシーズン中の草取りは、少なくとも「年3回」は必要です。
「3回」の草取りの時期は、6月の生えはじめの雑草の小さいうちに、8月の雑草の伸び盛り時期に、10月の雑草の生長が終わり・冬支度・霜枯れの時期に。
だいたい、偶数月を目安に草取りです。

私の経験から、2か月の草取りの間隔で、年3回くらいの回数を外すと、雑草が大きく・太く・高く・大量となって、見るだけで草取りがいやになります。

もし、しゃがんでの草取りがいやならば、下記のような1万円前後の「草刈機」をお勧めします。
電池式のコードレスタイプは、私の経験から使用時間は電池1個で10分くらいです。充電しても3~4年くらいしか持ちませんが、家の周囲くらいなら手軽でいいです。(私は、予備電池を2~3個用意して、交代して充電)

下記サイトの機器を参考に、住んでいる近くのホームセンター等へも、見に行ってください。
https://www.google.co.jp/search?biw=1036&bih=639&tbm=shop&ei=nnV2W_eDJomk8QXN6pOwDg&q=%E5%AE%B6%E5%BA%AD%E7%94%A8%E9%9B%BB%E5%8B%95%E8%8D%89%E5%88%88%E6%A9%9F&oq=%E5%AE%B6%E5%BA%AD%E7%94%A8%E9%9B%BB%E5%8B%95%E8%8D%89%E5%88%88%E6%A9%9F&gs_l=psy-
お礼コメント
offroadfanatic

お礼率 75% (6/8)

詳しい回答ありがとうごさまいます。現実的に考えると鶏でしょうか。
投稿日時 - 2018-08-17 23:05:36
  • 回答No.2

ベストアンサー率 24% (645/2609)

他カテゴリのカテゴリマスター
動物の世話より断然草刈りのほうが楽だと思います
除草剤という手もあります
舗装してしまうのもいいです

鶏とウサギは雑草を食べてくれますが、逃げないように檻を作らなくてはなりません
それはヤギより高くなるかも知れません
補足コメント
offroadfanatic

お礼率 75% (6/8)

放し飼いでも大丈夫な庭なので囲いのお金はかかってきません。
投稿日時 - 2018-08-17 16:32:46
  • 回答No.1

ベストアンサー率 22% (12/54)

ヤギはレンタルもありますが、それでも高いのでしょうか?
補足コメント
offroadfanatic

お礼率 75% (6/8)

レンタルするなら飼いたいですね
投稿日時 - 2018-08-17 16:33:15
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
飼い主同士、同じ悩みを共有!うちの子はこうだった!経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ