解決済み

やや高度な論理的思考が、素では上手くできない。

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9526508
  • 閲覧数112
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 42% (52/121)

京大(理系)を受験した時に気付いたことです。
僕は素の状態で数学の問題を解くと、問題文の情報が頭の中に混沌に散らばってしまいます。紙に書いて整理しても、それらの情報を頭の中でこねくり回そうとすると整然とした論理的思考ができず、解答方針を構築できません。
しかし、自己暗示により、問題に対して一定の距離を置き、俯瞰的思考に特化しようとすると、途端に上手く情報処理ができるようになります。
この経験以来、やや高度な論理的思考を要するタイミングでは、自己暗示をしています。

ただ、自己暗示をしている状態は若干ストレスなので、できれば素でやや高度な論理的思考ができるようになりたいです。
これって訓練で可能なのでしょうか(経験上可能には思えませんでした…)。
それとも皆さんは難しい数学の問題を解くときなどは何らかのことを意識して方針を構築しているのでしょうか。

ご回答よろしくお願い致します。

【補足】
ちなみに、似非脳科学かもしれませんが、自己暗示をしない時は、下記のサイトの内容に近い状態になります(文章がスピリチュアル過ぎてあれですが…)。
https://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201709_post_14582.html
なんとなく経験上、右脳優位なのかな?と思います。幼少期に七田式教育を受けたので、それで右脳は開発されたけど、左脳は上手く成長しなかった、とかかもしれません。
(すみません、これはあくまで自分の感覚を伝えるための補足であり、考察そのものは妥当性が全くないことは承知の上です。脳科学を学んだことは全くないです。)

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ベストアンサー率 27% (113/408)

要するに「俯瞰能力」ですよね?
…可能かもしれませんよ。

暗示で出来るということは、脳内に分野が形成されてることになります。

素の状態というのは、天体観測のように望遠鏡で覗くと目的の天体を捉えられないイメージでしょうか。

暗示だとPCの地図アプリのように、拡大も縮小も自在で目的地を周辺状況まで把握できるイメージでしょうか。

当初は暗示に頼るのも仕方ないかと思いますが、
素の状態で要点の位置だけでも把握できたら、そこに暗示で得た情報を投下できるのではないでしょうか。

暗示で最初の要点だけを把握してから一旦素に戻り、素の状態で最初の要点の位置だけを把握して、
再び暗示で次の要点を把握してから素に戻り、最初の要点と次の要点との位置関係を把握する。

そのようにして素の状態でも把握できた要点ごとに次々と脳内に記憶された情報を投下する手法を用いれば、素の状態での俯瞰も可能ではないかと思うのですが…。

勿論、簡単な事ではないだろうと思います。
ストレスも一時的に二乗倍となるかもしれません。

素の状態では小さな写真を1枚1枚並べて大きな画像に仕上げるような苦労が伴うかもしれません。

でも人間の脳には、繰り返しの訓練で最も効率の良い連携回路を構成する能力が有ります。
俯瞰能力分野は既に有ると思うので、素の状態でも俯瞰能力を引き出す回路さえ構築できれば…
…そう考えたら、訓練次第では可能ではないかと思う次第です。

如何でしょうか、理解できたでしょうか?
京大受験できるだけの頭脳が有るなら、論理的な訓練の繰り返しによる経験の積み重ねという重労働にも、脳細胞は呼応できるのではないでしょうか?
お礼コメント
okbigwaver

お礼率 42% (52/121)

とても具体的かつ自分の感覚に沿うものでびっくりしました。
確かに要するに俯瞰能力ですね。
暗示でできるのであれば、脳に分野が既に形成されていると考えられる、というのは面白いですね。
仰る方法は暗示-素のスイッチングを自動化する回路を訓練により脳に形成するといった感じでしょうか。
俯瞰(暗示)と、目の前に集中する(素)ことは一種のトレードオフで、同時両立は難しいかもしれませんが、スイッチングをもっと楽に行えたら、感覚的には「素の状態で俯瞰もラクラク行える」というようになるかも、と思いました。
というわけで訓練してみようと思います。
ご回答ありがとうございました!
投稿日時 - 2018-08-11 07:06:40
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 12% (520/4092)

外れているかもしれないが記号の使い方と関係ないかと思います。自己暗示というのは無意識のうちにでも適当な記号(体系)を構築しているのではないかということです。
お礼コメント
okbigwaver

お礼率 42% (52/121)

確かに、自己暗示とはいっても、例えばテニスのときに「ボールをよく見る」という意識のちょっと強い版なので、これによって(抽象的すぎてうまく捕捉できないような)記号を構築しているかもしれません。
ご回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2018-08-11 07:08:58
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
このQ&Aのテーマ

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ