解決済み

年金暮らしの両親25万自分6.5万で生活中です!

  • 困ってます
  • 質問No.9526482
  • 閲覧数108
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 77% (810/1050)

両親は年金生活に入り月25万ぐらいで生活しているようです。
生活費はこの25万円から出してもらっていて。

家には1万万円入れて

自分はその他に自分に掛かる年金追納分15700円と自立支援医療5000円
家入金分1万円

ベースとして一線も遊びや趣味に使わなくても

3万かかり、歯医者やインフルエンザなどにかかれば4万以上トータルで掛かります。

この状況でもお金をためる。減らさないようにするには

枠組みを苦決めて例えば6万5000円の現在の収入のうち1万円はないものと考えてい
5万5000円を上限としてどんなことがあってもこれ以上つかわないようにしています。

もう少し進めて
良い方法があればブラッシュアップさせていきたいのですが

いい工夫方法はないでしょうか?

買いたいもの食べたいものがあってもお金がなくなったら買えない
という当たり前の理屈で押し通すこのやり方は割合有効なのですが、

どうしても買わなければならないものが出てくるととん挫してしまいます。

ここは愚直にお金を使わないリミットをこえたらを厳守していき
お金のマネジメント能力を高めていくべきだと思いました。

どのようにすればいいでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 31% (3728/11707)

こんにちは。

楽なアルバイトも出来ないのですか?

私達夫婦も定年退職して夫婦合わせた年金受給額は月額に換算すると33万円ほどしか貰えないですから、この少ない中から小遣いは貰えないので、夫の私は週3日の出勤で1日6時間労働のアルバイト(印刷工場でフォークリフト運転の時給1200円)で月額10万円ほどの給料を稼いで小遣いにしてますが、60代の男性でも週に3日の楽なアルバイトですから少しでも稼ぐことを考えれば何も悩むことはないと思います。
お礼コメント
tasukete2018

お礼率 77% (810/1050)

回答ありがとうございます。
鬱の持病があり、前職を離職して現在、就労移行支援という
障害者の再就職支援施設に通所していて税金で利用料が賄われている為

アルバイト等の労働契約を結び働くと規約違反で除籍になってしまう為

再就職するまでは働くことは出来ません。
投稿日時 - 2018-08-11 13:48:40
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 37% (195/519)

年金追納分15700円というのが、もったいない気がするのですが…。全額免除の対象なのに敢えて納めてるということですよね?
お礼コメント
tasukete2018

お礼率 77% (810/1050)

回答ありがとうございます。

そうです追納期限の10年になりそうなものを1ヶ月ずつ追納しています。

65歳時点で障害基礎年金を受給できないと老齢基礎年金が
全額免除分の為半分か4分の3?納付扱いなってしまい
減額されてしまうからです?確か半分納付扱いになった気がしますが、
それでも月5万ぐらいになる計算なので。。。
投稿日時 - 2018-08-11 13:44:51
  • 回答No.3

ベストアンサー率 30% (558/1818)

臭いのとかを我慢して
お風呂や洗濯の回数を減らせば、水道代とかは節約出来ます。
青汁を毎朝飲んで、飲み物は
水だしの麦茶を、水で、薄めて飲めば3日位は持ちます。
炊飯器で、ご飯が炊けたら、レトルトカレーや冷凍食品を
温めて食べると、電気代や光熱費の節約が出来ます。
節約してばかりでは、気が滅入るし、つまらないので
少しは、贅沢も必要です。お肉とか好きなものとかも食べて下さい。
お礼コメント
tasukete2018

お礼率 77% (810/1050)

回答ありがとうございます。
参考にさせて頂きます。
投稿日時 - 2018-08-11 13:45:27
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ